その他

京都くろちくの和柄ガーゼマスクを買いました

2017/05/11




京都のガーゼマスク

 2015年の6月に放送されたNHKの朝の情報番組「あさイチ」で紹介された、京都の和柄ガーゼマスク(記事はこちらあさイチ「リセット旅・京都」で濱田マリさん購入の和柄ガーゼマスク )が気になっていました。

 空気も乾燥してきたこの季節、家族の風邪などもあって、ようやく通販で同じ商品を購入しました。



Sponsored Link

京都くろちくの和柄ガーゼマスク

 購入したのは京都の「くろちく」という和雑貨屋さんのガーゼマスクです。

京都 くろちく 和柄 ガーゼマスク

 ガーゼマスクは2種類あって、立体裁断タイプとプリーツタイプです。

 ↑の画像で言うと、立体裁断の方がピンクのバラの柄。プリーツが水色の猫柄です。

 違いとしてはプリーツの方が少し大きめです。文字通りプリーツが入っているので、広げると布面積が大きくて鼻の上からアゴの下まで、広範囲を覆うことができます。

 一方、立体裁断の方はコンパクトで、顔のカーブに沿うように立体的な形状になっているので、プリーツよりフィット感はあります。

 ただし・・・これは個人的なことなんですが、私は顔面が大きいんですね(笑)。

 どれくらい顔が大きいかというと、市販されている一般的な使い捨てマスクの、女性用では小さくて、耳の部分が痛くなるくらいです。
 なのでいつも、使い捨てマスクを買うときは、男性用を買っています(泣)。

 今回も「サイズ、大丈夫かな?」と思ったけど、案の定、立体裁断の方は小さすぎてゴムの耳にあたる部分が寸足らずでした。

 もちろん、平均的な顔のサイズの女性なら問題ないと思いますが、若干顔が・・・という私と同じタイプの方は、プリーツタイプをおすすめします。

 それを見越して、立体裁断とプリーツと、1つずつ買ってみたのですが、今となってはプリーツの方しか使っていません。

 通販サイトの画像だと、立体裁断の方も充分な大きさに見えるのですが、おそらくモデルの女性がかなり小顔の方なのだと思います。

 わたしでは↑こんな感じにはなりませんでした。

 大きめのプリーツタイプはこちら。

 外出の時はまだちょっと勇気がなくて着用をためらっています。
 もっぱら寝る時用として愛用中。

 だけどこれだけ柄が可愛いので、もう何枚か買い足して、外出時にも使いたいと思います。

 息苦しさもなくて、洗濯して何度も使えるので経済的なうえ、かわいい柄も沢山あっておすすめです。

その他の楽天人気ガーゼマスク一覧はこちら

 

にほんブログ村 テレビブログへ



-その他
-