「殺めるべき者」ウォーキングデッド シーズン6第12話のあらすじ





ウォーキングデッド シーズン6

 アメリカのドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン6のあらすじ(ネタバレ)です。
 ★過去の全エピソードのリンクは→海外ドラマあらすじ一覧をご覧ください。

 動画配信サービス「dTV」のFOXチャンネル リアルタイム配信で「ウォーキング・デッド」シーズン6の12話を視聴しました。dTV(旧dビデオ)では現在、スカパーやケーブルテレビで視聴可能なFOXチャンネル・ジャパンで放送中の「ウォーキング・デッド」シーズン6を、放送と同時にリアルタイム配信。さらに放送日の4日後より、5週間の期間限定で見逃し配信する予定です。



 また、シーズン5ではスピード配信のなかった動画配信サイトhulu(フールー)でも、シーズン6ではFOXチャンネルのリアルタイム視聴と、放送日の4日後より5週間の見逃し配信があり、現在はdtvと同様の条件で視聴できます。

 ただし、違いが1点だけあります。
 「見逃し配信」に関してはhuluもdtvも同じ条件ですが、FOXのリアルタイム配信では、dtvでは1回だけ「追っかけ再生」が利用できますが、huluにはこの機能がありません(2016年2月現在)。
 つまり、FOXをリアルタイムで視聴する場合、dtvなら5分や10分遅れて見始めても追っかけ再生で最初から見られますが、huluでは追っかけ再生ができないので、時間通りに視聴しないといけないということです。

シ-ズン6第12話”Not Tomorrow Yet(昨日はまだ)”
邦題:「殺めるべき者」あらすじ

 キャロルは、アレクサンドリアの残り少ない食料品置き場から、必需なものを集める。森でドングリを探してきたキャロルは、ドングリのクッキーを焼き、アレクサンドリアの住民に配り歩く。キャロルはトビンにもクッキーを配り、二人は親しげに会話する。

 リックたちがヒルトップから戻って来る。リックは皆を教会に集めるよう指示して、キャロルに「我々は戦わなければならない」と言う。

 モーガンは墓地にいるキャロルを見つけ、自分がW男を独房で生かしておいたことをなぜリックに決して話さなかったのかと尋ねる。キャロルはその質問をはぐらかす。そしてクッキーをサムの墓に供えたあと、墓地を出る。

 教会ではリックが、マギーがヒルトップで取り決めた取引について住民に話す。「救世主」を殺さないと、結局彼らがアレクサンドリアを見つけて攻撃してくると説明するリック。モーガンはリックに、「救世主」を殺す代わりに話し合うよう訴えるが、誰も彼に賛同しない。「奴らを皆殺しにする」とリックは宣言する。

 眠れずベッドで悶々とするキャロルは、日記を開いて、自分が殺した人物のイニシャルをすべて書き出す。そこには「R., K, D, L. 終着駅/中庭 3?,ローソクの女性 4, W(ウルフ) 7,」と書いてある。キャロルは厳かに18という数字をその下に書いて、丸で囲む。

 その頃、マギーはグレンに自分も救世主たちの襲撃に参加するつもりだと話し、後方の見張りに立つつもりだとグレンに約束する。

 トビンの家を訪ねるキャロル。トビンはキャロルへ、君はアレクサンドリアの人々の母親のようなものだから、厳しいことやキツイこともやってのけると言う。しかし、トビンにとってのキャロルはそうではなかった。キスをする二人。

 エイブラハムは荷物をまとめて、ロジータに出て行く事を告げる。泣いて理由を尋ねるロジータ。「俺がお前に出会った時は、お前が地球上で最後の女だと思った。だがそうじゃなかった」と言うエイブラハム。

 デニースは気落ちしている様子のタラに「大丈夫か」と尋ねる。タラは近づく、2週間にわたる物資調達の旅にデニースを誘う。デニースは、自分はここではただ一人の医師だから残らなくてはならないと説明して、でも、タラが帰ってきた時には「愛している」と伝えることを約束する。そしてキスする二人。

 作戦会議ではヒルトップの住人アンディが、リック、マギー、ダリルグレンミショーンのために、救世主の居住区の地図を描く。メインの建物の入り口は、二人の男が警備していると説明するアンディ。リックは、皆が眠っている夜に攻撃を仕掛けると提案する。正面から突入する計画のリック。「あいつらはグレゴリーの首が欲しいんだろ?」と言うリックは、「それをやつらに渡してやろう」と言う。

 翌日、リック達は出発する。ある場所で車を降りると、徒歩で偵察し2時間で戻るよう命令するリック

 リックは、神父であるゲイブリエルに、いまさら後戻りはできないのに、なぜいまだに祭服(神父の服)を着ているのかと尋ねる。ゲイブリエルは自分の思いの中では自分はまだ神父だと語り、「それにこの服は暗闇では見えにくい」と言う。

 ロジータはキャロルに、教会のミーティングで、モーガンがW男を生かしておいたという秘密をあやうく言いそうになったと語る。「彼は殺したくなかったのよ」とキャロルは言って、モーガンをかばう。

 森で、グレンとヒースは数人のウォーカーを殺しつつ、これまで生きている人間を殺した事がないために、救世主を殺すことに不安があることを分かち合う。グレンはウォーカーの頭をオノで切る。

