テレビドラマ

半沢直樹 5話の感想

投稿日:2013年8月13日 更新日:



半沢直樹 第5話の簡単なあらすじ

 8/12放送の「半沢直樹」第5話、観ました。

 簡単なあらすじは「半沢が東田の隠し財産を突き止め差し押さえ。負債5億を回収し、浅野支店長は半沢に謝罪。半沢は浅野に、刑事告発を見送る代わりに「東京中央銀行本部、営業第二部次長」のポストを要求。浅野は半沢をそのポストに推挙したあと、半沢の代わりにマニラへ出向となる。」でした。

 

前回の予想と相違点

 前回の5話の予想(半沢直樹第5話のあらすじ(ネタバレ)と後半の始まり )はほぼ、放送に近かったかなと思います。

 第5話は予想以上に原作どおりでした。
 「花」のメールに浅野支店長が焦る場面や水族館の場面、東田を懲らしめる場面、最後に浅野支店長の妻が現れる場面など、原作に忠実だったばかりか、セリフもほぼ原作どおりでした。

 ただ、冒頭の未樹が一見寝返って国税に味方したような場面や、江島夫人の占い、浅野支店長のマニラへの出向などは原作にはない、テレビオリジナルのストーリーでした。

 原作での浅野支店長は「支店長職を解かれ、本部での出向待ちへ転出」と書かれているだけで、その後どうなったかは書かれていません。

 もう一つ、最大の原作との相違点は、半沢のお父さん(笑福亭鶴瓶)のストーリーですね。

原作の半沢のお父さん

 原作では、半沢直樹のお父さんは自殺していません

 テレビでは、産業中央銀行に融資を断られ自殺。5話のラストで、その担当者の顔が映りました。それは現常務の大和田(香川照之)でした。

 6話以降のドラマ後半では、新しいエピソード(伊勢島ホテルの120億の負債)と共に、半沢の真の復讐劇、「父の仇(かたき)」が幕を開けるのかもしれません。
 半沢が本部営業第2部への移動を願ったのは、単なる出世欲ではなく、亡き父の仇討ち、大和田への復讐のチャンスを狙っていたのかもしれません。
 この部分は完全に、ドラマオリジナルのストーリーですね。

 原作でも半沢のお父さんは、ネジを作る中小企業の経営者です。
 5話のラストで半沢が手にしていた白っぽいネジ、あれは原作では特殊な素材で加工された、従来のネジより軽くて丈夫な新製品で、半沢の父はその開発に5年を要したそうです。
 一時は父の会社が業績不振になり、ドラマと同じように産業中央銀行の担当者に融資を断られています。

 しかし、原作では、父の会社はなんとか持ち直し、半沢が銀行に就職する時、「銀行員である前に人であれ、だ」と息子に言葉を送り、ネジをお守り代わりに渡しています。

 また、父の会社の融資を断った産業中央銀行の担当者は人事部の木村部長代理という人物で、ドラマでは浅野支店長が土下座していましたが、原作では木村部長代理ががまず半沢に「5億回収できた時は、土下座してやるよ」と暴言を吐き、ラストで本部に栄転してきた半沢に「約束を果たしてもらいましょうか。いま」と言われて、土下座させられています。
 原作ではこの木村部長代理の土下座で、父の仇はとったという感じでした。

 ドラマでは後半、もっと話が膨らむ様子です。

5話の感想

 5話で半沢と花が抱き合っていた夜景の綺麗な場所は、公式サイトのスタッフの方の日記によると「六甲の展望台」だそうです。
 日記→鬼軍曹日記 Vol.8:2013-06-14
 おそらく正式名称は芦有ドライブウェイ 東六甲展望台(ろゆうどらいぶうぇい ひがしろっこうてんぼうだい)だと思います。

 綺麗でしたが、同じく公式サイトの「プロデューサー日記」の5話に関した部分に「あとは、CGの入れ込みを済ませば納品となる。」と書いてあるので、CGで加工されているのかも。

