コストコ 料理 裏ワザ レシピ

超便利!作りおきおかずより時短!節約!の冷凍野菜がいい!

レタスクラブの作りおき特集

 レシピ雑誌「レタスクラブ」の2017年4月25日合併号と、雑誌読み放題の有料アプリ「dマガジン」に関する情報です。

 dマガジンて、ホント便利ですね。
 私は30年間「週刊文春」を読み続けてきましたが、ついに、週刊文春1冊の値段で、およそ180誌以上の人気雑誌が読み放題の時代になりました。


Sponsored Link

 ただし!雑誌の中には人気連載や記事の一部が読めないものもあります。
 例えばAERAは読めますが、AERAで星野源さんが連載している「ふたりきりで話そう」はdマガジンでは読めません。
 他にも、特集の一部だけdマガジンで公開しているけど、後半は読めない・・・というものもあります。

 ananの2月のチョコレート特集も、dマガジンでも読めましたが、知りたい情報(雑誌を買った人がツイートしていた内容)は読めなかったので、この時は雑誌を買いました。


 「日経トレンディ」3月号の文房具の特集も、後半がdマガジンでは見られなかったので、こちらは電子書籍で買いました。


 それでも「dマガジン」は超便利!
 これから買おうかなと思う雑誌の「お試し読み」としても使えるし、何より私がすごく役に立つと思っているのがレシピ雑誌の数々です。

 昨今、お料理レシピはクックパッドなどのレシピ検索サイトでも見られますが、正直なところ、やはりシロウトの人が考案したレシピはなんだか不安です。
 つい最近もクックパッドの離乳食レシピに、0歳児には使うと危険とされている「はちみつ」が掲載されていたことが問題になっていました。

 そんなわけで、私はレシピ検索サイトより、dマガジンのレシピ雑誌の方を愛用しています。

dマガジンで読めるレシピ雑誌

 dマガジンの登録雑誌は続々、増加中です。


Sponsored Link

 ちょっと前まで登録されていなかった私の愛読誌「LDK」も、ついに!昨年末から登録されて、しかもLDKは「こんなに!」というくらい、ほぼ、全ページがdマガジンで読めます。

 女性誌、主婦向けの雑誌なども多数登録されている「dマガジン」ですが、今回は「レシピ雑誌」「お料理雑誌」をメインに紹介します。

 2017年4月現時点での情報になります。

 現在、電子雑誌読み放題の有料サイト「dマガジン」で読めるレシピ・お料理関連の雑誌は以下のものです。

・オレンジページ
・レタスクラブ
・ESSE
・きょうの料理
・3分クッキング
・上沼恵美子のおしゃべりクッキング

 オレンジページとレタスクラブという「2大料理雑誌」がある上に「きょうの料理」や「3分クッキング」などのテレビの老舗的な料理番組の雑誌もあるので、
「今日の晩御飯何にしよう・・・」
 と迷った時、雑誌をパラパラとめくる感覚で、これらのレシピ雑誌をdマガジンで見ていると、困ることがありません。必ず「これ作ろう!」というレシピが見つかります。

レタスクラブの冷凍野菜特集

 そんな「dマガジン」のレシピ雑誌の中でも、今回私が感動したのがレタスクラブ2017年4月25日合併号の「生のまま!野菜の冷凍保存BOOK」です。

 ちなみに、レタスクラブはこれまで発刊から30年の間、毎月10日と25日発売されていた隔週発売の雑誌でしたが、2017年4月から月刊誌(月に一度発売)に変わったので、「合併号」という名称になっていると思われます。


レタスクラブ 2017年4月25日合併号< レタスクラブ

 「生のまま!野菜の冷凍保存BOOK」は、雑誌では「とじこみ付録」となっているようですが、dマガジンでは読めます。
 ただし、後半のレシピ?は全部は掲載されていないようなんですが、前半の「冷凍野菜」の部分だけでも、大変読み応えがあり、私は早速実行しました。

冷凍野菜 作りおき

 どんな野菜が冷凍野菜に向いているか。

 どうすれば冷凍しやすいか。

 どうやって解凍すれば美味しくいただけるか。

 それらの情報が野菜別に掲載されているので、「え?それも冷凍できるの!」「そうか、こうすればいいのか」という情報が満載。

 早速実行したところ、もう料理の時間「時短」しまくりです!!

 もちろん、野菜を洗ったり、切ったり、下処理したり、という時間はまとめてとっておかないといけません。

 以前つくりおきおかずが続かないということを長々と書いた私ですが、これなら続く!すごく簡単。だって野菜を切って冷凍するだけだから(笑)。


Sponsored Link

池上正子さんの冷凍野菜

 レタスクラブの「冷凍野菜」の講師は池上正子さんという料理研究家の方です。

 検索してみたらこの方、冷凍野菜の本も多数出されている方でした。



 作り置きおかずはなんだか好きになれないけど、冷凍野菜はもっともっと活用したいと思います。

 池上正子さん以外の本の気になる。


冷凍野菜の一例

 例えばジャガイモはそのまま生で冷凍すると、黒くなったり、食感が悪くなったりするのですが、さいの目に切って、水によくさらし、よく水気を切ってジップロックに入れ冷凍したら、そのままお料理に使えました。

 冷凍することで野菜の組織に見えない亀裂が入っているので、短時間で茹で上がりほくほくになります。

 だし汁に、冷凍しておいたジャガイモとタマネギを入れ、乾燥わかめを入れてひと煮立ちさせ、お味噌を溶いたら、あっという間にお味噌の完成です。

 タマネギ、ニンジン、ジャガイモなど、いわゆる「カレーセット」のような野菜は、全部さいの目切りにして冷凍しておくととても便利です。

 ジャガイモは水にさらす下処理がありますが、ニンジン、タマネギはそのまま切って冷凍するだけで大丈夫です。

 切り方も、例えばタマネギが4個あったら2個はさいの目、2個は薄切りなどと切り方を変えて冷凍しておくと便利です。

 保存はジップロックを使います。

 先月コストコで買った大容量のジップロックが大活躍!
 以前は「ジップロックは高いから・・・」と、ケチケチ使っていましたが、今は「216枚入り」のジップロックをコストコで買ったので、じゃんじゃん使っちゃってますね。
 「dマガジン」と「コストコ」があれば時短!節約!しまくりです!!!

にほんブログ村 テレビブログへ

-コストコ, 料理, 裏ワザ, レシピ
-