テレビ番組 テレビで紹介

【ガッテン】腰痛対策のバスタオル枕といえば・・・

2016/11/03

腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

 2016年11月2日NHK総合で放送の番組「ガッテン」で紹介された「腰痛対策」に関する情報です。

 番組では今回、腰痛患者の8割が改善するという体操が紹介されました。

 腰痛の原因のひとつは「寝返りが少ない」ことであり、あるストレッチをすることで、症状が劇的に改善することもあるということでしたが、私が注目したのは番組の放送の最後にちょっとだけ紹介された「手作りのまくら」です。

 実は私も、ある時期その枕で寝ていました。
 その枕とは、バスタオルと座布団で作る「快眠枕」です。


Sponsored Link

ストレッチと安眠枕

 今回番組で紹介されたストレッチの方法と、安眠枕の作り方は「ガッテン」の公式サイトにあります。

 こちら→【ガッテン】 解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

山田先生の枕?

 私の記憶が正しければ、10年位前に爆笑問題司会のテレビ番組「スパスパ人間学」で、同じような枕が紹介されていました。

 色々検索したものの、当時の番組の情報は見つからず、ひょっとしたら違う番組かもしれないのですが、とにかく「安眠枕」はその後もいろいろな健康番組で紹介されています。

 開発されたのは女医の山田朱織(やまだ しゅおり)先生です。

 「駆け込みドクター」でも紹介されました。
 腰痛だけでなく、肩こりや様々な不調にも効果が期待できるまくらです。



 私も何度かテレビで見て、自作して使っていたことがあります。

 山田先生が院長を務める整形外科には「枕外来」という科まであるそうです。

 病院の公式サイト→16号整形外科(院長:山田朱織)

 山田先生の場合、以前は「座布団とバスタオル」で作るまくらを紹介されていたようですが、現在は「玄関マットとタオルケット」で作る枕を提唱されています。

 詳しい作り方は→身近なもので作れる整形外科医直伝の快眠「玄関マット枕」って?

 「ガッテン」を見た時「あれ?これ山田先生の枕・・・」と思いました。
 かなり長い期間、山田先生の枕で寝ていました。
 ちゃんと作ると、寝返りもしやすくて、本当に良い枕だとは思うのですが、いかんせん「自作」で、バスタオルや座布団を重ねただけのものなので、うちのような「布団の上げ下ろし」がある場合はその度に「タオル1枚レベルの厚み」の微調整をしないといけなくて面倒です。

はっきり言ってテンピュールは・・・

 山田先生も「固い枕」を勧めておられます。

 固い枕のほうが寝返りしやすく、それがイコール安眠につながり、腰痛だけでなく、首、肩、腕の痛みなども軽減します。

 わかってはいたのですが、どうしても「一度、テンピュールを使ってみたい」と思って、1万円近いお値段のテンピュール枕を買いました。

 結果的にはテンピュールは大失敗でした。すぐにどうこうなった、というわけではないのですが、使用して半年くらいから肩コリがひどくなって、右肩だけがいわゆる「四十肩」という状態で上がらなくなり、現在は西川の「肩楽寝」という枕に変えています(安いので間に合わせで買ったまでですが)。

やはり山田先生の枕は魅力

 しかし、改めて今回「バスタオルと座布団で作る枕」を「ガッテン」で見て、山田先生の枕の良さを再認識しました。

 そんなに大変な作業でもないので、もう一度同じ枕を作って、寝てみようかなと思います。

 山田先生はオリジナルの枕も販売されていますが、これは高さをその人に合わせて作る「オーダーメイド」の枕です。

 こちら→オーダーメイド枕の整形外科枕を販売する山田朱織枕研究所

 できればこの枕が欲しい・・・・・

 「ガッテン」の今回のテーマは「腰痛」でしたが、あの「バスタオルと座布団のまくら」は腰痛だけでなく、片頭痛や首の痛み、肩こり、手のしびれなど、かなり良い効果が期待できます。

 もっと詳しいことは、こちらへ↓


睡眠姿勢革命 MAKURAinBEDがヒトの一生を変える



にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介
-