 夜景のシーンがCGで云々とか書いてあるわけではないけど、5話でCGて言ったら・・・・水族館のシーンか夜景のシーンくらいですよね。爆破とか、火事とか、何かが崩壊とか転落とか・・・そんなシーンなかったし。ちょっと綺麗すぎる夜景でした。

 正直「胸がすくようなラスト」ではなかった気がします。
 まあ、まだラストではないけど。

 最後の最後に浅野支店長を刑事告発しなかった点はやはりちょっと腑に落ちませんね。
 というかそれじゃあ、浅野が東田からもらった5千万円は?株の損失の穴埋めに使ったから、右から左で残っていないとはいえ・・・・返さないんだ。公金横領ですよね?
 原作がそうだから、しょうがないけど。

 あと東田はどうなったのかしら?これは原作にも出てこないんだけど、「くー、ちくしょー」てなったあと、どうなるの?法的なことはよくわからないけど、法人税法違反とかだよねえ・・・。

 まあ、細い事を気にしたら、今ひとつスッキリしない感じもする前半終了でした。

 巷ではこのドラマ「勧善懲悪」と言われているけど、王道の勧善懲悪ドラマ「水戸黄門」や「遠山の金さん」などは、最後の最後に「大どんでん返し」よね。水戸黄門が最初から悪代官に「この無礼者!」「馬鹿者!」とか、言ったりはしない。なんなら逆に、悪代官から「何だ爺さん、そんなことも知らないのか」などとバカにされたりして「いや、すまないねえ」と謝ったり、腰が低かったり、遠慮がちだったりする。ラストで印籠が出て、初めて周りがひれ伏すよね。

 しかし、半沢直樹はわりと早い段階から、上司に向かって言いたいこと言いまくり、反抗しまくりだったよね。これって水戸黄門なら8時10分くらいにもう印籠出しちゃってる感じよね(笑)。

 これも原作がそうなっているから、まあ、それでも面白いと思うけど、往年の「勧善懲悪ドラマ」にするなら、もう少し半沢を忍耐強く、「おしん」のように耐えて耐えて、反論や反抗もせず、ラストまで引っ張って、最後に「これでもか」という反撃を見せて欲しかった。

 キレまくりもいいけど、ドラマ後半はもう少し耐えて引っ張ってほしいわ。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ いつも応援、ありがとうございます

-テレビドラマ

執筆者:

関連記事

「巡る因果」ウォーキングデッド シーズン6第15話のあらすじ

ウォーキング・デッドシーズン6第14話<<前 HOME 次>>ウォーキング・デッドシーズン6第16話 Contents1 ウォーキングデッド シーズン62 シ-ズン6第15話”East(東 …

ウォーキング・デッド シーズン8第7話「心の葛藤」あらすじ

ウォーキング・デッドシーズン8第6話<<前 HOME 次>>ウォーキング・デッドシーズン8第8話 Contents1 ウォーキングデッド シーズン82 シ-ズン8第7話”Time for …

ウォーキング・デッド シーズン8第1話「全面戦争」あらすじ

ウォーキング・デッドシーズン7第16話<<前 HOME 次>>ウォーキング・デッドシーズン8第2話 Contents1 ウォーキングデッド シーズン82 シ-ズン8第1話”Mercy(情け …

「迷いの森」ウォーキングデッド シーズン6第6話のあらすじ

ウォーキング・デッドシーズン6第5話<<前 HOME 次>>ウォーキング・デッドシーズン6第7話 Contents1 ウォーキングデッド シーズン62 huluでもFOXのリアルタイム配信がスタート! …

「惨き鉄槌(むごきてっつい)」ウォーキングデッド シーズン7第1話のあらすじ

ウォーキング・デッドシーズン6第16話<<前 HOME 次>>ウォーキング・デッドシーズン7第2話 Contents1 ウォーキングデッド シーズン72 シ-ズン7第1話”The Day …




管理人:ヨッシー
昭和生まれの通販・ドラマ・ラジオ好き。あずき茶ともち麦でダイエットに成功した健康オタク。時短節約家事も研究中。目下の悩みは部屋中にある不用品。
断捨離はなかなかうまくいきません。