ネットで話題 テレビで紹介

2017高島屋アムールデュショコラのおすすめはパトリック・ロジェ

2017/05/11

高島屋のアムールデュショコラにあの!

 2017年の「チョコの祭典」に関する情報です。

 バレンタイン直前の今の時期、バレンタイン抜きでも各地で開催される「チョコの祭典」が気になりますよね。

 楠田枝里子じゃなくても、チョコのことが頭から離れない。
 「ゴディバ」さえ買っとけば間違いなかった昔が懐かしい。

 私がほしいのは本命や義理のチョコでも、友チョコでもない、自分へのご褒美『自分チョコ』です。

 「マツコの知らない世界」に影響されて、普段は素通りしているピエール・マルコリーニ横浜店には今月2度も行った私です。

 冷蔵庫の中にはまだピエール・マルコリーニの看板商品ともいえる「パレ ファン」の食べ残りがあるのですが、昨日ラジオで言ってた高島屋のチョコ祭典「アムールデュショコラ」のおすすめチョコの話がどうしても気になって、「アムールデュショコラ」のことを調べているうちに耳寄り情報が!これは行かねば!


Sponsored Link

高島屋にパトリック・ロジェが!


 あの、パトリック・ロジェが!高島屋の「アムールデュショコラ」に出店していた!!

 ということで、私の「アムールデュショコラ」のイチオシ・おすすめ商品は「パトリック・ロジェ」です。

 ・・・・なんて言ったらチョコレート通みたいだけど、このチョコは去年「マツコの知らない世界」で楠田枝里子が日本未発売と紹介していたフランスの「まぼろしのチョコ」です。

 どうやら現在はパトリック・ロジェの公式サイトから日本へも空輸してもらえるそうなんですが、送料が高い!コチラの方のブログ情報によると、最低でも送料が30ユーロです(重さによって上乗せ)。

 2017年2月12日現在のユーロのレートで換算すると、1ユーロ120.46072 円。
 ということは120円として×30で3,600円。
 送料だけで3,600円。

 公式サイトでおすすめ商品になっている「アソートメント(25個入り)」のお値段が30ユーロ。

 つまりきょうのレートで合計60ユーロで7,200円。
 上記の実際に注文された方のブログによると、その他の発送手数料や、銀行への入金手数料はかからないということでしたが、送料の高さや「支払い方法はCIC銀行のオンラインペイメント」というなんだか複雑なことを考えたらやはりフランスからのお取り寄せは難しそう。万が一トラブルがあった時の対処も日本語でできるのか心配になるしね。

 そんなパトリック・ロジェ、高島屋のチョコの祭典に出店しており、高島屋のオンラインサイトでも通販できたようなんですが、今は通販は売り切れのようです。
 ただし「通販の在庫復活してた」という情報もあるので、念のため確認してみて。

 


くわしくはこちら 2017高島屋のバレンタイン

 また、Amazonでも通販できるようですが、これは転売?お値段高すぎ。パリから空輸で取り寄せるより高額になっています。

パリ発 パトリック・ロジェさんの絶品チョコレート (アソートメント, 25個入り)
 「直送」と書いてあるので、日本のAmazonで注文すると業者が代行して通販サイトに申し込み、入金するのではないでしょうか。届いた商品に問題があったら「最寄りのFedEx(フェデックス)に破損のクレームをお願いします」とか、自分で対処しろという注意書きがあり、怪しすぎる。代金も上乗せしすぎだし。

プラリネの魔術師

 楠田枝里子様いわく、パトリック・ロジェは「プラリネの魔術師」だそうです。

 「プラリネ」とは製菓用語というか洋菓子の手法の1つで、本来はナッツ類に砂糖を加えて混合することだそうですが、チョコレートにおける「プラリネ」は、それらのナッツ類とチョコレートを混合すること、あるいはチョコレートでコーティングすることの意味でもちいられます。

 先日買ったピエール・マルコリーニのパレファンも「厚さ4mm、極薄のプラリーヌ(プラリネの意)」というのがキャッチフレーズで、どうやらチョコレート界のひとつのトレンドが「プラリネ」なのかもしれません。

