【旅サラダ】少年隊の東山さん宿泊の山形の温泉旅館

東山紀之さんが山形へ




 2016年9月24日テレビ朝日系で放送の番組「旅サラダ」の「ゲストの旅」のコーナーで、少年隊の東山紀之さんが泊まった山形の旅館に関する情報です。

 開湯(かいとう)900年の歴史ある温泉街「赤湯温泉(あかゆおんせん)」にある、源泉かけ流し、客室は7室のみの大人の隠れ家的お宿が紹介されました。


Sponsored Link

櫻湯 山茱萸



 東山紀之さんの宿泊されたホテルは、山形県南陽市赤湯にある「櫻湯 山茱萸 (さくらゆ さんしゅゆ)」でした。

 客室は全部で7室のみ。
 全室、源泉かけ流しの露天風呂付きです。

 主室、寝室、リビングと3間もある広々とした間取りで、各部屋でそれぞれ異なる湯舟の専用露天風呂では、庭を望みながら源泉かけ流しの湯が楽しめます。



 東山さんが泊まったのは「秋海棠(しゅうかいどう)」というお部屋でした。
 掘りごたつのリビングのある、広々とした間取りです。




大浴場もあります

 お部屋の露天風呂の他に、大浴場(内湯)と大きい露天風呂もあります。





 泉質は「含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉」。

 効能は「慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、やけど、虚弱児童、神経病、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進」です。

お食事

 お食事は月替わりの懐石料理です。

 ゆったりと、じっくりと、お部屋食でお召し上がりいただけます。





 「朝食」も、お部屋でお召し上がりください。



 朝食は「和朝食」または「洋朝食」からお好みを選べます。

くわしくはこちら 櫻湯 山茱萸 (さくらゆ さんしゅう)

お酒

 東山さんがお食事の時に召し上がったお酒(日本酒)は「東の麓(あずまのふもと)酒造  つや姫 なんどでも」でした。


 何回飲んでも美味しい、熱燗から冷酒、「何度」にして飲んでも美味しいという意味のネーミングです。

 2016年度の「ワイングラスで美味しい日本酒アワードの最高金賞」を受賞しました。

 翌日、東さんが直接尋ねた酒蔵「東の麓」で召し上がったお酒はこちら。

 お店の場所はこちら→東の麓酒造有限会社



 東さんが酒蔵で「初めて食べた。美味しかった」と言っていたのは「おかひじき」でした。

 私は普通に近所のスーパーで時々買っています。
 サッと茹でてダシ醤油やマヨネーズであえるだけで美味しく頂けます。
 歯ざわりがとてもシャキシャキしていて、味としてはあまりないけど、食感がたまらないですね。

赤湯温泉の由来

 今から900年の昔、八幡太郎義家(源義家)の弟義綱が、草刈八幡のお告げで、渾々と湧き出す湯を発見しました。

 戦いで傷ついた家来たちを湯に入れると、たちまちのうちに傷が治り、傷からでた血で温泉は深紅に染まったといわれています。そしてこの地が「赤湯」と呼ばれるようになったと伝えられております。


 

くわしくはこちら 櫻湯 山茱萸 (さくらゆ さんしゅう)

にほんブログ村 テレビブログへ