星野源ファンはジェラシー!映画「箱入り息子の恋」は「逃げ恥」の原点

星野源さんっ!

 TBSで放送中のドラマ「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回がせまっています。

 つい最近まで、星野源さんをテレビで観てもなんとも思わなかった。
 今年の4月に「うそ太郎」を見た時は、クスッと笑って、それでおしまいだった。

 去年、Eテレの「眠いいね」にゲストで出られた時も又吉さんばかり観ていた。

 ところがどうでしょう。

 「逃げ恥」の回を重ねるごとに、私の中で星野源さんへの恋心が高まっていく。
 役どころの「ひらまさ」さんを越えて、源さんの魅力に気づき始めた人は私だけではないはず。

 いや、ちょっと前まで「真田丸」を観て「なんで秀忠が星野源なの?」とか思っていたんだよ。
 「逃げ恥」も初回を見た時は「また、契約妻みたいな話か。二番煎じだな」と、すぐにチャンネル変えたんだよ。

 ところが、「逃げ恥」の浸透力がハンパない。

 初回の数分で観るのをやめたはずなのに、じわじわ、じわじわ、侵食してくるのよね。

 忘れもしない「第6話」。

 ネットニュースで日増しに「TBSのドラマ『逃げ恥』が人気」というのを目にする機会が増えて、気になって「第6話」を見た。後悔した。初回で「二番煎じ」とか言って、やめるんじゃなかった。1話からもう一度、ちゃんと観たいと思った。

 動画サイトに落ちてないかななんて思ったけど、TBS公式の「1~3話ダイジェスト」しか見つからなかった。
 で、それを見て、7話以降は毎週リアルタイムで見ている。

 どんどん、星野源のファンになってる。

 「逃げ恥」だけじゃ物足りなくて、動画サイトで星野源関連のものを見まくっている。


Sponsored Link

ベッドシーン

 逃げ恥第9話でついに一線を超えた平匡さんとみくりさん。

 だけど、まあ、テレビドラマだし、昨今のコンプライアンス云々とか、ドラマのテイストとかもあるのだろう。
 サラッとしたベッドシーンでしたね(笑)。

 というか・・・ほとんど二人が寄り添ってシングルベッドに寝ている映像だけでした。あとは音声で・・・。

 これがムズキュンどころか、火に油を注ぎましてですね、執念で見つけた平匡さんの濡れ場、あいや、星野源さんのベッドシーンがこちら(削除されているかもしれません)。

 2008年の坂井真紀さん主演の映画「ノン子36歳(家事手伝い)」のワンシーンです。
 坂井真紀さんと星野源さんの、かなり濃厚なベッドシーンがあります。


ノン子36歳(家事手伝い)

逃げ恥の原点?

 そしてもう一つ。

 「逃げ恥」は確かに主演のガッキーの可愛さもあるけど、わたし的に星野源さんがはまり役で、そこが成功のポイントではないかと思っています。

 こんなこと言ったらなんだけど、「みくり役」は有村架純でも、北川景子でも、井上真央でも、それなりにしっくりくるような気がする。

 だけど「平匡役」は星野源さん以外に思い当たらない。

 DT(byみうらじゅん)感を漂わせながらも、男性的魅力もある役者なんて、そうそういませんよ。岡村隆史じゃ老けすぎだし、某J事務所の人だとDT感に欠けるし、えなりかずきじゃ魅力は疑問だぞ(勝手な人選、ごめん)。



 本当に「平匡さん」て、星野源以外に思いつかない。他では、絞り出して浅利陽介さんあたりでしょうか。
 でも、浅利さんは実生活では既婚者なので、いくらドラマと言えどもプライベートを完全に切り離しては観られないと思います。

 みんな、藤井隆さんが「逃げ恥」で嫁や結婚の話をする時、ドラマの上での役柄とはいえ、頭でリアル嫁の乙葉さんを思い描いていませんか?だったとしたら、平匡役はやっぱり独身男性に演じてほしい。

 ・・・・てなことを思いながら、動画サイトを「星野源」キワードで彷徨っていたら、「逃げ恥」の原点ともいえる映画の予告に遭遇。

 これで合点がいきました。

 「逃げ恥」のキャスティングが人選が先なのか、作品が先なのかは不明ですが、まちがいなくこの映画「箱入り息子の恋」が選考の要素に入っていますよね。

 2013年公開の映画「箱入り息子の恋」で星野源さんが演じる「彼女いない歴=年齢」の主人公「天雫(あまのしずく)健太郎」は、「35歳の男性」「生真面目で内気な性格」「これまで女性との恋愛経験が無い」など設定はほぼ「逃げ恥」の平匡さんと同じです。

箱入り息子の恋 2013
 そうか、ここに原点があったのか、という気がしました。

 予告編しか見ていないのでストーリーはわからないけど(観たら書きます→観ました↓に追記あり)、「うわー」て星野源さんが走るシーンは、そのまんま「逃げ恥第9話」でもやってましたよね。あれってひょっとして、この映画へのオマージュってやつ?