 「マツコの知らない世界」の楠田枝里子第1回で「中身がほとんど液体!」とマツコさんが驚いていた「プラリネ」の真骨頂がこちらの半円級のチョコ(ボール状に見えますが半円)。


パトリック・ロジェ以前は伊勢丹にあった

 いろいろ調べていくと、実はこの「パトリック・ロジェ」、以前は伊勢丹で開催のサロン・デュ・ショコラに出店していたようなんですね。

 2012年の情報がこちら。



 2014年も伊勢丹。


 何だこんなにしょっちゅう日本で売られていたのかよ、全然「まぼろし」でも「パリでしか買えない」でもないじゃん!・・・・というツッコミはぐっと飲み込みました(笑)。

 伊勢丹vs高島屋の、水面下での激しい攻防が想像されます。
「どこのブランドを招聘するか」
 で、激しく「ショコラティエ」を取り合っているのではないでしょうか。

伊勢丹オンラインストア

伊勢丹サロン・デュ・ショコラには行けない

 イベント的には伊勢丹の「サロン・デュ・ショコラ」の方が盛況だけど、
「伊勢丹で小じんまりやっていたころが良かった」
「人が多すぎて行く気が失せる」
「昔が懐かしい」
 という意見も多く目にしました。

 伊勢丹のチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」は、東京に関して言えば2014年まで新宿伊勢丹で開催されていたのですが、2015・2016年が新宿NSビル、2017年は東京国際フォーラムと、年々会場を拡大。それにともない来場者も急増。入場制限までされる事態となっています。(伊勢丹さん、よく考えたほうがいい)。

 その原因の一旦となっているのが、人気パティシエ、ショコラティエご本人が来日して、トークショーをしたり、ブースでサインや写真撮影に応えたりしてるからだそう。

 たしかに、天才パティシエとか、国際的なショコラティエご本人に会えるとなったら、マニアにはたまらないのかもしれないけど、そりゃまた別の場所でやってほしいわよね。
 単純に「チョコが買いたい」という人まで巻き込んで、マニアのお祭りに翻弄されるのはどうかなと思う。
 こちとら子連れ必須なので、何時間も並ぶと聞いただけで行く気失せます。


高島屋でパトリック・ロジェを買った人の口コミ

 実際にパトリック・ロジェを買った口コミはこちら。




 「売り切れていた」という情報と「在庫沢山」という情報があります。
 おそらく、早い時間に行けば在庫豊富だと思います。





 ということで近々高島屋で「パトリック・ロジェ」を買いたいと思います。
 ↑の画像にある「5,508円」ていうお値段見て若干引いているけど、買いたい。

 こちらもおすすめ 高島屋の新行列「オードリー」のグレイシアとは?

現物入手

 追記です。

 今、4月末です。
 2月時点でのこの記事を読んで、その後実物を買ったことを追記していなかったことに気づき、書き込もうとはしているのですが・・・・いかんせんもう2ヶ月前のことなので、記憶が・・・・・(すいません)。

 結局、高島屋で無事「パトリック・ロジェ」を買いました。
 たしか・・・・バレンタイン直前の2月12日とか、13日頃だったと思いますが、パトリック・ロジェの在庫はたっぷりありました。

高島屋 パトリック・ロジェ 実物

高島屋 パトリック・ロジェ 実物

 全部、自分で食べたった(笑)。
 肝心のお味なんですが・・・・あまりに「ゲットすること」に重きを置いてしまったため、味の記憶が曖昧です。なんというか「燃え尽き症候群」みたいな感じで、買った時点でもう満足してしまった感があります。

 正直なところ2ヶ月経過した現在、はっきりとした味の記憶がありません。

 私にとって、チョコと言われてすぐ舌に呼び覚ませる味の記憶は「パトリック・ロジェ」よりも、ブラックサンダーとか明治の板チョコくらいです。安い舌ですいません。



にほんブログ村 テレビブログへ



-ネットで話題, テレビで紹介
-,