旅行記

【口コミ】箱根小涌園とユネッサン・めちゃイケ温泉の感想 その1

2017/05/13

箱根小涌園 ユネッサンの口コミ その1

 2016年8月某日、箱根にある老舗ホテル「小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園(こわきえん)」に、家族で一泊してきました。

 旅の目的は・・・・
 ★小涌園の向かいにある「温泉テーマパーク 箱根小涌園ユネッサン」で遊ぶこと。
 ★小涌園のバイキングを食べること。
 ★温泉に入ってのんびりすること。

 の3点です。

 正直、小涌園やユネッサンなら余裕で日帰りできる距離の我が家ですが、今回はあえて一泊して、夕食と朝食の2回のバイキングを楽しみました。
 小学1年生になったうちの子は、これまで旅行らしい旅行に出かけたこともなかったので、今回初「ホテル宿泊」ということで様子を見て、今後遠方にも旅行できるように練習用?で宿泊(けっこう気難しい性格なので・・・)してきました。


Sponsored Link

小涌園とユネッサンへのアクセス

ロマンスカー

 まず自宅最寄り駅から電車で小田急線の某駅へ。
 そこからは「箱根湯本行き」の小田急ロマンスカーを利用しました。

 過去にもロマンスカーは何度も利用しているのですが、「箱根湯本行き」に乗るのがうちの子は始めて。某駅と新宿間の往復はこれまでなんども乗車していて問題なかったのに、始めて箱根湯本行き(これまでと反対方向)に乗ったうちの子は「頭がいたい」「酔った」と言い出し、箱根湯本に着く頃には「こんなとこ来たくなかった」「もう帰る」など、最悪の状態に(泣)。

 とりあえずロマンスカーを降りて箱根湯本の駅周辺の土産物店などでお茶を濁す(ようするに、子供を落ち着かせる・・・)。大人だけの旅ならそんなこともないのでしょうが、今回うちの子は始めての旅行ということもあって、不安な状態でした。
(このあと箱根の峠道でバスに乗るのに、大丈夫か・・・)
 と、親の私もかなり不安になりましたが、バスに乗って「ほーらジェットコースターみたいだよ!!」とかなんとか、なだめたりふざけたりしていると徐々に機嫌が良くなってきました(ホッ)。

 国道1号線、通称「箱根峠」は曲がりくねった道なので、バスや自動車だと酔いやすい人にはかなりきついですね。ロマンスカーで「酔った」と言っていたうちの子はなぜか平気でしたが・・・。

バス利用

 箱根湯本の駅から小涌園までのルートは2つあって、箱根登山鉄道で「ホテル小涌園」の最寄り駅の「小涌谷駅」まで行ってそこからバスに乗るパターンと、箱根湯本から小涌園の前(バス停「小涌園」)まで直通でバスで行く方法があります。

 バスが不安なかた(酔いそうというかた)は箱根登山鉄道で小涌谷駅まで行って、そこから徒歩という選択もありますが、小涌園まで約10分の道のりはかなりの上り坂です。冬場はいいけど、猛暑の時期は徒歩は厳しいです。

 ちなみにタクシーだと箱根湯本から小涌園まで直通で約3,500円と箱根湯本駅前のタクシー乗り場の表示にありました。

 バスは箱根湯本から小涌園まで片道580円(2016年8月時点)。路線は「箱根町行き」。箱根湯本駅の乗り場は「2番乗り場」です。乗り場には案内係の方がおられるので安心です。小涌園までの所要時間は18分ですが、時間帯やシーズンによっては国道1号線が渋滞して長時間かかることもあるようです。

 詳しくはこちらで→箱根登山バス 時刻表・運賃検索

 「箱根登山バス」の他に、西武鉄道系列の「伊豆箱根バス」もあります。

 詳しくは→伊豆箱根バス 経路・時刻・運賃案内

 運賃、所要時間はほぼ同じです。今回我が家は行きは箱根登山バス、帰りは伊豆箱根バスを利用しました。

箱根周遊券

 ちなみに、箱根周辺の電車やバスが乗り放題の「箱根周遊券」を利用する場合は、小田急系列なら「箱根登山バス」、「箱根旅助け・箱根バスフリー(西武系列)」なら伊豆箱根バスしか利用できません。間違って別会社のバスに乗ってしまうと、周遊券なのに別料金が発生します。

