テレビ番組 テレビで紹介

L4YOUで紹介の腰痛を切らずに治す整形外科医住田先生

2017/06/03

望クリニック


Sponsored Link

 2017年2月22日テレビ東京系で放送の番組「L4YOU!(エルフォーユー)」で紹介された「密着!腰痛を切らずに治す整形外科医」に関する情報です。

 紹介された腰痛のスペシャリスト、ゴトハンドと呼ばれている整形外科の先生は、東京都豊島区にある「望クリニック(のぞみくりにっく)」の住田憲是(すみた よしかず)院長でした。

 ◆関連情報→→→ミヤネ屋紹介の天気痛外来がある病院はここ!予防法も!


痛みの原因は仙腸関節(せんちょうかんせつ)



 住田先生は、腰痛の「85%の原因は仙腸関節の機能性障害」と言って、
「仙腸関節の中の動きを改善する治療法」
 として患者さんの腰のあたりを触り始めました。

 一見するとマッサージのようなこの治療が「AKA-博田法(えーけーえー はかたほう)」と呼ばれる腰痛の治療法だそうです。

AKA博田法とは?

 


 AKAとは「関節運動学的アプローチ」の略称。

 住田先生の師匠でもある博田節夫さんという医師の方が、1979年から約10年かけて開発された治療法であり、現在は「日本AKA医学会」を組織しており、この学会で正規に教育を受けた医師と理学療法士・作業療法士のみが治療を行うことが出来るのだそうです。


Sponsored Link



 放送で紹介された「望クリニック」の患者さんたちは誰もが驚きの感想を語っておられました。

 腰の手術寸前までいった患者さんも、住田先生のAKA-博田法の治療を受けたことで、手術せずに回復したということでした。

腰痛予防体操

 一度腰痛が出てしまっている方には適さない体操です。

 あくまでも「腰痛予防」としての体操として紹介されました。

 1.両足を少し開いてまっすぐに立つ

 2.体をゆっくり前・後に倒す(前屈、後屈する)

 3.痛くない程度にそれを3回くり返す

 たったこれだけでした。

 長い時間座っていたりして、腰痛になりそうな時に「予防法」としてこの体操をやるとよい、とのことです。

 ただし、前に体を倒す時は、「中腰になるので決して深く曲げないこと」という注意点がありました。

予防ポイント

 住田先生による予防ポイントは以下の4点でした。

 ・できるだけ中腰姿勢を避ける(やむ終えない時は「これから中腰になるぞ」と意識するだけでも筋肉の働きが良くなる)

 ・体を冷やさない(カイロなどを貼る・ぬるめのお風呂に入る)

 ・長時間同じ姿勢をとらない(30分以上は長時間と思って予防体操などをする)

 ・疲れをを溜めない

 また、腰痛のある人は横向きで寝るほうがいいそうです。
 痛い方を上に向けてヒザを曲げて横向きになるといいということでした。

 病院はこちら 望クリニック 公式サイト



にほんブログ村 テレビブログへ



-テレビ番組, テレビで紹介
-