テレビ番組 テレビで紹介 旅番組

【マツコの知らない世界】マンションじゃん!18階建ての豪華客船

2017/05/12

豪華客船の世界 第2弾

 昨年(2016年)10月に「マツコの知らない世界」で放送された豪華客船の旅の第2弾が放送されます。

 2016年7月26日の「マツコの知らない世界」では「世界最大18階建ての豪華客船」や「実は1泊1万円台から乗船可!日本発着クルーズ」などが、前回同様クルーズライターの上田寿美子(うえだ すみこ)さんより紹介されます。

 ★日本に来たイタリア「コスタビクトリア」はこちら
 ★日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」はこちら


Sponsored Link

マンションみたいな豪華客船

 マツコさんも仰天。
「マンションじゃん!」
 と驚いていたのはロイヤルカリビアンという船会社が運行する「ハーモニーオブザシーズ」というクルーズ客船です。

 「動く街並み」をコンセプトにした船内には驚きの設備が満載です。

 一面ガラス張りの展望ジャグジー「ソラリウム」。

  3デッキ吹き抜けの船上の街「ロイヤルプロムナード」には24時間営業のカフェ等もあるそう。

 海に面した野外円形劇場「アクアシアター」。

 そのほかにも吹き抜けの公園「セントラルパーク」や、アイスショーが開催される「アイススケートリンク」、海面60mからの絶景が見られるロッククライミングまである!

日本発着クルーズ

 私も昨年の第1弾の放送を見て知ったのですが、一口に「クルーズ」と言っても、旅のパターンには2つあります。
 ひとつはクルーズ船が航行しているヨーロッパや南米などまで飛行機で行って、そこから乗船するパターン。
 そしてもう一つは、日本から発着しているクルーズ船に乗船するパターンです。

 日本から乗船する場合も、数日クルージングしたあとで、中国や韓国などで下船し、そこから日本へはやはり飛行機で戻って来るパターンもあります。

 昨年の放送を見て「私も行ってみたいな、クルージング」と思っていくつかツアーなどを検索しましたが、やはり「日本から出発して、日本に戻る」というツアーは少なかったですね。日本発着の場合でも、乗船が九州や関西だと、そこまでは陸路で移動(あるいは国内線の空路で)しないといけません。

 それらを踏まえて、日本発着にも「外国船」と「日本船」の2パターンがあります。
 初心者は「日本船」が利用しやすいのではないでしょうか。

 ちなみにうちの夫は以前、会社の招待で客船「飛鳥」に乗って、関東から九州まで2泊3日のクルージングをしたことがあるのですが、乗り物に弱く酔いやすい体質なので、本人いわく「最悪」とのことでした。
 乗る前にはさんざん「大型客船なので、船酔いはない」「外洋に出るわけではなく、陸地の近くを航行するので波は小さい」などと言われて、「乗り物酔い」「船酔い」に関して楽観視していたのですが、はっきり言って「極度の酔いやすい体質」のため、結果的には最悪の旅だったそうです。

 くれぐれも、酔いやすい体質の方は、いきなり乗船は避けて、短距離のフェリーや、水上バス(夫はそれらでも酔う)などから乗ってみて、様子をみてから旅のプランをたてましょう。

 日本発着 日本船 クルーズ一覧はこちら
 日本発着 外国船 クルーズ一覧はこちら

クルーズライターの上田寿美子

 今回クルージングを紹介してくれる上田寿美子さんは客船に乗って45年!地球を20周したクルーズライターです。

 外国客船の進水式や、命名式に日本代表のジャーナリストとして招待されるなど、世界的に活動する上田寿美子さん。
 客船や旅行会社などのクルーズセミナー講師も務めておられたそうです。

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介, 旅番組
-