【世界ふしぎ発見】ジュースクレンズやコンブチャで腸内環境改善!




「ジュース&クレンズ」と「コンブチャ」

 2016年1月9日TBS系で放送のクイズ番組「世界ふしぎ発見」で紹介の「知られざる腸内細菌パワー」に関する情報です。



Sponsored Link

ヨーグルトと乾物のレシピ

切り干し大根のヨーグルト戻しあさイチ公式サイトより

【材料・作りやすい分量】
・切干大根・・・30グラム
・プレーンヨーグルト・・・90グラム

【作り方】

1.プラスチック容器に戻していない切り干し大根を入れ、ヨーグルトをまんべんなく混ぜ合わせる
2.ふたをして冷蔵庫で8時間ほど置けば完成

※1週間ほどの保存が可能(ただし、ヨーグルトの消費期限を過ぎないこと)

番組ではさらに、この切り干し大根に納豆やしょうゆを入れていました。

 料理ユニット「ドライアンドピース(DRYandPEACE)」さんの、ヨーグルトと乾物のレシピはこちらの書籍に詳しく掲載されています。


ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ (主婦の友生活シリーズ)

お米で作ったヨーグルト「マイグルト」

ヨーグルトの代わりになる発酵食品として紹介されたのは、千葉県の造り酒屋「寺田本家」のマイグルトでした。

 牛乳成分を含んでいないので、乳製品アレルギーの人でも飲めるメリットがあります。

アメリカで人気のプログラム

 まず「アメリカで人気の大腸をきれいにするというプログラム」として「ジュース&クレンズ」が紹介されます。

 ジュース&クレンズとは別名「ジュースクレンズ」「コールドプレスジュース」「ジュースダイエット」と言われているもので、アメリカのセレブの間で人気の「数日間食事の代わりにジュースを飲む」という健康法です。


イルドゥリお試しジュースセット

 「ジュースクレンズ」は単なるダイエットと誤解されがちですが、実際には固形物や消化に負荷のかかる食品の摂取を数日間だけやめて、ジュースのみにすることで消化器官を休め、デトックスするという健康法です。

 断食やファスティングに近いものがあり、実行すると様々な健康効果が期待できるそうです。

 ジュースで断食と聞いて、アラフォー世代の方はピンときた方も多いのではないでしょうか。
 およそ20年くらい前にも「2日間ジュースだけを飲んで痩せる」というダイエットと、それ専用のジュースが流行りました。

 なんとまだしっかり、「ハリウッド48時間ミラクルダイエット」としてそのジュースも販売されています。私も当時チャレンジした記憶があります。たしか、ブームのころは、ジュース一本がものすごく高額(8千円くらい?)だった記憶が・・・。

 あの頃の言われていたのは「ただのジュースではない。あらゆるミネラルやビタミンが入っているので、2日間これだけ飲んでも体力が持つ」みたいなことでした。ワタシ的には「ジュースクレンズ」はこのハリウッドダイエットの焼き直しみたいなもので、「ジュースはコールドプレスジュースでなくてはダメだ」とか、「熱や水分を一切加えない」とか、ハリウッドダイエットよりちょっと敷居が高いような気もしますが、やっていることは同じかなとも思います。

【6種類2パックずつ●お試し4,800円】ジュースクレンズ 12パック *1月6日からの発送

 アメリカで流行った健康法はすぐに日本でも商品化されますので、すでに数年前から「ジュースクレンズ」関連のジュースも、日本国内でも沢山売られています。

コールドプレス製法の「ジュースクレンズ」用ジュースの通販商品の一覧はこちら

KOMBUCHA(コンブチャ)


紅茶キノコ健康法

 もうひとつ「アメリカで注目の発酵食品「KOMBUCHA」」として紹介されるドリンクは、70年代の日本で大ブームとなった「紅茶キノコ」ですね。

 アメリカで今更「紅茶キノコ」が流行る理由は、KOMBUCHAの「KOM(コン)」とは韓国語で「菌」のことなので、在米の韓国人が流行らせたという説や、紅茶キノコのキノコ(本当はキノコではないのですが)を昆布と間違えたために「コンブチャ」というネーミングになったという説など、諸説あります。

 日本ではブームのあと「健康効果はデマ」「雑菌が繁殖して逆に不健康」などの理由から一気にすたれていきました。

 しかし、今アメリカで流行っている「コンブチャ」は、かつて日本で「紅茶キノコの効能」として流布されたミラクルな健康効果(喘息が治ったとか、アトピーが治ったとか)とは無関係であり、本来の「発酵飲料」としての効果が期待されているそうです。

 つまり、ミラクルな健康効果ではなく、納豆やヨーグルトのような発酵食品を食べて、腸内環境を良くする(善玉菌を増やす)のと同じような効果を「コンブチャ」に期待できるらしいのです。

 日本で紅茶キノコが流行った頃は、正直自家製で、手作りだったために、衛生状態や雑菌が心配されましたが、少なくとも現在「コンブチャ」として商品化され流通しているものに関しては、ちゃんとした衛生管理はもちろんのこと、発酵食品として効果もちゃんとあるようです。

「コンブチャ」の通販商品の一覧はこちら

関連情報

 こちらもおすすめ↓
★【ナイナイアンサー】虻川さんの楽やせダイエット食材とは?

★9/4【金スマ】便秘外来小林先生の腸活

★【あさイチ】9/28徳島の発酵茶「阿波晩茶」


辨野 義己 (監修) 体が勝手にやせる食べ方 (第2の脳「腸」が肥満を止めるレシピ145)

にほんブログ村 テレビブログへ