テレビ番組 テレビで紹介

【得する人損する人】川合俊一の「牛ホホ肉の濃厚赤ワイン煮込み」

2017/05/13




川合俊一が16年以上通い続ける店のメニュー

 2016年1月21日日本テレビ(よみうりテレビ)系で放送のバラエティ番組「あのニュースで得する人損する人」で紹介される「川合俊一が16年以上通い続ける店のメニュー」に関する情報です。

 


Sponsored Link

東京恵比寿にあるイタリアン

 今回サイゲン大介こと、お笑いコンビ「うしろシティ」の阿諏訪さんは、カンニング竹山さんとともに自身の“再現力”を試すためのロケを実施。

 食通としても知られている元バレーボール選手の川合俊一(かわいしゅんいち)さんが、16年以上通い続ける店のメニュー「牛ホホ肉の濃厚赤ワイン煮込み」を再現しました。

 川合さんが通い続けるお店として紹介されたのは東京恵比寿にあるイタリアンのお店「葡萄酒房 allee(ぶどうしゅぼう アリ―)」でした。

 お店の詳細→ぐるなび - allee(アレイ)(恵比寿/イタリアン(イタリア料理))

牛ホホ肉の濃厚赤ワイン煮込みのレシピ

 サイゲン大介さんのレシピの詳細はありませんでした。
 ただ「手間ひまかけて煮込んだ濃厚な味わい」を再現するポントとして、

 1.牛ほほ肉を赤ワインで漬け込み圧力鍋で40分煮込む(香味野菜もいっしょに漬け込んで、圧力鍋に入れていました)

 2.さらに圧力鍋から出してフライパンに移し、煮詰める

 3.別の鍋で赤ワインだけを煮詰めておき、それを「2」に加える(大さじ1~2くらい?)

 4.隠し味に少量のハチミツとバターを加える

 野菜やお肉の分量などは不明です。最後のハチミツとバターはほんの少量(小さじ1くらい)でした。

 その他の「牛ほほ肉のワイン煮込み」のレシピをいくつかリサーチしました。

 「牛ほほ肉(ぎゅうほほにく)」とは別名「ツラミ」「チークミート」とも呼ばれ、牛の頭部のこめかみと頬(ほほ)の部分をいいます。
 よく動かす部分なので歯ごたえがあり、適度な脂肪と味が濃いのが特徴です。
 一頭からわずかな量しかとれない希少部位だそうですが、「ホルモン」または「もつ」と呼ばれる内臓肉と同じカテゴリーに属するので、A5などの格付け制度はないそうです。

 「牛ほほ肉」と言えば「赤ワイン煮込み」と言われるほど、代表的な料理法だそうです。

 クルーゼで作る『牛ほほ肉の赤ワイン煮込み』レシピ

 牛ほほ肉の赤ワイン煮レシピ|エル・オンライン

 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み by スコープ [クックパッド]

 簡単に考えると「カレー」に似てるかな?基本は「牛ほほ肉」と野菜を炒めて、ワインで煮込むだけなので、そんなに難しくはなさそうだけど、美味しく作るにはやはりサイゲン大介さんのポイントが生きてくると思います。

 それより何より「牛ほほ肉」てどこに売っているの?ていう・・・・・(笑)。

 一昔まえなら、街のお肉屋さんに行けば買えたのだろうけど、今はスーパーでパック詰されたお肉を買うことが多いので、そんな食材どこで手に入るのかと思ってしまいました。

 私はお手軽な「レンジでチン」でいいや・・・・。

精肉「牛ほほ肉」の通販はこちら

こちらも読まれています

sansyou01 【得する人損する人】魚焼きグリルピザと有名店再現カレーのレシピ

sansyou01 【得する人損する人】サイゲン大介うしろシティ阿諏訪さんの牛丼レシピ

sansyou01 「 得する人損する人 」に関する情報一覧

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介
-