 再び集まったリック達。そこでリックは、夜が明ける2時間前に攻撃を開始すると提案する。キャロルはリックをわきに引いて、マギーを連れてきたことを責める。キャロルはマギーが後方を見張るのを助けるために後に残ると主張する。

 リックと、ジーザスとアンディは、切られた3つのウォーカーの首の中から、最もグレゴリーに似た首を探す。ジーザスはその一つを選ぶが、鼻が違うと言う。リックはその首をつかんで、鼻を殴り、アンディが救世主に伝える時は、もみ合っているうちにグレゴリーの鼻を負傷させたと言えばいいと言う。

 その夜、救世主の居住区に車で乗り付けたアンディは、グレゴリーの首を持ってきたと伝える。二人の警備の男が出てきて、それを調べる。満足して、男の一人がクレイグを呼びに建物の中に行く。リック達は忍び寄って残った警備員を殺し、そして最初の警備員がクレイグと戻ってきたところを殺す。

 居住区に忍び入るリック達。リックは、男が眠っている寝室に入ると、静かにナイフを男の頭に突き刺す。

 別の部屋では、グレンが二人の眠っている男をナイフで殺したことによって、ヒースとともにぞっとしている。二人は、どの頭も潰された救世主の犠牲者たちの遺体のポラロイド写真が戦利品として飾られた壁を見つける。

 エイブラハムは、施錠されたドアを開くサーシャを援護する。救世主の一員が彼らを発見して、警報を鳴らす。

 マギーとキャロルは、外で警報を聞く。自分も助けに行くと言ってゆずらないマギー。「あなたはここにいて」と、キャロルはきっぱりと言う。

 リックたちは救世主たちに発砲する。目を覚まして反撃してくる救世主側。

 グレンとヒースは救世主に追われつつ武器庫に走る。二人はドアを閉め、銃をつかみ、ドアに向け発砲する。二人はドアを開け、大量の遺体を見つける。救世主側の一人が起き上がり銃を向ける。ジーザスがそれを射殺する。

 外ではゲイブリエルが、負傷した救世主を撃つ前に、祈りを唱えている。

 戦いを終えて建物から出てくるリックたち。彼らは車の沢山ある駐車場を見つける。

 アレクサンドリアではモーガンが、独房に通じる金属の入り口を溶接している。手を休めたモーガンは、思考停止する。

 救世主の一員がバイクで逃げようとして、ダリルが自分のバイクだと気づく。リックたちがその男を撃ち、逃げようとする男にダリルが飛びかかる。ダリルはその男にどこでバイクを手に入れたか尋ねる。リックが男の頭に銃を突きつけた時、男が持っていた無線機から女の声がして、リックに銃を降ろすよう命令する。「こっちにはキャロルとマギーがいるわ。何か言いたいことがあるはずよ」と女は言う。


感想

 ヒヤリング力のない私でも” kill them all”は聞き慣れたというか、リックが言う前に、自分でつぶやいたほどです。

 事前にあまりに予備知識を入れたくないと思っているのですが、「ニーガンは強敵」という情報はシーズン6が始まる前から流れていたので、これで終わりなわけないというのは見ながらずっと思っていました。

 どこでニーガン登場か、今か、今か、と思いつつずっと、ずーーーとこのシーズン見続けていますが、救世主の居住区(らしき場所)にもどうやらニーガン様はいないらしい。

 だいたい「 kill them all」っつったら最初の総督の時同様に、散々な目にあうのはもはやお約束になりつつあるのかと。

 そこへ何故かエイブラハムの新たな恋心や、まさかのキャロルのキスシーンなど盛り込みつつ(笑)、話はどっちへ行くんだ?て感じです。

 余談ですがキャロル役の女優メリッサ・マクブライドは私の中で勝手に「メグ・ライアンの成功例」と名付けています。
 かつて一世を風靡したハリウッド女優のメグ・ライアンに少し似ていませんか?特にダックフェイス?アヒル口?なあたり。

 メグ・ライアンは「劣化」「整形失敗」とも言われて、ここ数年はめっきり「過去の人」て感じです。大好きだっただけに、活躍が減って残念。

 一方キャロル役のメリッサは、若いころから映画やドラマに出ていたようですがぱっとしない存在だったけど、このドラマで当たり役を掴んだ感じですね。
 年齢もそんなに若くないのに、見た目にまだキュートな部分があり、メグ・ライアンも老けるにしてもこんな感じに歳を重ねればまだまだ活躍の場があったのに、と思いつつ、キャロルを見るたびに「メグ・ライアンの成功例だな」と心の中でつぶやいてしまう私です。

 メグ・ライアンは過去にも何度か「演技派」への脱皮を試みて、難しい作品にも挑戦したけど、結局「ロマコメの女王」で終わっちゃいましたね。
 その点、見た目には関係なくメリッサには演技力があるのかもね。
 ただここのところ、急になんだか元気のなくなったキャロルも心配です。
 メリッサにはまだまだ、このドラマに出続けてほしいので!多分、私が一番好きな登場人物て、メリッサ演じるキャロルだと、今になって気づきました。

 気になった方、視聴は動画配信サービス「dTV」で!

ウォーキング・デッドシーズン6第11話<<前 HOME 次>>ウォーキングデッド シーズン6第13話

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