テレビ番組 テレビで紹介

【手帳】ワナドゥ手帳の「お弁当」を買いました!

2017/06/01

ワナドゥ手帳

 先日朝の情報番組ZIPで「ワナドゥ手帳」が紹介されました。

 ワナドゥ手帳とは、生活雑貨を扱うチェーンストア「ロフト」がオリジナルで販売している趣味や生活に特化した手帳です。

 「読書」「映画」「旅行」・・・など、趣味にしたいこと、興味があることがジャンル別で一冊の手帳になっています。

 特に日付やカレンダーなどはないので、気になった日から、趣味を始めた日から、その記録と記憶を、手帳に残していくことができます。

ロフトネットストア|ワナドゥ手帳

ワナドゥ手帳「お弁当」



 ワナドゥ手帳の存在は以前から知っていたのですが、テレビで特集されているのを見てから、何故かどうしても欲しくなり、LOFTへ。

 あれこれ本当に沢山種類があり、「映画」や「読書」などの定番ものも気になりましたが、ちょうど子どもの運動会のお弁当を作ったばかりだったので「お弁当」を購入しました。

ワナドゥ手帳 お弁当

 中は見開き2ページで2つのお弁当が記入できるようになっています。
ワナドゥ手帳 中身

 はっきり言って開きづらいです。

 「ほぼ日手帳」は「180度パタンと開く糸かがり製本」という作りになっていて、分厚い手帳ですが開きやすく、手帳を開いて手を離しても、手帳が閉じません。

 LOFTさんも「ほぼ日手帳」を見習って、『ワナドゥ手帳』も「180度パタンと開く糸かがり製本」でどうか、お願いします。

 中に「しおり」になっているカレンダーが同包されているのですが、表裏で「2015年・2016年」となっている古いものでした。
ワナドゥ手帳 カレンダー

 お店では見本の手帳で中身を確認して、実際購入するのはビニールコーティングされた手帳なので、中は見れないんですね。帰宅して開けたら、カバーの見返しにこのカレンダーが挟まっていて「あら便利」と思ったのもつかの間、あと2ヶ月しか使えない・・・・

 今はさむんだったら、せめて「2016・2017」ですよね。できれば「2017・2018」が理想的。

 つまり、2017年の手帳売場で買った私ですが、「ワナドゥ手帳」に関しては「いつからでも始められる」というコンセントのため、どうやら2015年頃のものを買ってしまったようです。

 手帳自体は汚れもなく、問題もないのですが、この「カレンダー」は・・・・
 こんなことになるならいっそ、こんなおまけ、不要だと思いますが。

記入例

 ワナドゥ手帳はどれも、最初の数ページが写真集のような、フォトブックのようなつくりになっています。正直このスペース「いらないページでは?」という意見もあるみたい。私も「ワナドゥ手帳・お弁当」を買って、お弁当のおしゃれな写真が10ページもあるのを見て、
「このページいらね!」
 と思いました。

 せいぜい2ページくらいで十分ではないでしょうか。なんだかダメ出しばかり言ってますが、これは愛情の裏返しです。気に入ったからこそ、「もっとこうしてほしい。もっと良くして欲しい」と思って、あえてダメ出しさせていただきます。

 その「いらない」写真集のあとに「使い方」「記入例」のページが2ページあります。写真ページはいらないから、もっとこの「記入例」を増やして欲しいですね。

ワナドゥ手帳 記入例

写真はどこで?

 デフォルトで「フォトorピクチャー」というスペースと「メモ」「メニュー」のスペースがあります。

 「フォトorピクチャー」はイラストが上手な人は手書きのイラストが味があって良さそう。

 私は絵心がないので(笑)、スマホで撮影した画像を、コンビニのプリンターでプリントしました。

 昔はパソコン用に自宅で使うプリンターも購入していましたが、年賀状以外ほとんど使用しない事に気づいた今は、プリンターを処分して、ほとんどコンビニでプリントしています。何の不自由のありません。

 セブンイレブンやファミリーマートでは、自宅から登録サイトに画像を送信して、それをコンビニのプリンターで印刷する「ネットプリント」というサービスがあります。

 セブンイレブン→セブンイレブン「ネットプリント」

 ファミリーマート→ネットワークプリント|パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷

 ローソンやサンクスもファミリーマートと同じ「ネットワークプリント」サービスが利用できます。

 「ワナドゥ手帳」のためにファミリーマートの「ネットワークプリント」で印刷した、普通サイズの写真は1枚30円でした。

ロフトネットストア|ワナドゥ手帳

運動会のお弁当

 子どもが幼稚園の時代から、運動会のお弁当は毎回頭を悩ます作業でした。

 私は以前は、専用のノートを作って、数ヶ月前から雑誌やネットで見つけた「運動会のお弁当」のアイデアやノウハウをメモしていました。

 さらに、大事なことは、毎年「反省点」を残しておくこと。
 例えばある年は「果物は多すぎて残った」とか「煮物が少なかった」とか、「飲み物はもう少し多めに」とか、次回に気をつける点を必ず書き残しておきました。

 これがあるとないとでは、大違いです。

 まあ、よほど記憶力の良い方なら、1年後の運動会でも、前回の記憶が頭に残っているかもしれませんが、私のような忘れっぽい人間は、毎年、
「えっと・・・まず何だっけ・・・」
 と、考えてしまいます。

 なので、「運動会のお弁当用の記録は、専用にノートを作って毎年書き残す」ということを実行していた私は、ワナドゥ手帳の「お弁当」を見て、
「これだ!こっちの方がいい!」
 と飛びつきました。

 そうなんですね、私はすでに似たようなことをやっていました。

 お弁当というのは結局、経験の積み重ねだと思います。

 私は、家庭の事情もあって、中学生の時からお弁当を作っています。
 中学生時代は週1回でしたが、高校生の時は月金で週5日、毎日自分で作ったお弁当を持参しました。
 それは、最終的には「定番おかず」の、判で押したような内容。つまり、毎日同じおかずの、同じお弁当でした。

 定番化したことで、朝わずか5分でお弁当は完成するようになりましたが、まあはっきり言って食べ飽きましたよね(笑)。今でも覚えている内容は「カニカマ・ゆで卵・レンチンコロッケ」のおかずトリオです。ゆで卵を入れるのは、卵焼きだと朝焼く必要があるけど、ゆで卵なら前日の夜作っておいて、朝は切るだけで済むからでした。

 まあ、正直「我が子にはそんなお弁当、持たせたくない」と思っています。

 うちの子はまだとうぶん給食があるので、お弁当は運動会や遠足の時だけですが、今から「ワナドゥ手帳」に記録を残して、中学生になって毎日お弁当が必要になった時、「ワナドゥ手帳」が私オリジナルの最強のレシピ集になるように、これからも頑張って記入していきたいと思います。
 縁起でもないことですが、母である私に万が一のことがあった時は、我が子が「ワナドゥ手帳」を見て、何かの参考にしてほしい。私自身がそうだったので・・・(そして、何の参考もなく途方に暮れてたので)。

 LOFTさんも、もしこれをご覧になって頂けたなら、「180度パタンと開く糸かがり製本」だけでもなんとか、改善して頂けたら幸いです。

 くわしくはこちら 【3点まとめて買うと10%OFF】ワナドゥ!!手帳

にほんブログ村 テレビブログへ



-テレビ番組, テレビで紹介
-