テレビドラマ ウォーキング・デッド

「生かされる命」ウォーキングデッド シーズン6第7話のあらすじ

投稿日:2015年12月4日 更新日:

ウォーキングデッド シーズン6

 アメリカのドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン6のあらすじ(ネタバレ)です。
 ★過去の全エピソードのリンクは→海外ドラマあらすじ一覧をご覧ください。

 動画配信サービス「dTV」のFOXチャンネル配信で「ウォーキング・デッド」シーズン6の7話を視聴しました。dTV(旧dビデオ)では現在、スカパーやケーブルテレビで視聴可能なFOXチャンネル・ジャパンで放送中の「ウォーキング・デッド」シーズン6を、放送と同時にリアルタイム配信。さらに放送日の4日後より、5週間の期間限定で見逃し配信する予定です。



シ-ズン6第7話”Heads Up(こっちを見て)”
邦題:「生かされる命」あらすじ

 ニコラスとグレンが、ゴミ箱からウォーカーの群れに転落した路地で、グレンは、ウォーカーが内臓を引き出しているニコラスの遺体の下敷きになって身動きできない。やがてグレンは、安全なゴミ箱の下の方へと小刻みに移動する。手を伸ばしてきたウォーカーを刺し、その遺体でグレンは自分自身を囲う。

 グレンが、ウォーカーの群れが移動するのを待つ間に日が暮れ、夜が明ける。ついには、翌朝ゴミ箱の下から這い出したグレンが、水を探す。「こっちよ」と声がして、次の瞬間、水のボトルが地面に落ちる。イーニッドだった。イーニッドはアレクサンドリアが攻撃されたとグレンに話すが、グレンがさらに質問しようとすると逃げ出す。

 アレクサンドリアでは、リックがモーガンに、あとで話があるという。リックは壁を調べて、血が外側から内部へとしたたっているのに気づく。

 リックは、監視台で、グレンのことを心配して、合図が上がるのを待っているマギーに声をかける。グレンと、その他の人々が問題なく帰ってこれるように、ウォーカーをアレクサンドリアから散らすと約束するリック


Sponsored Link

 その頃グレンは、アレクサンドリアの住民であるデイビッドがフェンスわきで亡くなって転化しているのを発見し、頭にとどめを刺す。そのそばに落ちてる、デイビッドが妻に書いた別れのメモを見つけるグレン。アレクサンドリアに向かおうとするグレンだが、土壇場になって考えなおし、イーニッドを探しに行く。

 アレクサンドリアでは、ゲイブリエルが祈りの集会を知らせるビラを貼っている。ゲイブリエルの横を通り過ぎるリックは、そのビラをはぎ取るが、ゲイブリエルは辛抱強くまた新しいビラを貼る。

 リックとカールはロンに、銃の使い方を教える。リックは、撃つためにタイミングを待つことの重要性を強調する。リックはロンに、弾の入っていない銃を与えるが、実際に彼に実弾で練習することは禁止する。

 リックは、診療所の前にいるモーガンに声をかける。リックミショーン、キャロルは、攻撃された時モーガンがW男を殺さなかったことを問題にする。モーガンは「全ての命は尊い」と主張し、悪い者たちも変われると言う。「本当に血で自分の手を汚さずに生きられると思うのか?」とリックは意義を唱える。
 「わからない」とモーガンは言う。

 ポーチで、リックミショーンはウォーカーをアレクサンドリアから遠ざける方法について話し合う。ミショーンはアレクサンドリアの住民にも協力させるよう言うが、リックは彼らを信用していない。そこへディアナがやって来て、興奮気味にコミュニティの拡大計画を語る。

 ロジータは一部のアレクサンドリアの住人に、鉈(ナタ)のレッスンをする。ユージンも参加しているが、武器を見てひるんで、死が怖いと語る。ロジータはぶっきらぼうに、死は単純だと言い、仲間が死ぬ事のほうが辛い、なぜなら彼らを助けられなかったと後悔するからだと言う。

 その頃、グレンはレストランに隠れていたイーニッドを見つけ、アレクサンドリアに帰るよう命じる。イーニッドはグレンに銃を向けるが、グレンが銃をもぎ取ると、いやいやながらもグレンに応じる。

