テレビ番組 料理 あさイチ お料理番組レシピ レシピ

【あさイチ】横浜のフワフワオムレツがあるフレンチレストラン




横浜のフレンチレストラン

 2016年3月1日NHKで放送の番組「あさイチ」で紹介された、フワフワオムレツの食べられる「横浜のフレンチレストラン」に関する情報です。



Sponsored Link

モンサンミッシェル

 「フワッフワオムレツの達人」と紹介されたのは、フランスのモンサンミッシェルにあるフワフワオムレツの名店「ラ・メール・プラール」で修行されたというシャフの瀬田将之さんでした。

 ラ・メール・プラールは現在、日本にも数店舗お店があり、店名も「ラ・メール・プラール」を名乗っていますが、経営が違っていたりして、ちょっと謎です。

 あさイチで紹介された横浜の「ラ・メール・プラール」の他に、東京有楽町にも「ラ・メール・プラール」があります。

 紹介された横浜店は→ラ・メール・プラール横浜

 名古屋と岡山にも支店があったようですが、岡山店は1月末で閉店したそうです。有楽町のお店はこちらのサイトには出てきません。まったくの別会社と思われる企業が経営しています。

 詳しくは過去記事へ→ふわとろオムレツのラ・メール・プラール横浜と有楽町の違いは?

 「ラ・メール・プラール 横浜店」を紹介した番組の動画はこちら。

 ちなみに・・・モンサンミッシェルにある「ラ・メール・プラール」のフランス本店は、海外旅行のレビューサイトを見るとあまり評価は高くありません。
 「ラ・メール・プラール」はそもそもホテルの名前で、フランスのホテル「ラ・メール・プラール」自体は高評価のようですが、フワフワオムレツで人気の「ラ・メール・プラール」内にあるレストランは「二度と食べない」「味はまずいし高いし最悪」「期待したほどじゃありません」と口コミの評価は手厳しいです。

 ラ・メール・プラール フランス本店の口コミ→ラ メール プラール (レストラン)

 ここの口コミはもっとひどいです。あくまでも「フランス本店」の口コミです→あのモンサンミッシェルのオムレツぼったくり 詐欺行為です

明治のフワフワオムレツのレシピ

 「ラ・メール・プラール」のオムレツのレシピは企業秘密ということで紹介されませんでした。
 その代わりというとこで、明治時代の「焼き鶏卵」のレシピが紹介されました。

【材料】
 卵 2個
 塩 ひとつまみ
 有塩バター 15グラム

【作り方】
 1.卵2個を割って、卵黄と卵白に分ける

 2.卵白を直線で切るように混ぜ、全体的にサラッとしてきたら回しながら一気に泡立てていく

 3.角が立つくらいに泡立てたら塩をひとつまみ卵黄の方に入れ、味にムラが出ないように泡立て器でよく混ぜる

 4.「3」の卵黄に「2」の泡立てた卵白を3回に分けて入れる。2回めからは卵白の泡を潰さないように、ヘラで切るように混ぜる

 5.強火で熱したフライパンにバターを入れ、一気に卵を流し入れる。泡をなるべく潰さないようにしながら、ヘラで軽く混ぜて全体に火を入れる

 6.フライパンを傾け、はしに少しずつ卵を寄せて形を整えたらひっくり返す

 塩を入れるタイミングが大切だそうです。
 研究機関で実験したところ「卵を分けてすぐに卵黄に塩を入れたもの」の泡の状態が、一番安定したそうで、このタイミングを間違えなければふわふわオムレツも上手に焼けるそうです。

フワフワオムレツが焼けるグッズ

 フワフワオムレツはなかなか難しそうで自分で焼けるかなという方には、便利なグッズがあります。

 人気のシリコンスチーマー「ルクエ」にも、レンジでチンするだけでオムレツができる
ものがあります。

 なんと、卵を入れてレンジでチンするだけでオムレツができるという便利なチルド食品もあります。

レンジでふわふわオムレツ

 老舗洋食屋たいめいけんの代名詞ともいえるオムレツを、自宅で手軽に再現できる究極のフライパンとレシピ本のムックはこちら。

 クックパッドにも沢山レシピがあります→モンサンミッシェル風オムレツのレシピ

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, 料理, あさイチ, お料理番組レシピ, レシピ
-