その他

カメヤマローソクのサクマドロップス線香の感想

2017/05/13

サクマドロップスの香りの線香

 少し前なんですが、今年の4月に日テレの「スッキリ」で紹介されたサクマドロップスの線香がずっと気になっていました。
 アロマやお香が好きで、昨年もテレビで片岡愛之助さんが「お気に入り」と紹介されていたお香を取り寄せたりしていたのですが、インド製のためでしょうか、煙がすごくて失敗でした。

 サクマドロップスのお線香は日本のメーカー「カメヤマローソク」の商品なので、煙に関しては問題ないかなと思って、取り寄せてみました。

サクマドロップス 線香

煙は少ないです

 一番気になっていた煙に関しては、さすが国内メーカーのものだけにちゃんと配慮されていて、煙少なめでした。


Sponsored Link

 うちはマンションなので、煙が多いとどうしても「火災報知機」が鳴らないかしらとヒヤヒヤします。

 別にこれはうちだけじゃなく、集合住宅にお住まいの方はみなさんそうですよね。

サクマドロップス 線香

 その点「サクマドロップス線香」は煙少なめで安心ですが、それでも気密性の高い鉄筋コンクリート製のマンションなどでは(うちもそうですが)窓を開けるか、換気扇を回しながら使用されることをおすすめします。

香りは4種類

 4種類の香りが楽しめます。

 サクマドロップスの香りをイメージした「いちご」「りんご」「オレンジ」「メロン」の4種類です。

サクマドロップス 線香

 わたし的には「いちご」がかわいい香りでお気に入りです。メロンもいいかな。しかしどちらも「消しゴム」とかについているようなかなりファンシーな香りです。「りんご」はちょっと「え?これがりんご?」て気がするし、「オレンジ」も微妙でしたが個人的な好みは人それぞれだと思います。

燃焼時間

 火をつけてから燃え終わるまでの「燃焼時間」は約20分でした。
 季節や天候などによっても多少時間は前後すると思います。

サクマドロップス 線香

 燃えた後の灰も少ないので、片付けなどが簡単でいいですね。

成分など

 パッケージの裏側はこんな感じです。

サクマドロップス 線香

 原料は「タブ粉、シナ粉、香料」となっています。
 「タブ粉」とは調べたところ「クスノキ科タブノキ属の常緑高木『タブノキ』を乾かして粉にしたもの」だそうで、線香や蚊取線香の材料の1つ(粘結材)として使用されるそうです(タブノキ - Wikipedia)。

 「シナ粉」も線香やお香の原材料として古くから使われてきたもののようですが何が原料になっているのかは不明でした。
 香料はもちろん人工香料ですね。天然の香りはしませんでした。

食べ物ではありません

 パッケージに「本品は食べられません」の表記が・・・

サクマドロップス 線香

 まあ、常識的に考えてどう間違えても食べないとは思うのですが、判断力の低下した年配者などはもしかしたら口に入れたりもするかも。外箱がドロップの絵になっているのでね。

 まさかとは思うものの、お年寄りや小さいお子さんがいるお宅では保管に気をつけたほうがいいかもしれません。

 お取り寄せはこちら 【楽天】サクマ ドロップス 線香の一覧

にほんブログ村 テレビブログへ

-その他
-