テレビで紹介

【マツコの知らない世界】イヤでも目覚めるアプリとは?

投稿日:2017年1月31日 更新日:

おひとりさまアプリの世界

 2017年1月31日TBS系で放送の番組「マツコの知らない世界」で放送予定の「おひとりさまアプリの世界」に関する情報です。

 「アプリタレント」「アプリソムリエ」として活躍するタレントの今井安紀(いまいあき)さんが、マツコさんに「本音をさらけ出したい!」人に最適なアプリ、「イヤでも目覚めさせてくれる」アプリ、「ストレス解消」に使えるアプリ、「写真を修整して“盛れる”」アプリなどを紹介します。


Sponsored Link

イヤでも目覚めさせてくれるアプリ

 イヤでも目覚めさせてくれるアプリとは、「デラオキ」です。



 Androidはこちら→『デラオキ』爆音目覚まし時計

 イヤでも起きるしくみは「大音量でなったアラームは、一定回数本体を振るまで止まらない」という機能があるからです。




絶対に寝坊できない人には・・・

 それでも起きられない。二度寝してしまうという方には、JRで採用されている「強制目覚まし装置」はいかがでしょうか。

 これは「装置」と言うだけに、アプリではありません。
 壮大な装置と言っても過言ではない!

 設定した時刻になると、敷布団と背中の間にあるエアバッグに空気が注入され、いやでも上半身が「起こされる」という装置です。

 動画はコチラ。

 これは本来、絶対に寝坊できない鉄道関係の宿舎(朝、定刻通りに始発電車を発車させるため)などで使用されているものを、一般用に改良したものです。

 ただ、ネックは「お値段が高い」ということです。
 今の技術なら、もっとお安くならないんでしょうか・・・・。

 こちらもおすすめ 電気ショックで起こす腕時計



にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。