テレビで紹介

奈良に何度も行きながら柿の葉寿司に無縁の私がついに注文した柿の葉寿司とは

2017/05/12

柿の葉寿司が気になってしょうがない

 先日放送された日本テレビの「秘密のケンミンSHOW」での「柿の葉寿司」の特集を見てからというもの、柿の葉寿司が気になってしょうがない私です。
 以前なら「次回、奈良に行った時は、絶対食べよう」と思ったはず。

 しかし、現在の私は諸事情があって、以前ほど頻繁に奈良に行けないんですね。なので、あれこれ迷ったすえ、ネットで柿の葉寿司をお取り寄せしました!届くの楽しみ!


Sponsored Link

私が柿の葉寿司をこれまで食べなかった3つの理由

 初めて奈良に行ったのは、かれこれ30年くらい前ですねえ(爆)。興福寺の国宝館で「阿修羅」も見た・・・と思うのですが、その記憶は曖昧で、とにかく駅を出るとそこら中に「柿の葉寿司」の看板があったことだけ覚えています。

 その後、みうらじゅんさんといとうせいこうさんの「見仏記(けんぶつき)」シリーズの影響を受けて、仏像鑑賞に目覚めた私。
 中でもみうら・いとう両氏が絶賛の「興福寺の阿修羅」を見るために、足繁く奈良に通いました。

 当然、その時も「柿の葉寿司」の看板をこれでもかというほど目にしているのですが、一度も食べたことがない。なんで?なんでなん、自分(笑)。

 
 今回「ケンミンショー」の柿の葉寿司を見て無性に食べたくなったので、改めて「なんでこれまで食べなかったのか?」を考えてみた。

 おそらく以下の3つの理由です。

 1.どんな食べ物かわからなかった。柿の葉の中に何が入っているのかすら、理解していなかった

 2.そもそも私は「柿」がキライ

 3.「名物にうまいものなし」の言葉を真に受け、無視してしまった

まさかサバやサケが入っていたなんて!

 「ケンミンショー」を見て、今回初めて知った事実は「サケやサバの押し寿司」を柿の葉で包んだのが「柿の葉寿司」だということです。

「そんなん、あたりまえやろ!」
 と奈良の人は思うかも。いや、関西人の多くがそうツッコんできそう。

 そうだったんですね、私の記憶の中にある「柿の葉寿司」は緑の葉っぱに「何か」が包まれている食べ物というだけで、あの葉っぱの中身がお寿司であることすら理解していませんでした。

「いや、かきのはずして言うてるやろ!」
 と言われるかもしれませんが、私はなにかぼんやりと土産物店で目にした「葉っぱに包まれた、何か」程度の認識しかなく、中身は羊羹とかケーキとかおまんじゅうのような「甘いもの」だと勝手に思い込んでいたんですね。だって、土産物ってだいたい「甘いもの」でしょ!

「いや、だから、寿司言うてるやろ」
 とお怒りにならないでください。あの頃の私は「阿修羅像」や「天燈鬼・鬼立像」「金剛力士像」のことで頭がいっぱいで、お土産物やさんは横目で見て素通りでした。

 なので今回「サバ・サケ」と聞いて、
「え?!」
 と柿の葉寿司の画像を二度見しましてね、あの四角く凝り固まった「押し寿司」特有のフォルムに魅了され、
「これは、食べたい・・・」
 と文字通り、食指を動かしたわけです(おおげさ・・・)。

しめ鯖とバッテラが大好物

 そもそもですね、私は「しめ鯖」と「バッテラ(鯖の棒ずし)」が大好物なんです。

 「仏像鑑賞」に関西を訪れる際は、毎回「京都・奈良」がセットでした。
 ベタかもしれませんが、京都には「いづう」という「鯖寿司」の名店があるんですね。
 本店でも買えると思うのですが、私には敷居が高いので、京都に行った時はいつも高島屋の地下の「いづう」のショップで「鯖寿司」のハーフサイズを買って帰って、ホテルの自室で食べるのが楽しみでした。

 関東でもデパートの「京都物産展」がある時は必ず行って、「いづう」の鯖寿司(だいたい出店してます)を買う私。

 そんな「鯖寿司」に目がない私が「柿の葉に包まれた鯖寿司」に魅了されるのは、自然の成り行きですわ(笑)。てか、なんで今まで、知らなかったのかが不思議。

いったいどこの柿の葉寿司がいいのか?

