嵐紹介の京都の抹茶ティラミスは地味に関東進出していた


 ★「ぐるナイ」の日本庭園風抹茶パフェの情報はコチラへ

佐々木蔵之介と京スイーツに舌鼓!

 ★PC版の表示はコチラ

 日本テレビで放送中の「嵐」のバラエティ番組「嵐にしやがれ」の2017年1月28日の放送で紹介された「抹茶ティラミス」に関する情報です。

 佐々木蔵之介さんをゲストに招き、最新の京都のスーツが紹介されました。

 その中でも「最大3時間待ちの行列スイーツ」と紹介された四条河原町の「MACCHA HOUSE抹茶館」の「宇治抹茶ティラミス」をリサーチしました。



場所と住所

 京都の「抹茶館」は四条河原町の交差点の近くにあります。
 カラオケ館四条河原町本店のとなり。河原町オーパ(OPA)の河原町通りをはさんで向かい側です。



 住所:京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町382-2
 食べログ情報によると予約不可。

 食べログ→マッチャ ハウス マッチャカン 京都河原町店 (MACCHA HOUSE 抹茶館)

"😍OMG!! OMG!! OMG!!🍃" ~🍰Green tea tiramisu🍃~ •🍴Share ur Dish by Tags, @Aroibkk 🚩: Maccha House 抹茶館 ,Kyoto Japan 📽: @kirakira.mwam

🍴 Eat Food Bangkok Thailand 🇹🇭さん(@aroibkk)が投稿した動画 –





台湾や香港、シンガポールにもある「抹茶館」




 「何だ外資系だったのか!」「中国企業かよ」というのはまちがい。

 チェーン展開している企業のおおもとは、日本で「自然食レストラン はーべすと」や「雛鮨」「しゃぶ菜」などを展開する「クリエイト・レストランツ・ホールディング」です。

 クリエイトレストランHDの岡本晴彦(おかもとはるひこ)社長は兵庫県姫路市出身。87年東大経済学部を卒業。同年、三菱商事に入社し、日本初のスープスタンド「スープストック東京」の立ち上げに携わるなどしたのち、三菱商事在籍中に「クリエイト・レストランツ」を創業。2003年、三菱商事を退社し、社長に就任(岡本晴彦氏プロフィールより)。

 この「クリエイトレストランツHD」が、2010年10月に100%出資により「中国創造餐飲管理有限公司」を設立。
 さらに2012年7月に中国国内(香港)での店舗展開を積極的に進め、事業の拡大を図ることを目的として、子会社の中國創造餐飲管理有限公司を通じて、孫会社を設立しました(クリエイト・レストランツHD/香港に展開 (2012.06.22)|流通ニュースより引用)。

 その孫会社というのが「抹茶館」を直接展開している香港創造餐飲管理有限公司なんですね。

 つまりまとめると、日本の企業が100%出資して中国に作った会社の、さらに子会社(つまり日本企業の孫会社)が「抹茶館」ブランドを展開しています。

 中国や台湾で成功したので、日本でも・・・ということでコンセプトは逆輸入ですが、「日本で、日本人が美味しいと思うものの中から香港で喜ばれるものを厳選して提供する」という理念のもとに香港、台湾に進出したので、基本は「日本人が美味しいと思うもの」です。

なぜ?京都に


 しかし、明確に言えば、確かに「京都のスイーツ」というコンセプトは微妙ですね。
 「3時間待ち」という大行列に並んでいるのは、たぶん京都以外の観光客の方がほとんどではないでしょうか。
 数年前も「都路里」の抹茶パフェがブームになって、祇園本店に鬼のような大行列ができていたことがありますが、近くを通ったらほぼ並んでいるのは「修学旅行生」でした。

 生粋の京都人は「歴史」や「ルーツ」にかなりうるさいので、いくら人気のスイーツでも、
「そんなん、昔からありました?」
 という部分は厳しく見ていると思います。

 だた、京都と無関係というわけでもないんですね。

 「抹茶館」のスイーツに使われているお抹茶は、天保7年(1836年)創業の京都・宇治の老舗お茶やさん「森半(もりはん)」のお茶です。

 なので「抹茶館」が森半の経営しているスイーツのお店と思っている人も多いようですが、材料は「森半」、店舗経営は「クリエイトレストランツHD」ということになります。




森半のスイーツは通販で買える

 「抹茶ティラミス」の通信販売はありませんが、「森半」はネットショップがあるので、森半の抹茶スイーツは通販できます。

 特にこちらの「森半のチーズケーキ」は「抹茶ティラミス」同様に「森半の抹茶」と「クリームチーズ」が原料なので、かなり「抹茶ティラミス」に近いのではないでしょうか。

 3時間も並びたくない。通販でお取り寄せしたいという方にはこちらがおすすめですね。


半熟抹茶フロマージュ 5個入り

 

くわしくはこちら 【森半】

実は京都以外にもあった「抹茶館」

 京都の四条河原町には長蛇の列ができている「抹茶館」ですが、実は滋賀県にもあります。


 滋賀県蒲生郡竜王町にある「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」にも「抹茶館」はあり、京都と同じ「抹茶ティラミス」が食べられます。

 くわしくは→三井アウトレットパーク 滋賀竜王『MACCHAHOUSE 抹茶館』

そして昨年末、ひっそり関東に進出していた!

 さらにリサーチしていくと、驚きの情報がっ!(笑)。
 実は、関東にも出店していた!

 ただし、店名は「抹茶館」ではありません。




 場所は鎌倉。お店の名前は「もみじ茶屋」です(なぜ別名?)。

 2016年12月20日に鎌倉、小町通りに和カフェ「もみじ茶屋 鎌倉小町通り」がオープン
 「複数のメディアで取り上げられている京都の人気スイーツ「MACCHA HOUSE 抹茶館」の抹茶ティラミスもここ、「もみじ茶屋 小町通り」で食べられる」そうです。

 お店の名前が違うし、抹茶ティラミスが入っているマスの烙印もなんだか違う・・・もしかしてパクリなのかしらと一瞬思いましたが、やはり運営会社は「抹茶館」と同じ「クリエイトレストランツHD」でしたので、京都と同じです。

 公式サイト→もみじ茶屋 鎌倉小町通り|レストランサーチ|クリエイト・レストランツHD



 ただし食べログの評価は微妙でした。
 う・・・・ん、レシピは同じはずだけど・・・。

 こちら→もみじ茶屋 鎌倉小町通り – 鎌倉/カフェ [食べログ]

抹茶ティラミスのレシピ

 「森半」ではなく、伊藤園のサイトに「抹茶ティラミス」のレシピがあります。
 当然、材料は伊藤園の商品になっていますが、森半の抹茶を使って作れば、「抹茶館」の味により近づくかもしれません。

 レシピ→抹茶ティラミス | レシピ | 伊藤園


あなたにおすすめの関連情報

 ★【ぐるナイ】ナイナイの岡村さんおすすめの日本庭園風抹茶パフェ

 ★【満天青空レストラン】宇治抹茶スイーツとグリーンティ

 ★【和風総本家】ヨーロッパで人気の『山形の茶そば』とは?

 ★岐阜のわけありスイーツ新杵堂のロールケーキ切り落とし

にほんブログ村 テレビブログへ