【あさイチ】チョコレートで便通改善!?




チョコレートで便通改善!?

 2016年2月3日NHKで放送の番組「あさイチ」で紹介された「チョコレート」に関する情報です。

 予定では「チョコレートで便通改善!?」ということで、チョコレートにふくまれるある成分によって、便秘解消が期待できるという情報が放送されるようです。


Sponsored Link

カカオポリフェノールとカカオプロテイン


最新の医学が解き明かすチョコレートの凄い効能―がん・動脈硬化を予防する!免疫力を高める!ストレスに勝つ!

 チョコレートには実は、様々な健康効果があります。

 先日放送された「マツコの知らない世界」でも、楠田枝里子さんがチョコレートにダイエット効果があるというご自身の研究を語っておられました。

くわしくはこちら 赤筆矢印 【マツコ】楠田枝里子おすすめのチョコレートはどこで買える?

 チョコレートに含まれるカカオ成分の中でも、2大成分と言われいるのが「カカオポリフェノール」と「カカオプロテイン」です。

 ポリフェルノールは、ワインにも含まれる健康成分として知られていますが、「カカオプロテイン」という成分はまだあまり世間に浸透していないらしく、この「カカオプロテイン」に便秘解消があることが近年クローズアップされているようです。

 帝京大学理工学部バイオサイエンス学科の古賀仁一郎准教授によると、「カカオプロティンの難消化性が発見された」そうです。

 古賀准教授によると「通常タンパク質は酵素で分解されるのですが、カカオプロテインはその特殊な構成によって分解され難いタンパク質なのではないかと推察」されているそうです(株式会社 明治「チョコレートに新たな健康効果!世界初、注目成分の抽出成功」より引用)。

一日25gの高カカオ

 先日の「マツコの知らない世界」でも楠田枝里子さんが「カカオ70%以上のチョコレートがおすすめ」とお話されていたので、早速スーパーで高カカオ(ハイカカオ)のチョコも買っていました。

 おそらく、明治の「チョコレート効果のシリーズ」がいちばん手に入りやすい「ハイカカオチョコレート」ではないでしょうか。

 うちの近所では普通にスーパーやドラッグストアのお菓子売り場で売っています。
 カカオの含有量も72%・86%・95%と3種類から選べます。

 100%のカカオは美味しくないと番組でも放送していたとおり、パーセンテージが上がれば上がるほど、苦味や渋みが強くなって、チョコレートとしてはあまり美味しさを感じません。

 私も過去にいろいろ試しましたが、一番カカオ濃度の低い72%が食べやすいですね。

 上記の「チョコレートに新たな健康効果」という明治のサイトにも「カカオ分72%の高カカオチョコレートを使用」「1日当たり約25g摂取」と書いてあるので、72%を毎日25g食べれば便通改善するようです。

 中の小袋1個あたりの重さを量ってみたら約5gでした。
 したがって「明治 チョコレート効果」の場合、一日小袋5つで25gになります。
 試しに、「チョコレート効果」の小袋5個分を一気に食べてみました。正直、ちょっとキツかったですね。チョコレートは好きだけど、高カカオのチョコは甘さ控えめで、渋みや苦味もかなりあるので、「便秘解消」と思って頑張って食べる、という感じでした。

 しかしこの「チョコレート効果」は一箱75g入りなので、毎日25g食べたら3日で1箱消費することになります。
 うちの近所のスーパーでは約200円前後で販売されているのですが、3日で一箱ということは1ヶ月で約10箱消費することになり、およそ2,000円の費用がかかります。
 それって、金銭的にどうなんでしょうか・・・

こちらもおすすめ 赤筆矢印 【世界ふしぎ発見】ジュースクレンズやコンブチャで腸内環境改善!