 今回我が家は迷ったものの周遊券は使いませんでした。
 子供が旅慣れていないので、まだあちこち観光して回るのは無理っぽかったことと、この猛暑では「大涌谷」などの「暑い場所」に行くのは気が引けたためです。ロープウェイやケーブルカー、芦ノ湖の遊覧船など全て楽しみたいという方はバスや登山鉄道も乗り放題の周遊券のほうがお得です。

 周辺地図やお車の方は→箱根ホテル小涌園 アクセス情報

ユネッサンの感想

 最初の目的は「ユネッサン」。

 ちなみに「ホテル小涌園」と「ユネッサン」は経営は同じ会社ですが立地は国道1号線を挟んで向かい合わせにあります。

 朝から行って「ユネッサン」で遊んで、その後ホテルにチェックインするプランも考えましたが、今回はホテルのチェックイン時刻「14時」に合わせて出発しました。

 なのでまず14時ホテル小涌園にチェックイン。
 部屋で一休みして、水着に着替え、水着の上からすぐ脱げるような服を着て徒歩でユネッサンへ。
 ちなみに別の方のブログで「水着でフロントに行ったら注意された」という情報がありました。あからさまに水着とわかる恰好でホテル内をうろうろするのはダメです。下に水着を着ていても、上着を着て見た目はちゃんとしましょう。私はリゾートっぽいワンピースを着ました。
 ホテルを出て道路を渡り約5分位でユネッサンに着きますが、ホテル周辺を回るシャトルバスも利用できます。

 ちなみに「ホテル小涌園」の宿泊者には「ユネッサン」の優待券がもらえますが、200円安くなるだけです。
 ホテル小涌園の宿泊プランにはいろいろなタイプがあって、「ユネッサン」の利用料と宿泊費ガセットになったものもあります。
 今回我が家は急な予約だったので、「ユネッサン」とのセットの宿泊プランは空きがなくて、食事のみセットになったものを予約しました。早めに予約される方は、「ユネッサン」や周辺観光もセットになったものが便利でお得です。

ユネッサンのクーポン

 「ユネッサン」にはいくつかクーポンがあって、ホテルの優待券を使うより安くなるプランもあります。
 我が家は今回「ユネッサン」の水着着用エリアのみ利用で、優待券を使ったので大人2,700円・子供1,400円でした。あとでよく考えたら優待券を使わずに、お得2,400円になるクール!サマー!キャンペーン!というクーポンを利用すればよかったと後悔しています。
 サイトにアクセスしてスマホの画面をフロントで掲示するだけで利用できます。
 水着エリアがお得に利用できて、バスタオル、フェイスタオル付。入浴剤のおまけもつきます。

 我が家はホテルの優待券で2,700円払ったうえに、バスタオルやフェイスタオルの利用料も250円払いました。これから利用される方は「ユネッサン」の公式サイトのクーポンをよく見て、お得に利用しましょう。

 こちら→ユネッサン お得なクーポン

 ちなみに「ユネッサン」には水着エリアと温泉エリア「森の湯」の2ゾーンがあります。
 子供連れだったので「森の湯」は利用しませんでした。
 2ゾーンまとめて利用する・温泉エリアのみ利用する、などの選択もできます。

水着着用エリア

 水着エリアは温泉以上ブール以下・・・とでも言いましょうか。ワイン風呂やコーヒー風呂などのイベント風呂が楽しめて、短い距離ですがウォータースライダーもあります。ただプールではないので泳いだりは難しいです(すいていれば泳げる?)。



 うちの子は小学生だけど、赤ちゃん向けのエリア「湯遊広場」が気に入ってました。

 一番大きい「神々のエーゲ海」というエリアは、身長115cmのうちの子は「深い!怖いよ!」と言って入らず・・・



 そして、何も知らずに行ったんだけど、「ユネッサン」には今「めちゃイケ」ことフジテレビのバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ! 」とコラボした企画「めちゃイケ温泉『小涌園のわき園』」というイベントが開催中。入場料は「ユネッサン・水着着用エリア」に含まれるので、利用者はそのまま「めちゃイケ温泉」にも入れます(水着着用です)。

