テレビ番組 テレビで紹介

【イッピン】岐阜の厚さ1mmの美濃焼「エッグシェル」

2017/06/01

極限まで薄く 美しく~岐阜 美濃焼~

 7月にBSプレミアムで放送された「イッピン」の美濃焼の特集が、2016年10月30日NHK総合で再放送されます。

 「極限まで薄く 美しく~岐阜 美濃焼~」と題して、「卵の殻」のように薄くて軽い磁器のカップ「エッグシェル」や、透き通るように薄い、丸直製陶所の磁器「スキトオ」などが紹介されます。


Sponsored Link

スキトウはどこで買える?


 およそ1mmという薄さが特徴の丸直製陶(まるなおせいとう)さんの陶器「スキトウ」は、そのほとんどがD&DEPARTMENT(ディアンドデパートメント)をいうセレクトショップのお店で販売されています。

 番組で紹介された世田谷のセレクトショップというのも、このD&DEPARTMENTの2000年11月にオープンした第1号店D&DEPARTMENT TOKYOと思われます。

 店舗は現在、世田谷以外にも全国にあります。

 店舗リスト→D&DEPARTMENT 店舗情報

 通信販売→透き通るように薄い、丸直製陶所の磁器 | D&DEPARTMENT


Sponsored Link

有田焼のエッグシェル

 現在日本国内で「エッグシェル」といわれる陶器を作っているのは、今回の丸直製陶所さんの他に、有田焼の窯元が一件あるのみだそうです。



 その有田焼の窯元「やま平窯」も以前、某テレビ番組で「厚さ1mmの有田焼」と紹介されたそうです。

 イッピンで紹介された丸直製陶さんも確かに素敵だと思いましたが、あまりに入手経路が少ない(ほぼD&DEPARTMENTが独占)なのがとても残念ですね。

 なぜか楽天に一点だけ、丸直製陶さんのお椀が販売されていましたが、もっと色々なところで買えるといいんですが。

その他のエッグシェルの陶器の一覧はコチラから

エッグシェルの転写の技法を発展

 上記の「エッグシェル」の柄は、和紙から模様を転写させたものでした。

 この転写の技法を発展させた、話題のうつわがあります。
 手触りがよく、モダンで美しい柄は、そのひとつひとつが盛り上がり、つややかな光沢を放っています。



 数々のデザイン賞を受賞し、世代を問わず大人気のこの陶器は、岐阜県瑞浪市にある美濃焼を代表する最高品質の鋳込み(いこみ=溶かした原料を鋳型に流し入れること)メーカー「株式会社 深山」の商品です。

 番組で紹介されたのは、深山のSuuun(サーーーン) というシリーズでした。

 Suuun(サーーーン)のうつわにはサイズがいろいろありますが、放送で紹介されていたのはおそらく「8oldglass」という大きめのロックグラス(湯呑み)ではないでしょうか。



 今回のNHK総合での放送は再放送なので、すでにこちらの商品は大人気で売り切れ。入荷待ちの状態です。

くわしくはこちらへ 美濃焼卸問屋 イチヤマヘイ陶器【深山 miyama】

酸化亜鉛の神秘的な模様

 酸化亜鉛(さんかあえん)の効果で、神秘的な模様が浮き出るうつわは、岐阜県多治見市にある寿泉窯(壽泉窯・じゅせんがま)の結晶釉(けっしょうゆう)でした。


「焼き物」「陶器」が好きな方にはこちらもおすすめ

 ★ソロモン流の中川一辺陶と雲井窯

 ★ガイアの夜明けで紹介された大阪梅田の和食器のお店

 ★あさイチで紹介された民芸の和食器と専門店

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介
-