テレビ番組 あさイチ

【あさイチ】禅的掃除術とゲストのお坊さん枡野俊明さん

2017/05/13




“禅”に学ぶシンプルライフ

 2016年3月23日NHKで放送の朝の情報番組「あさイチ」で紹介された「“禅”に学ぶシンプルライフ」に関する情報です。

 ゲストとして出演されたお坊さんは曹洞宗(そうとうしゅう)徳雄山建功寺(とくゆうざん けんこうじ)のご住職、枡野俊明(ますの しゅんみょう)さんでした。

 お寺のサイト→曹洞宗 徳雄山建功寺

 お寺では毎週日曜日、朝7時から坐禅会(ざせんかい)も開かれているようです。
 住所は横浜市鶴見区ですが、最寄り駅の「菊名駅」からはバスで10分の距離です。詳しくはお寺の公式サイトへ。


Sponsored Link

総持寺もおすすめ

 同じく横浜市鶴見区に曹洞宗の大本山(お店で言えば「本店」みたいなものです)でもある「総持寺(そうじじ)があります。

 正式名称は「曹洞宗大本山總持寺(そうとうしゅうだいほんざん そうじじ)」です。

 全国的には「石原裕次郎のお墓があるお寺」として有名な場所ではないでしょうか。

 実は私は、ある時期「お寺」や「仏像」に興味があって、主に京都、奈良のお寺巡りをしていました。
 その勢いに乗って「関東にあるお寺も巡ろう」と、最初に訪れたのが鶴見の総持寺でした。10年以上前のことです。

 お寺は大変大きく、敷地も雄大です。
 法話会や写経会、坐禅会なども開催されています。

 何より便利なのは駅から近いこと。
 JR京浜東北線[鶴見駅]西口より徒歩・約5分の距離です。

 ただし拝観は自由にはできないので、総合案内にまずは問い合わせてください。
 私も、お寺に問い合わせて、見学できるという日に、修行僧の方に案内していただきました。

 公式サイト→曹洞宗大本山總持寺

枡野俊明さんの本


 あさイチのゲストのご住職、枡野俊明さんの本は沢山出版されています。

 「禅的ダイエット」や「お金」に関する本、「くまのプーさん」が禅語の教えを解説なんていうものまであります。

枡野俊明さんの本の一覧はこちら

 個人的には「僧侶の作家」といえば、第125回芥川賞(2001年)を受賞した玄侑 宗久(げんゆう そうきゅう)さんが有名ではないでしょうか。


 玄侑宗久さんの「禅的生活 (ちくま新書)」は読んだことあります。
 シンプルな禅の教えは、本で読んだりテレビで見たりすると「なるほどなあ」「そうだよなあ」と思う事が多いのですが、なかなか実行するのは難しいですね。

 「考える事の無意味さ」みたいな教えも、ごもっともなんですが、惰性なのか弱さなのか、一瞬でも気が緩むと「でも、だって」て、思考が先行してしまって、なかなか行動が伴いません。

禅的掃除術

 私が「ヤバイ!!」と青ざめたのが「禅的掃除術」です。「ゴミ屋敷予備軍チェック」の全項目が、イエスだよ私・・・。

 日本そうじ協会の理事、今村暁(いまむらさとる)さんが「禅的掃除術」を紹介されました。

【ゴミ屋敷予備軍チェック】
・着ていない服が家にたくさんある
・意識的に換気することは ほとんどない
・通販番組が大好きで つい衝動買いしてしまう
・突然イライラしたり 悲しくなったりすることがある
・つい先延ばしにしてしまうクセがある
・掃除が習慣になっていない
・時間ギリギリにならないと起きられない

 この項目が0から1個しか当てはまらないなら大丈夫ですが、それ以上だと「ゴミ屋敷」予備軍。全部あてはまるとすでに「ゴミ屋敷」だそうなので、もしかしてウチって、すでにゴミ屋敷だったの?!(←自分は気づいていないという・・・)

毎日一か所、10秒掃除

 「毎日1ヶ所10秒掃除」の極意は本も出ています。

10秒朝そうじの習慣 ~人生を劇的に変える最強メソッド~


 つい先日も「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」を読んで感動し、
「私もミニマリストを目指す!」
 と宣言したものの、まったく実行できず、今年になってできたことといえば長年放置されていたうちの子のベビーカーをついに廃棄処分にしたことくらいです。玄関広くなった。もっと早く捨てれば良かった。

 「10秒って、そんな・・・」とも思いますが、何もやらないのと「10秒だけでもやる」のとは大違いだと思います。

 実践したい。今すぐやりたい・・・・と思いつつ、体が動かない。頭の中ばかりで、思考が先行して走りだして、やったような気分にすらなっているよ私。それじゃ駄目じゃん!

日本そうじ協会の理事、今村暁さんの本の一覧はこちら

10秒朝掃除の習慣

「絶対、やるべき!」
 そんな気持ちになり、早速「10秒朝掃除」の本を、電子書籍で買いました。

 まだ最初の方しか読んでいませんが、
「部屋に不要なものが沢山あると、ものが語りかけてくる」
 という「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」にも出てきたことと同じ教えがありました。

 ものが語りかけてくるというのは、負の語りかけです。
 これは私も実際、ひしひしと感じていることです。
 ものが(不要品が)部屋に増えれば増えるほど、心がざわざわして落ち着かないものです。

 早速、10秒、キッチンの一部を片付けてみました。

 実際には「10秒」では終わりません。やり出したらやはり、ここも、あそこも、と気になって、気づいたら1時間くらい片付けをしていました。
「10秒だけ」
 と自分に言い聞かせて「重い腰をあげる」には、たいへん素晴らしいコンセプトだと気づきました。
「10秒だけ掃除する」、この単純なキーワードが、負の連鎖から抜け出す魔法のおまじないになるのではないでしょうか。

 「10秒朝そうじの習慣」の本によると、ものすごく忙しい人にでも「10秒」だったら時間あるでしょ?というコンセプトだそうです。
 今村暁さん自身が、多忙だった時期に「1分だけ掃除を」と言われても「そんな時間があったらメールを確認したい。1分でも仮眠したい」という気持ちになったそうですが、「10秒だけ」と言われれば、ハードルがぐっと下がって、「10秒だけなら掃除できる」という気持ちになったそうです。

 確かに「30分掃除」とか「15分片付け」と言われたら、ちょっと面倒だけど「10秒だけ」と言われたら、ストレスがありません。

 これはすごく便利な方法ですね。

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, あさイチ
-