テレビで紹介

【イッピン】山梨の和紙でできたバッグ

投稿日:2016年10月15日 更新日:

紙をモダンに!~山梨の和紙製品~

 2016年6月21日にNHKのBSプレミアムで放送された「紙をモダンに!~山梨の和紙製品~」が、2016年10月16日にNHK総合で再放送されます。
 (※2017年3月15日「ヒルナンデス」でも「東急プラザ銀座を掘る」のコーナーでSIWA Collection(シワコレクション)が紹介されました)

 10キロの重さにも耐えられる丈夫さの紙のバッグや、色の濃淡が美しいランプシェードなど、山梨から生まれた和紙製品を女優の南沢奈央さんが紹介します。


Sponsored Link

紙でできたバッグ


【トートバッグ 和風】[山梨県/SIWA 紙和(シワ)]


 東京銀座のショップなどで、注目を集めている「紙でできたバッグ」が紹介されました。


SIWA | 紙和 トートバッグ M 軽量


 このバッグは山梨県にある和紙メーカー大直(おおなお)が、デザイナー深澤直人さんと共に立ち上げた「SIWA・紙和」というブランドの製品です。

 大直が開発した破れない和紙「ナオロン」を使用して、生産されています。

ナオロンとは?

 新素材「ナオロン」とは、木材パルプとポリオレフィン繊維からなる原料を、和紙と同じ手法で漉いて、高温ドラムで乾燥させてつくられています。

 軽量化を実現しながら、丈夫で水にも強いという特性をもち、和紙特有の手ざわりや素材感を保ちつつ、使い込むごとに柔らかな風合いを増す素材です。

 紙の帽子は↓こちら。

SIWA ハンチング

 ■楽天で探す>>>楽天「SIWA」一覧

 ■Amazonで探す>>> Amazon「SIWA」一覧

 ■銀座のお店は→★SIWA Collection(シワコレクション)東急プラザ銀座店

立体和紙のランプシェード

 立体和紙を使用したランプシェードは、山梨県の身延町で、戦国時代から受け継がれてきたという「西嶋和紙」の組合が共同開発した「凸凹 AKARI」という商品でした。

 通販などはないようで、身延町にある「なかとみ和紙の里」という和紙の展示・販売をしている場所の「紙屋なかとみ」というショップで取り扱っているようです。

 公式サイト→★なかとみ和紙の里「紙屋なかとみ」

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。