テレビ番組 テレビで紹介

ミヤネ屋紹介の天気痛外来がある病院はここ!予防法も!

ミヤネ屋「天気痛」

 2017年6月2日日本テレビ(よみうりテレビ)系で放送の番組「ミヤネ屋」で紹介された「天気痛」に関する情報です。

 日本で唯一の天気痛の専門医の方が出演され、天気痛について解説されました。


Sponsored Link

女性に多い天気痛

 「天気痛」とは天気の変更によって引き起こされる「頭痛」「腰痛」「肩こり」などの痛みです。

 これらの「痛み」は原因不明と言われる事が多く、頭痛などの痛みは非常に個人的な感覚なので、周囲からは「大げさな」と理解されないことも多いそう。

 特に、これらの症状は女性に多いということでした。

 これは私も思い当たります。ここ数年時々、耐え難い頭痛に寝込むことがあり、更年期障害とか、年齢的な老化と思っていました。
 夫にはやはり理解されず、「また出た、気分屋」だの「さぼりぐせ」だの、心ない言葉を聞かされて腹立たしい思いでした。

 実はこれらの原因不明の「痛み」が天気と連動しているという観点から治療と研究をされているのが、日本で唯一の「天気痛外来」を開設している医師の方です。

天気痛外来

 現在「天気痛外来」は大人気で、半年待ちだと「ミヤネヤ」では言っていいました。

 「天気痛外来」があるのは愛知医科大学の学際的痛みセンターです。

 「学際的痛みセンター」は、痛みのケアは診療科・職種の壁を越えて取り組むべきテーマであるという理念から、日本で初めて創設された総合的痛み診療・研究施設です。

 受診は完全予約制で、ホームページによると「受診施設から地域医療連携室を通して予約してください。」とのことです。

 ホームページ→→→愛知医科大学 学際的痛みセンター

天気痛の専門医

 天気痛外来を開設している医師の方は、愛知医科大学の客員教授・佐藤純医師です。

 本はこちら。


天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 (光文社新書)


天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!

 私も、外来を受診するほどではないけど、本を読んでみようかな・・・と思っています。

チェックリスト

 こんな人は「天気痛」にご注意。もしかして自分もそうかも、と思った方は下記のチェックリストで確認してみましょう。

 慢性的ななんらかの痛みがある方で、以下のチェックリストであてはまる項目が多ければ多いほど、天気痛の可能性があるそうです。

 ・なんとなく雨が降るタイミングがわかる
 ・季節の変わり目に体調を崩すことが多い
 ・寒さが苦手。冷え性
 ・乗り物酔いしやすい体質
 ・飛行機や新幹線に乗ることが苦手
 ・高所が好きではない
 ・耳鳴りがしやすい。耳抜きも苦手
 ・過去に首周りを怪我したことがある
 ・故事や運動で大きな怪我をしたことがある
 ・ストレスが多い

 私は6項目があてはまりました。かなりヤバイかも・・・・。

 天気痛と最も関連性が強いのは「気圧」だそうです。

 そのため高層マンションの高層階に住んでいる人や、ビルの高層階で勤務している人なども注意が必要だといわれています。

微高気圧ルーム

 「ミヤネヤ」でも少しだけ紹介されていましたが、症状が重い方には気圧をコントロールする「微気圧ルーム」という装置がおすすめだそうです。

 ただしこれは非常に高額(約300万円)なもので、設置スペースも必要になります。

 正式名称は「プレッシャワー」と言って、開発には天気痛外来の佐藤純医師も参加されています。

 くわしくはこちら→→→PresShower公式サイト

その他の対処法

 さすがに「プレッシャワー」は高くて買えないという方には身近なもので予防もできます。

酔い止め

 まず酔い止め薬を飲む。

 天気が悪くなって痛みが出る前に、酔い止め薬を飲むことで、天気痛が予防できることもあるそうです。

ツボを揉む

 さらに天気痛が出そうだなと思ったら、30分ごとに5回くらい「内関」というツボをもむのも効果的。

 「内関」は手首を曲げたときにできるシワから指3本分ヒジ側で、腕の真ん中にある2本のすじの真ん中です。

 ここのツボを左右の腕でそれぞれ5回ほどもみましょう。

耳くるくるマッサージ

 耳のマッサージも天気痛の予防効果が期待できます。

 1.耳をつまんで上、下、横それぞれ5秒ずつ引っ張る

 2.耳を軽くひっぱりながら5回まわす

 3.耳を折り曲げて5秒キープする

 4.耳全体を手のひらでおおって、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわす

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村






-テレビ番組, テレビで紹介
-