 ちなみに、私が個人的に便秘にすごい効果があると感じるのは「ハブ茶」と「玄米」です。
 ただし、ハブ茶は飲み過ぎるとお腹がゆるくなるし、玄米はボソボソして美味しくないので、なかなか続かないですね。
↓このハブ茶を飲んでいます。安いし飲みやすくてておすすめだけど、飲み過ぎは注意です。

私は自分で土鍋で玄米を時々炊いているのですが、少し割高になるもののレトルト(レンジでチン)の玄米なら手軽に食べられます。個人的には玄米が一番効くと思います。

 それともう一つ、ポップコーンはとってもヘルシーで栄養価の高い食べ物という情報を知ってから、スナックやジャンクフードが食べたくなった時はポップコーンを食べるようにしているんですが、これがすごい便秘に効く!
 とは言ってもスナックなのであまり強くはオススメできないけど、原料が植物油脂と食塩だけのシンプルなポップコーンを毎日1袋も食べれば、驚くほどお通じがよくなります。
 甘いものやいろいろフレーバーがついているものはあまりおすすめできません。
 100円くらいの、原料が超シンプルなポップコーンがおすすめです。

体も温まる

 実は、2/1にも「ひるおび!」で「ココアには免疫力を高める力があり、インフルエンザ予防に効果がある」「冷え性改善効果もある。お湯や緑茶より効果が高い」と紹介されていて、あの「体が温まる」と言われている「ショウガ」よりも、ココアの方が温まった体温が持続するということでした。

 それで早速、昨日ココアを買ってきたところ。

あさイチ チョコレート
 ココアにも有機栽培のものから、「調整ココア」と言われる、ココア成分以外に砂糖や乳製品が添加されているものまで様々あります。

 以前、本格的な砂糖も何も入っていない「純ココア」を買ったことがあるのですが、ミルクを温めたり、砂糖の量を加減したりといろいろ面倒で結局半分以上飲まないまま放置してしまいました。

 お砂糖がはじめから入っている「調整ココア」は、甘さが自分の好みにできないところが難点ですが、お湯を注ぐだけで手軽に飲める気楽さの方がメリットが大きいと思って、今回は調整ココアを買いました。

「明治のテオブロココア」はかなり甘さ控えめで、高カカオのチョコレートみたいな味です。大人の味なので苦味も少しありましたが甘ったるいココアが苦手な私にとっては飲みやすいです。

明治の公式サイトには、カカオポリフェノールやカカオプロテインに関する詳しい情報があります。

 こちら→5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン 【明治】

糖尿病やダイエット中の人にもおすすめのチョコ

 糖尿病の人でも食べられる低GI(血糖値の上がりにくい)のチョコレートとして紹介されたのは「ドクターズチョコ」でした。

他にもこんな「低GIチョコ」があります。

 「糖質ゼロ」のものもあります。

高カカオチョコレートの注意点

 「高カカオのチョコレート」を自分で食べるのはもちろんのこと、子どもにも少し食べさせたりしていたのですが、高カカオのチョコレートには注意しなくてはいけないところもあるようです。

 こちら→国民生活センター「高カカオをうたったチョコレート」

 まとめると
 ・高カカオチョコレートは脂質(脂分)が多くエネルギーは相対的に高い
 ・利尿作用や興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが含まれていたり、アレルギーを起こす人がいる
 ・残留農薬やカビ毒の一種であるアフラトキシンが、チョコレートの原材料である生鮮カカオ豆から検出され、積戻しや廃棄が行われていた報告もある

 ということです。

 確かに、妊娠中に「チョコレートにはカフェインも含まれているから、妊婦さんは食べないほうがいい」と聞いたこともあり、必ずしも「高カカオ=健康効果が高い」ともいえないようです。特に妊婦さんは「高カカオ」は食べないほうがいいですね。

 なにごともほどほどに、ということですね。

 ちょっと私も「体にいいんでしょ!」と調子に乗って食べていたけど、注意したいと思いました。

あわせて読みたい

便秘解消にはこちら 赤筆矢印 9/4【金スマ】便秘外来小林先生の腸活
認知症の予防効果あり 赤筆矢印 NHKあさイチで紹介された成城石井のココナッツオイル
こちらもポリフェルノールあり 赤筆矢印 【あさイチ】美肌効果絶大の栄養ドリンク あずき茶

にほんブログ村 テレビブログへ