テレビ番組 テレビで紹介

【イッピン】秋田角館の樺細工(かばざいく)

2017/05/12

秋田 角館の樺(かば)細工

 2016年12月27日NHKBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「秋田県角館の樺細工」に関する情報です。

 角館の名品「樺細工(かばざいく)」が特集されます。
 樺細工とは、ヤマザクラの樹皮を使って作られる工芸品です。
 元々は、武士の手内職でした。

 山桜の樹皮を加工することから、「桜皮細工」とも呼ばれています。


Sponsored Link

海外でも大人気のトレイ

 モダンなフォルムとシャープな色のコントラストで海外でも大人気のトレイとは「冨岡商店」の「kasanegasane(カサネガサネ)」というシリーズのお盆です。

 樺細工と大館曲げわっぱという秋田県の2つの伝統工芸がコラボしたトレイで、曲げわっぱをベースに、その周りに桜の皮を貼った帯を重ね、両側の帯をそり上げて少しずらす事で持ち手を作っています。

茶筒

 使いやすくて気密性も高い茶筒は角館の樺細工の代表作とも言えます。

 最高級品は茶筒とはいえ、5万円以上します。

 最安値のものは三千円以下で買えますが、こちらは内側はブリキになっており、表面にだけ桜皮を貼り付けた「樺細工風」の茶筒です。

 まだまだあります 【楽天】角館の樺細工一覧はコチラから

 



にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介
-