通信販売 その他

自宅で使える男性用の脱毛器のおすすめ

男性用脱毛器

 男性向けの脱毛器の情報です。

 薄着の季節になって、脱毛を考えている男性もいらっしゃると思います。

 実は女性より、男性の方が「脱毛」に関して悩みが多いとも言われています。
 特に「ヒゲが濃い」「デリケートゾーンの体毛が濃い」という男性は、脱毛サロンに通うかどうか、迷うところですね。

 定期的に脱毛サロンに通う時間の余裕はないし、料金的にもどれだけ費用がかかるのか心配で迷っているという方、ぜひ一度「脱毛サロンに通ったつもり」で、今話題の「光脱毛」の脱毛器を試してみてください!

 決してお安いものではありませんが、脱毛サロンに通って高額な費用を請求されるくらいなら、自宅で使用できる光脱毛器を購入したほうがお得です。
 

一番人気の光脱毛器

 ブラジリアンワックスや除毛クリームなど、自宅脱毛にも色々な方法があります。

 一昔前なら「高周波脱毛器」や「レーザー脱毛器」も人気でした。

 ただし「自宅用」となると、サロンやクリニックの機器に比べて、どうしても出力などに制限があるため、あまり効果が期待できませんでした。

 ところが光(フラッシュ光)をムダ毛にあてて脱毛するタイプの「光脱毛」が登場してからというのも、その手軽さや効果の高さから、あらゆる家庭用脱毛器の中でも「光脱毛」が一番人気となりました。

 光脱毛の仕組みは黒いものにのみ反応する光を照射して、毛を毛根から壊すものです。
 そのため日焼けなどで肌が元々黒い人には、あまり効果がないというデメリットもあります。

商品を選ぶポイントは「カートリッジ」と「照射回数」

 商品を比較する時は「カートリッジ」交換タイプか、カートリッジのない使いきりタイプか?をまず確認しましょう。
 「カートリッジ」とは「光脱毛」の「光」が出る部分(肌に当てて、光を発する部品)のことです。
 
 さらにカートリッジ交換の場合も、使いきりタイプの場合も、それぞれ「照射回数」を確認しましょう。
 光脱毛は強い光をムダ毛に当てて(照射して)脱毛します。
 1回あたりの照射は1秒にも満たない、わずかな時間です。

 この光がムダ毛に当って、脱毛効果を発揮する回数には限界があります。
 通常15万回~30万回の照射が可能です。

 カートリッジ交換タイプは照射回数が終了したら、およそ5000円~1万円のカートリッジを新たに購入して交換する必要がありますが、本体はそのまま故障しない限り継続して使えます。

 一方、カートリッジ交換が不要なタイプは、照射回数が終了したら本体ごと処分します。

 光脱毛器を選ぶ時は「カートリッジ」や「照射回数」の表記がハッキリあることを確認しましょう。

 可能な照射回数の表記がないもの、わかりづらいものなどは、おすすめできない製品です。

おすすめ家庭用脱毛器

 光脱毛の一番人気は「ケノン」。
 カートリッジ交換タイプです。
 ヒゲだけでなく、デリケートゾーンや全身に使えます。
 一度ですべてのムダ毛をゼロにすることはできませんが、定期的に使い続けることで、ヒゲを始めとして体毛全体が薄くなる効果が期待できます。





 男女兼用。お手頃価格でデリケートゾーンのVIO脱毛にも使える「ツーピーエス」もカートリッジ交換タイプで、光を当てる「照射範囲」が広いので、手や足などの広範囲に照射する場合、時間が節約できます。





 アイリスオーヤマの光脱毛「エピレタ」はカートリッジの交換が不要なかわりに、一定回数(約15万回)照射したら新しいものと本体ごと買い換える必要がありますが、その分お値段がお安くなっています。

 15万回照射という回数は、一般的に女性約5人分の全身脱毛が可能な回数です。
 もちろん男性も使用可能。
 ケノンやツーピーエスよりお安いので、とりあえず光脱毛がどんなものか試してみたいという方にもおすすめです。





 美容家電、脱毛器のパイオニア「ヤーマン」の光脱毛「レイボーテグランデ」は10万円以上する高額脱毛器です。
 ヤーマンの「レイボーテシリーズ」の中でも最大の照射面積、最大の出力で、パワフルだから男性の頑固な毛にもおすすめです。





 さすがに10万円以上というのは予算オーバーという方には、同じくヤーマンの「レイボーテシリーズ」のコンパクトサイズもあります。




大手通販サイトにもあります

 楽天はこちら→→→楽天市場でレビュー件数の多い「光脱毛器」はコチラ

 Amazonはこちら→→→Amazonの光脱毛の一覧はコチラ

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村






-通信販売, その他
-,