テレビ番組 料理 テレビで紹介 お料理番組レシピ レシピ

【沸騰ワード10】伝説の家政婦シマさんのキャベツまるごと使い切りレシピ

2017/06/17

最新情報

 →→→2017/6/9放送の「イチゴジャムとカブの漬物」のレシピはこちら

 志麻さんのレシピ本は2017年7月6日に出版の予定です。
 出版元は「主婦と生活社」。レシピ本は志麻さん単独ではなく「作りおき四天王」と呼ばれる、家事代行のメンバーの4名の共著となる予定。

 楽天ブックスでは現在予約を受付中です。

 ここから下の記事は2017年3月の放送当時の内容です。

凄腕家政婦の志麻さん

 2017年3月18日、日本テレビ系で放送の番組「沸騰ワード10」で紹介された「家政婦のシマさん」に関する情報です。

 元フレンチのシェフで、現在家事代行サービスで主に「つくりおき」のタスカジさんとして活躍されている「志麻さん」のお料理が紹介されました。

 ご当地パンの情報はこちら→福島&滋賀で超人気のご当地パンとは?

 シマさんのカバンの中身はこちら→伝説の家政婦しまさんのカバンの中身を検証

 こちらもおすすめ 【おは朝】食事を家まで届けてくれる介護サービス

志麻さんのキャベツまるごと使い切りレシピ

 番組を見て、わかる範囲で志麻さんのレシピをまとめました。

 一玉のキャベツを使い切るレシピです。

 調味料の量などは目分量でした。
 「参考レシピ」を元に、各ご家庭で調味料の量、味付けは工夫されてください。
「あれも、たぶん入っているのではないか?」
「たぶん、こうやるんじゃないか?」
 という私の予想の箇所には(私目線)と入れました。

【材料】(キャベツ以外は私目線です)
 ・キャベツ・・・一玉
 ・ニンジン
 ・たまねぎ
 ・じゃがいも
 ・ソーセージ
 ・豚バラブロック
 ・とり肉
 ・合い挽きミンチ
 ・厚切りベーコン
 ・豆の水煮(ミックスビーンズ)

【作り方】

 1.まずキャベツ一玉を以下のように切り方を変えて切っていく。
  A.みじん切り→スープ・メンチカツ
  B.せん切り(3cm)→シュークルート
  C.せん切り(2cm)→?
  D.せん切り(1cm)→コールスロー
  E.ざく切り(かなり多め)→トマト煮込み

 気になる方はそれぞれ、ザルで一度ざっと洗って、水切りして下さい(私目線)

 2.Bの3cmのせん切りキャベツを鍋に入れ、酢と塩で漬けておく(シュークルート用)

 3.「2」にニンジンやタマネギを加え、火にかける

 4.「3」に白ワインとお酢を入れ煮込む

 5.(ここから私目線)「4」にソーセージ、厚切りベーコン(もしくは豚バラブロック)、じゃがいもなども加え、煮込む

 【参考レシピ→Cookpad「即席シュークルート 」

 6.Aのみじん切りキャベツの半分は、さいの目切りした人参やタマネギ(私目線)と、豆と一緒にスープとして煮込む

 豆は最初に食材が映った時の映像から
 ↓こちらのものが使用されていると思います。

 【参考レシピ→フジッコ愛情レシピ「キャベツと豆のスープ」

 7.Dの1cmのせん切りキャベツはハムやタマネギ、ニンジンとともにコールスローサラダにする

 【参考レシピ→きちんとレシピ「キャベツとハムのコールスロー」

沸騰ワード10 志麻 レシピ


 8.Eのざく切りキャベツはとり肉とトマトで煮込む

 【参考レシピ→あさこ食堂「鶏肉とキャベツのトマト煮込み」

 9.Aのみじん切りしたキャベツでメンチカツも作る

 【参考レシピ→AJINOMOTO PARK「キャベツ入りメンチカツ」

 ・・・・なぜか、最初の段階で映像にあった「2cmのせん切り」の行方が不明でした(笑)

 うちでもちょうど昨日、冷蔵庫にかれこれ2週間以上残ってたキャベツがあって、ざく切りにしてニンジンといっしょに千代の一番だしコストコのクレイジーソルトで煮込んでスープにしたら、「これ、めっちゃ美味しい!」と子どもに大好評でした。

沸騰ワード10 志麻 レシピ

 うちはとにかくワンパターンで、残り物野菜は全部、
「まとめて煮込んでスープ」
 ですね(笑)。もっとバリエーション増やしたいと思いました。

 あと契約者の方に「子どもに手づくりの『母の味』を食べさせてやれ!」と批判がいかないかと、余計な心配をしながら観てしまいました。

ヨーグルトの粕漬け

 ヨーグルトでつくる粕漬け風のレシピは家事えもんで人気の「得する人損する人」の2016年11月3日の放送でも「豚肉の味噌ヨーグルト焼き」で紹介されていました。

 このときは

 ・ヨーグルト 大さじ2
 ・味噌 大さじ1
 ・しょうが甘酢漬け(がり) 大さじ1

 の3つを袋に入れて、そこに豚肉(豚ロース薄切り 2枚)を入れて、粕漬け風にしていました。
 「魚を漬けると粕漬け風に。野菜を一晩漬けると乳酸菌の効果で旨味アップ」と紹介されていたレシピです。

 詳しくは「得する人損する人」の公式サイトへ(リンク先の赤い(詳細はこちら)ボタンをクリックしてくだい)。

 こちら→「特損レシピ」2016/11/3放送内容

保存容器

 作り置きしたお料理の保存容器はおそらくジップロックコンテナだと思います。

 料理研究家の山本ゆりさんもレンジ料理でジップロックコンテナを愛用されています。

 ジップロックの会社が出している、保存容器なのですが、そのまま食材を入れて、電子レンジで加熱することもできるので、保存と調理の両方につかえて、とても便利なグッズです。

 最近コストコにハマっている私としては、やはりコストコの大容量のジップロックコンテナが欲しいなと思っているのですが・・・・

 冷蔵庫に保存スペースがないので無理!

 とあきらめています。

 うちの冷蔵庫はちょっと小さめで、容量が少ないので、「つくりおき」にしろ「コストコアイテム」にしろ、まず第一に冷蔵庫を買い替えたい!

「つくりおき」より「つかいきり」

 以前つくりおきおかずが続かない私の4つの理由にも書いたとおり、私は「つくりおき」というのは苦手で、どうしても「腐ってないの?」と心配になってしまいます。

 「つくりおき」よりも「つかいきり」がこれからのキーワードではないでしょうか。

 今、できるだけ努力しているのは、野菜を使う分だけ洗ったり切ったりするのではなく、どうせまな板を出してカットするなら、まとめて全部切って、冷凍保存することです。

 例えばタマネギやニンジンなら、使用する分だけカットしないで、他の料理にも使えるように、一気に全部「せん切り」「さいの目切り」「みじん切り」など、パターンを変えて切ってしまい、保存容器に入れて冷凍しています。

 まだまだ「使いきり」には極意があると思っています。

 私も「つくりおき」はあまり興味ないけど、今後「つかいきり」は勉強していこうと思っています。


ウィークックナビの一週間de食材使い切りレシピ

にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, 料理, テレビで紹介, お料理番組レシピ, レシピ
-