 ちなみに「箱入り息子の恋」は純愛と思いきや、ベッドシーンが多い。

 今すぐみたい方は有料サイトにちゃんとしたのがあります。

 こちら→Amazonビデオ「箱入り息子の恋」

 こちらも→楽天SHOWTIME(ショウタイム):「箱入り息子の恋」

【追記】「箱入り息子の恋」の感想

 逃げ恥ロスに備えて(笑)早速「箱入り息子の恋」を観ました。
 盲目の女性と彼女いない歴35年の男性のラブストリーです。やはり源さんの演じる役は「平匡さん」によく似た人物像でしたが、実家ぐらし、人嫌い、実家がなんかボロい・・・という点で平匡さんより不幸そう。

 さらに「格差婚」的なテーマもあって、お相手の女性、夏帆(かほ)さん演じる奈穂子さんは目が不自由だけどお父様は会社経営者で豪邸に住んでいる。一方、市役所勤務の星野源さん演じる健太郎の実家はどう見ても築30年以上は経過していそうな砂壁で狭小な住宅。
 市役所に就職してから13年間、ずっと昇進もせず「記録係」をしている健太郎を、奈穂子の父は見下して、交際を断るのですが二人は惹かれ合い・・・・というところでここにもかなりのムズキュンが。

 しかし2度あるベッドシーンは赤裸々です。特に2度めのベッドシーンね。逃げ恥のベッドシーンが不完全燃焼だった方には、いいかもしれないけど、源さんファンにはジェラシーかも。

 あと、終わり方ね。
「え?これで終わり?」
 ていう感じで、なんだかちょっと納得いかない感じもするけど、あの名画「風と共に去りぬ」だって「え?これで終わり?」ていう終わり方をしているので、それはそれでありだと思います。

 この映画の完成披露試写会の時に、源さんが「夏帆さんと結婚します」と発言したという情報があって、リサーチしたら、これは単純に胸に付けられた「まるで結婚式の新郎のようなブートニア(コサージュ)」を見て、冗談で言っていたようです。
 見て損はない。特にラスト近くの「うわ~」て健太郎が駆け出していくシーンは、感動的でした。あと、牛丼屋で再会するシーン、めっちゃもらい泣き。ドラマと違ってコンパクトにまとまっているだけ「逃げ恥」より私は好きかも。


逃げ恥ロス


逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
 最近のドラマはまず先にキャスティングが決まる。作品や脚本はそのあと、と聞いたことがあります。

 つまり、出演者のスケジュールをおさえておくために、先に誰と誰でドラマを作るか決めて、あとから「何をやるか」を決めるっていうじゃないですか。

 もし、そうだとしたら、まず「星野源と新垣結衣でドラマを」というキャスティングありきで、「どんな作品にしようかな」という選考があったのでしょうか?(あくまでも私の個人的な推測です)。

 その中で、星野源さんの過去の作品、映画の中に「箱入り息子の恋」があり、「こんな感じのストーリーがいいね」と探して「逃げるは恥だが役に立つ」のコミックに白羽の矢が刺さったのか?

 だとしたら、その作品を選んだセンスに脱帽ですね。

 逆に「逃げ恥」というコミック原作でドラマを、という企画が先にあったのだとしたら、平匡役に星野源を持ってきたセンスがもう、神ってる(笑)。

 いずれにしても、あと1話で逃げ恥は最終回です。
 ついでにいうと、星野源さんが徳川秀忠を演じるている「真田丸」もラスト1話。

 「逃げ恥」ロスというか、こうなってくると「星野源ロス」ですよね。

 このあとはラジオの「星野源のオールナイトニッポン」と、NHKの「LIFE!~人生に捧げるコント~」を追いかけます。
 ANNのドリンクタイム、毎週楽しみにしていますっ!

 去年の今頃は又吉さんを追いかけていた私。

 結局、私は、ただの流行りもの好き、だったのですね(笑)。

 何が「神」と言って、去年の2月にEテレで放送された「お休み日本 眠いいね!第9弾」の星野源さんゲスト回が、又吉さんと星野さんダブルで堪能できて、まったく個人的ではありますが「神回」と言わせていただきます。
 又吉さんの隣に星野源さんが座ると、若干、パンサー向井に見えなくもないのですが(謎)。

 「キスの仕方」に関する話題がもうっっっ!源さんのファーストキスエピソードもねっ!源ちゃんの前歯になりたい!!

 この番組、去年も又吉さん見たさに何度も録画を見たのですが、今また、星野源さん目当てで新鮮な気持ちで見られます。
 一粒で何度もおいしい。
 

 星野源さん関連グッズはこちら Amazon「星野源」



にほんブログ村 テレビブログへ