 アレクサンドリアでは、リックが壁の新しい支柱を作るために、木をのこぎりで切っている。トビンがやって来て手を貸す。リックはトビンに、補強したから壁も大丈夫だと言う。トビンは、住民が変化を拒んだが、リックの言うことが実は正しかったと認める。「我々を見捨てないでくれ」と言うトビン。

 グレンとイーニッドは、リックのウォーカー移動作戦用の緑の風船が放置されているのを見つける。イーニッドは、ウォーカーの気をそらすのに風船が使えると言う。グレンはイーニッドに、より多くの風船とヘリウムガスのタンクが隠してある場所を教える。イーニッドが風船をふくらませている時、グレンは彼女が苦痛から逃れるために軽率な振る舞いをすることに対して、お説教する。

 アレクサンドリアの食料庫では、ロンが弾丸を武器庫から盗み出すため、倉庫番のオリビアの気を散らそうと食料を散乱させる。

 グレンとイーニッドはついにアレクサンドリアに着いて、街がウォーカーに取り囲まれている事を知る。イーニッドの気分は沈むが、グレンはなんとかなると言う。

 一方、スペンサーは監視塔へフック付きのロープを引っ掛け、壁の向こうへ渡ろうとして危険に身を晒す。リックはスペンサーに戻って来いと叫ぶが、ロープがゆるんでスペンサーはウォーカーの群れへと落下する。リックとモーガンがスペンサーを壁の上まで引き上げる間に、タラは壁にぶら下がってウォーカーを銃で撃つ。

 リックは、アレクサンドリアの住民を救うために危険を犯したタラを責め、さらに怒りをスペンサーに向ける。スペンサーは、車を見つけてウォーカーを壁から遠ざけるつもりだったと説明する。リックはスペンサーに、どんな戦略であれ実行する前には自分のところへ来るよう命じる。

 診療所では、デニースが抗生物質を欲しがるモーガンに疑問を抱く。追求されて、モーガンは薬が自分のためのものではないと認める。

 キャロルは、独房になっている家へと、モーガンがデニースを伴って行く様子を目撃する。キャロルはジュディスを預けるためにジェシーの家に向かい、サムが二階から彼女に呼びかけるのを聞く。そして、彼らを攻撃した人々が怪物であったかどうかサムが尋ねる。「人を殺したら、怪物になるの?」と聞くサム。キャロルは、怪物にならないために殺すのだと答える。

 キャロルは独房のある家のドアの鍵を開けるが、モーガンに止められる。独房に誰がいるのかとモーガンに尋ねるキャロル。

 その頃ロンは、銃を手にしながら静かに通りを歩くカールを追っている。

 リックとトビンは壁の補強をし、タラを見つけたリックは、怒鳴ったことを詫びる。ディアナはリックに、スペンサーを助けてくれた礼を言うが、リックは難色を示す。なぜ助けたのかと問うディアナに、「それはあなたの息子だからだ」と答えるリック。「そうじゃないわね」と言うディアナ。

 そして、住民たちは皆、緑の風船が空に浮上するのを目撃する。「あれはグレンよ」とマギーが希望に胸をふくらませて叫ぶ。がしかし、突然監視塔が倒壊し、壁に衝突して・・・

感想

 やっぱりグレンは生きていた!

 そして、ラスト直前のマギーの喜ぶ顔を見てホッとした瞬間に、悲劇が・・・。
 私は何度も監視塔が軋むシーンを見ながらも、このラストを予想できなかったので、あっと驚くラストという感じでした。

 でも、よく考えたら、最初から何度も監視塔が軋んだり、少し崩れたり、傾いたりしていたので、賢明な視聴者ならラストを予測できたでしょうね。

 でも、まあ、刑務所の時もフェンスが倒壊してウォーカーが・・・てことがあったものね。
 とりあえず逃げこむ家はあるけど、どうなんでしょうね。
 グレンの場合は、ゴミ箱の下に朝まで隠れていたらウォーカーの群れは何処かへ行ってしまったようだけど、アレクサンドリアの住民も家にこもってじっとしていたら、ウォーカーは街を通過して何処かへ行ってしまう・・・てことはないのかしら。

 気になった方、視聴は動画配信サービス「dTV」で!

 なおdtvでは12月7日から毎週月曜22:00-23:00に「ウォーキング・デッド」を語るトークショー「トーキングデッド」がFOXジャパンのリアルタイム配信で放送予定です。4日後の12月11日から「トーキングデッド」の見逃し配信も決定しています。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

-テレビドラマ, ウォーキング・デッド
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。