テレビ番組 テレビで紹介 あさイチ

【あさイチ】糸魚川の鮭を使った魚醤(ぎょしょう)

2017/05/13

部活でつくるサケの魚醤(ぎょしょう)

 2016年8月29日NHKで放送の番組「あさイチ」で紹介された糸魚川の「サケの魚醤」に関する情報です。

 年3万本以上の大ヒットとなっている魚醤は、新潟県糸魚川市(いといがわし)の高校生が部活で作った、サケの魚醤でした。


Sponsored Link

新潟県立海洋高等学校

 あさイチで紹介されたのは、、新潟県立海洋高等学校でした。
 同校のキャリア教育を推進するために、一般社団法人能水会と糸魚川市が立ち上げた事業所「シーフードカンパニー能水商店」が製造しているのが、産卵のために地元の川に帰ってきた鮭を丸ごと使ったさかなのおしょうゆ「最後の一滴」です。

 いしるやしょっつる、ナンプラー等の魚醤は独特な風味を持つことで知られていますが、「最後の一滴」の風味には遡上してきたサケを原料にしているため、脂が少なく、クセがなく、ほのかな鮭の香りと豊かなコクをお楽しみいただけます。

地元の能生川に遡上(そじょう)するサケは、漁協がイクラを採った後、捨てられていました。このため、海洋高等学校の生物資源研究部の生徒がサケをもっと有効利用しようと、3年前に開発したのがこの魚醤です。

 最後の一滴という商品名には、糸魚川で最期を迎える鮭を大切に使いたいという思いと、料理の最後に使用すると美味しいという意味が込められているそうです。

お買い求めはこちら 海洋高校の魚醤「最後の一滴」

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介, あさイチ
-