 そこで早速、ネットでお取り寄せすることにしたのはいいものの、いやあ、沢山ありますね柿の葉寿司。迷う迷う。

 目移りしてしまって、何時間もかけて品定めしてしまいました。

 まず、通販されている「柿の葉寿司」には「冷蔵」タイプのものと「冷凍」タイプの二種類があります。
 「冷蔵」はできてすぐの柿の葉寿司を「クール便」で送ってくれるパターンで、賞味期限はどこのメーカーも一日か二日です。

 一方「冷凍」は、例えば高島屋の場合「90日」の賞味期限があります。

 ↓この高島屋限定の「たなか」の柿の葉寿司・・・・

 さば・さけ・鯛の3つの味を一つの箱に詰めてあり、それが6箱セットになっているんですね。
 食べたい時に1箱ずつ、レンジでチンして食べられる。しかも3つの味でひとセットになっている。この2点がすごく魅力的で、これにしようと思ったものの・・・・

 「たなか」さんというメーカーは「ケンミンショー」でも紹介されていた「柿の葉すし」の大手メーカー。もちろんそれもいいんだけど、もっと地元の人が愛する「知る人ぞ知る」みたいなメーカーはないのかなと探した。
 そしたらこんなつぶやきが・・・・

 「ゐざさ寿司か、そうか、くーーーよし!」
 なんて一人盛り上がって、ゐざさ寿司の公式サイトを見てみたら、通販もあるんだけど、「冷蔵」タイプで賞味期限は「届いて翌日まで」なのね。うーん、できれば冷凍がいい。冷凍で、少しずつ、食べたい時に2、3個だけ解凍して食べたいのだ。

楽天で人気の柿の葉寿司

 ちなみに、楽天で一番レビューが多い「柿の葉すし」はこちら。

 「ケンミンショー」で「江戸末期創業の元祖、柿の葉すし」と紹介されていた「平宗(ひらそう)」さんの柿の葉すしです。

 こちらも冷蔵タイプで賞味期限は届いた翌日の20時まで。

 いろいろ見て回ったけど、結局冷凍で日持ちするのは「高島屋限定」の6箱入りのやつが一番良さそうだった。
 しかし、気になるのが「うちの冷凍庫に6箱分の柿の葉すしが入るか?」てことなんだよね。すでに満杯状態のうちの冷凍庫は、一箱3個入りといえども6箱は無理っぽいわけ。

 それで、どうしても高島屋のやつを注文する気にもなれず、だからといって賞味期限が短い「冷蔵」を注文する勇気もなくて・・・

 ようやく見つけたのが「楽天マート」の冷凍柿の葉寿司です。安いし。

 楽天マートはいくつかある「楽天ネットスーパー」の中のひとつの楽天が運営するネットスーパーです。

 これまでも食材や日用品を楽天マートで時々買っています。
 特に「らでぃしゅぼーや」や「大地宅配」など、本来会員になって配達してもらわないと買えない無農薬野菜や無添加食材を扱っているので、重点的にそれらの商品を買っています。

「なんだ、灯台下暗し。よく利用してる楽天マートに冷凍柿の葉寿司があったんだ」
 てことで、野菜やほかの冷凍食品と一緒に注文しました。
 美味しかったら、次回は思い切って「冷蔵」タイプの、他社の柿の葉寿司を買ってみようかなと思っています。

 柿の葉寿司でこんなに、時間消費するとは思わなかった(笑)。
 届いたら、またレポートしたいと思います。アレンジとかも、大胆にやってみたい。

 まだまだあるのよ Amazon「柿の葉寿司」最安値はこちら

人気記事

 ・【ケンミンショー】柿の葉寿司のお取り寄せ情報

 ・【サタプラ】名医が教える片頭痛解消法

 ・【おはよう朝日です】カルディコーヒーのおすすめをヤミーさんが紹介

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビで紹介
-