【あさイチ】かかとのケアにおすすめのクリームとやすり

 ※10/5あさイチの「オリーブオイルの手作り保湿クリーム」はこちら

女のホケン室 足のお悩み

 2016年2月15日NHKで放送の朝の情報番組「あさイチ」で紹介された「フットケアグッズ」に関する情報です。

 「女のホケン室 足のお悩み」と題して、足に関する女性の悩みが特集されましたが、その中でも衝撃的(?!)だった「かかとの角質をハサミで切る」という間違ったケアをしていた女性に、フットケアの専門家、桜井祐子さんが紹介したグッズをリサーチしました。



Sponsored Link

かかとのケアに使ったクリーム

 フットケア・スペシャリストとして紹介されていた桜井祐子さんの公式サイトを見るとフットケアのサロンと、フットケアのスクールを運営されている方でした。

 公式サイト→足のトータルケアショップ・ペディ・ケア

 なかでもこちらの「角質ケアWEB専科」の中の画像を見るとわかるのですが、黄色い角質用のファイル(やすり)とドイツのフットケアシリーズ「ジクタス(Sixtus)」を使用されているのがわかります。

 そこでおそらく、番組で「おすすめ」と紹介された足用のヤスリは「クレドのフットケアファイル」と思われます。

 また、かかとに塗るのは「尿素配合クリーム」がおすすめということでしたが、黄色いラインのポンプタイプのクリームを使用されていたので、おそらくこちらがドイツのフットケアメーカー「ジクタス」のクリームだと思われます。
 ジクタスには足に塗るクリームといっても沢山種類があって、番組で使われていたものがどれかは定かではないのですが「ひび割れたかかとや乾燥した皮膚をなめらかにします」と紹介されている「シュルンデン・プラス」というクリームかな?と思います。ただしこちらに尿素が入っているかどうか、調べたのですが不明でした。


 日本では流通していないジクタスの「Hornhaut Stop(角質ストップ)」というクリームにはUrea(尿素)という成分が表記されています。
 ドイツのアマゾンには商品があります。

 こちら→Sixtus Hornhaut Stop

 桜井祐子さんのサロンでは扱いがあるのかもしれません。

 一番いいのは、桜井祐子さんのサロンへ直接行って、ケアしてもらうことだろうとは思いますが、なにぶん遠方だったり、時間が無かったりで難しそうですよね。
 桜井祐子さんの公式ブログには、日本全国のフットケアのサロンが紹介されているので、お近くのサロンを探して見てください。

 こちら→全国のフットケアの専門家(フットケアスペシャリスト)

お手入れの詳細

 詳しいお手入れの方法は以下とおりでした。

1.優しく洗う
タオルやスポンジで泡立てたせっけんで優しく洗いましょう。直接せっけんを肌につけると、必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまいます。指の間も1本ずつ丁寧に洗いましょう。
洗い終わったらタオルで足の指1本1本まで水分を拭き取ります。自然乾燥させると、足に必要な水分まで奪ってしまい、角質の乾燥につながります。

2.角質のケア
かかと専用のやすりを使います。ぬれた状態だと皮膚がやわらかく角質を削り過ぎてしまうので、水けを取った状態の足に一方向にやすりをかけて行きます。
かかとの角質が厚い人は一気に削らず、少し黄色みが残る程度にとどめます。週に1度のやすりがけを3、4か月続けると厚みがなくなり、正常な状態に戻っていきます。

3.保湿
ガサガサが気になる人は角質を柔らかくする効果のある「尿素」配合のクリームを。
特に厚みや乾燥が気になる部分にはしっかりとクリームを塗り込みましょう。

にほんブログ村 テレビブログへ