テレビで紹介

【モシモノふたり】神田うの×コシノジュンコの女子会全アイテム

2016/09/12

神田うの×コシノジュンコ

 2016年9月7日フジテレビ系で放送の番組「モシモノふたり」で放送された「神田うの×コシノジュンコ」に関する情報です。


Sponsored Link

明治屋

 神田うのさんがパーティー用の食材をお買い物されていたのは、東京の広尾にある高級スーパー「明治屋」でした。

 公式サイト→【明治屋】広尾ストアー

 広尾の高級スーパーと言えば、もう一か所ナショナル麻布マーケットもありますね。

 海外のスーパーみたいで、眺めるだけで楽しい。

 神田うのさんが買ったチーズはクセのない「ブリー」タイプでした。

昼シャン用ドリンク

 うのさんが昼シャン用に購入したのは「ドンペリ」ことドンペリニヨンでした。

 ご自宅用にもダースで(12本入り)購入されているとのことでした。

 ドンペリと一言で言っても白以外にロゼ(通称:ピンドン=ピンクのドンペリ)や通称ゴールド、プラチナなど様々なランクがあるのですが、お会計が他のものも含めて3万円台だったので普通の白のドンペリと思われます。

 またうのさんが「自分が飲んだりするのは最近は・・・」と笑いながら言っていたのは「ヴーヴ・クリコ」でした。笑いの意味は「ドンペリより安いシャンパンだよ」という自嘲ですね。

 ヴーヴは確かにドンペリよりお値段が安いというのもあるのですが、一人用だとしたらおそらくハーフサイズの375mlが飲み切りサイズでお手頃なので、それをうのさんも飲まれているのかもしれません。
 シャンパンは発泡酒なので飲みやすいけど、アルコール度数は12%前後と日本酒並みなので、女性が自分一人で飲むならハーフサイズがちょうどいい量です。

 うのさんがご自宅のパーティで「75年のムートンも2本、開けている」と言っていた5大シャトーのワインはこちら。

 今まで飲んだ一番高いお酒は「ロマネ・コンティ」で100万円以上ということでした。
 ロマネ・コンティはヴィンテージ(年代)によっては高額で取引されますが、逆にヴィンテージによってはお安いものもあり、近年のものなら20万円以下で買えます。

 

黒トリュフ

 うのさんがスーパーの次に向かった先は西麻布にあるフレンチレストラン「マルゴット・エ・バッチャーレ(Margotto e Baciare)」でした。

 トリュフが名物のお店です。



 芸能界きってのグルメ王のアンジャッシュ渡部さんも以前ジモン・渡部のこれが絶景肉料理だという番組の中で、こちらのお店の「特製ピラフ」を紹介されていました。

 ちなみに、うのさんが「安い!」と言っていた黒トリュフは100gで19,400円でした。

 うのさんが購入さたトリュフは新鮮な生トリュフと思われますが、冷凍のものなら19,400円でおつりが1万円以上出ます。

パーティー会場

 コシノジュンコさんが出演されるということなので、パーティー会場はもしかして青山のコシノジュンコさんのご自宅かなと思いましたが、撮影用のスタジオでした。
 うのさんが「この部屋、死んでる」と言っていたのもうなづけます。

 こちら→Pia31 Bayside

 「女子会」と言っても、番組のためにスタジオを借りてそこで「仮想女子会」を開いてもらったんだと思います。

 ちなみに、以前テレビで放送されたコシノジュンコさんのご自宅の様子はこちら→★コシノジュンコさんのご自宅と息子さんメレンゲの気持ちで紹介

 うのさんが「部屋が死んでるから、フレッシュなお花を飾りたい」と、ご自宅から持ってきたのはバカラの花瓶(ベース)でした。

 うのさんが今回お花を注文したのは、品川にある生花店「第一フラワー」さんでした。
 番組ではパーティー会場まで出張してもらって、生花を買い付けていましたが、これはよほどのお得意様でないとないサービスではないでしょうか。

 公式サイトを見ると、歌舞伎・芸能界・政財界関係者御用達のお店だそうです。

 公式サイト→株式会社 第一フラワー

出張シェフ

 うのさんが「いつも来てもらっているの」と言っていた出張シェフは、麹町にあるイタリアンのお店「エリオ」のシェフでした。
 イタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニさんが来日された時に、こっそりと行っていたお店だそうです。

 お店では実際に「シェフ派遣」のサービスを提供しています。
 うのさんによると「10万円以上で来てくれる」ということでした。

 詳細→エリオ「シェフ派遣」

うのさんのワンピース

 お着替えされたうのさんが着用されたいたのは、ご本人のブログで「こちらは、その時の衣装 ISSA(イッサ)です」と紹介されているとおりISSA(イッサ)というロンドンコレクションブランドのドレスでした。

イギリス王室のキャサリン妃もご愛用のブランドだそうです。

コシノジュンコ先生の手土産

 デザイナーのコシノジュンコさんが手土産として持参されたのは、ご自身がラベルをデザインされた日本酒「五凛(ごりん) JUNKO KOSHINO」と、味までプロデュースした梅酒「間(ま)」、「極 KIWAMI」という調味料のセットでした。

米良さんのおみやげ

 「もののけ姫」の主題歌を歌った歌手(カウンター・テナー)として有名な米良美一さんのおみやげは、
「これ飲んでからシャンパン飲むと悪酔いしない」
 という、牛乳から作られた甘酒、百白糀(ひゃく びゃく こうじ)でした。

アンミカさんのおみやげ

 モデルのアンミカさんのおみやげはフードジュエリーとも言われているブリスボールでした。
 ブリスボールはお砂糖とグルテンと添加物を一切使わず、ドライフルーツやナッツなどを原料に作られる、オーストラリア発祥のスイーツです。

コンソメスープ

 うのさんが前日から仕込んだお料理、「カニとトマトのコンソメジュレ」のジュレに使用したコンソメスープの缶詰は、帝国ホテルの1缶700円のものでした。

 お料理の器として使用されていた「割れてもキレイなグラス」は、うのさんの私物「スワロフスキー」のカクテルグラスでした。



スワロフスキー(SWAROVSKI)カクテルグラス[ペア]


 トリュフ入りのグラタンを盛りつけていたお皿もうのさんの私物の「ロイヤルコペンハーゲン」のブルーフルーテッドでした。

 デザートのティラミスのお皿も、うのさんの私物、ミントンでした。

 うのさんがティラミス作りに使用したノンカフェインで有機栽培のコーヒーは「マウントハーゲン」のインスタントコーヒーでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビで紹介
-