 「めちゃイケ」を観ていないうちの子も、おもちゃのうんちの浮いた湯船など見て大喜びでした。

めちゃイケ温泉『小涌園のわき園』


 ↑のよしもとのお笑い芸人の方が「めちゃイケ温泉『小涌園のわき園』」におられました。
「熱~い!!」
 と叫ぶうちの子に「熱い?」と声をかけて頂きました。



 8月後半の「めちゃイケ温泉 盛り上げ隊」の芸人さんは「フェアリーモンスター」と「イルカぱんち」だそうです。

 他にもこんな番組のロケがあったようです。

 そして・・・番組を観ていないので、コンセプトがイマイチ理解できていない私ですが、やけに熱い湯船があったり、ぬるい湯船があったり、うんちのおもちゃが浮いた湯船、「オカレモン」の浮いた湯船など、子供は大喜び。

 ただしこんな感じで激混みです↓

 子供はこの像↓を安住さんと言っていた(笑)。画像にはないけど、両目から涙に見立てた水が吹き出しています。

 私はてっきり矢部さんだと思っていたけど、正解は極楽とんぼの加藤さんの、例の会見の・・・

 そういうことだったんですね。今わかりました。
 うちの子は涙を風呂桶にためて、遊んでました。「さっきのあの涙のところ、もう一回行きたい」て後で何度も言われて困った(笑)。

 そして今、あの「新たなキャラクター」が期間限定で登場中です。


 ↑これはちょうどホテル小涌園で夜テレビを見てたら「明日から【ユネッサンのめちゃイケ温泉】に展示」と放送で言っていて、一日早く入ってきたので見られませんでした(残念)。放送のラストであの人が、道端に放り投げて蹴飛ばしていた人形ですよね(笑)


ユネッサンの感想

 2016年8月現在、「ユネッサン」は開業15周年だそうです。
 遠目に見たらきれいだけど、細部には劣化が目立つ部分もありました。
 水着エリアでは塗装がはがれていたり、薄汚れたような場所もありましたが、清潔感はあります。
 ロッカールームは意外とすいていて、時間帯にもよると思うのですがシャワーブースやドレッサールームもすいていました。おそらく閉館時間ギリギリになると混雑すると思います。

 お風呂は「めちゃイケ温泉」などの人気のエリアは混雑していますが、誰も入っていない場所などもあり、皆あちこち移動するので「ワイン風呂」なども一瞬貸し切り状態になる瞬間などもありました。ただ一番広い「神々のエーゲ海」は常に芋洗い状態で混雑していました。夏休みの土曜日だったからだと思います。

 入り口や「ドクターフィッシュ」のコーナーなどで、お願いしていないのに写真を撮られ、早業で額に入れて「1枚1200円ですがいかがです?」とおすすめされます。ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンとかで勝手に撮られる写真と同じシステムなので、
「いりません」
 と断れば問題ありません。

 間違っても言われるままにバーコード(ロッカーの鍵)を差し出さないようにしましょう。
 バーコードをスキャンされて写真を渡されたら、買える時に1200円余計に課金されてしまいます。

 入り口でます「来場記念で~す!」と言われて造花のレイを首に掛けられるのですが、これも記念撮影用なので「けっこうです」と断って、すぐにレイを返せば写真も撮られません。
 もちろん写真がほしい方は購入するのもいいと思います。その時はバーコードを差し出しましょう。

 施設内の飲食や写真代の支払いは全て、腕につけたロッカールームの鍵のバーコードでチェックし、帰る時に入場料も含めてフロントで現金で精算します。
 飲食代などもこのシステムなので、使い過ぎないように注意が必要です。

 子供にも安全管理のためのタグが渡されます。
「ロッカーなどに入れないで、必ずお子様の腕につけてください」
 と言われました。水難事故防止の目的と思われます。

 帰りは正面玄関を出た瞬間に目の前にホテルのシャトルバスが停車したので、乗車してホテルまで帰りました。

長くなりましたので・・・
箱根小涌園 ユネッサンの口コミ その2に続きます

こちらもおすすめ 【もしもツアーズ】箱根2016年超最新スポット巡り

にほんブログ村 テレビブログへ

-旅行記
-,