テレビ番組 テレビで紹介

【旅サラダ】下條アトム山口湯田温泉の高級リゾートホテルと鍾乳洞

旅サラダ 下條アトム

 2017年6月日系で放送の番組「旅サラダ」で紹介された「山口の旅」に関する情報です。

 俳優の下條アトムさんが、40前に映画「八つ墓村」の撮影で訪れたという山口県ヘ旅されました。

 駅前に大きな白キツネの像がある県内最大の温泉地は「湯田温泉(ゆだおんせん)」。
 詩人の中原中也(なかはらちゅうや)の出身地としても有名です。

 山口県は他にも防府市の種田山頭火(さんとうか)や長門市の金子みすゞなど、明治大正の時代に活躍した詩人や俳人を多く排出しています。

 ついでと言ってはなんですが、安倍首相も本籍地は山口県。
 初代総理大臣伊藤博文を始めとして、山県有朋や岸信介、佐藤栄作など全国でも最多の総理大臣を出した県としても有名です。
 


Sponsored Link

八つ墓村

 私達の世代は映画そのものよりドリフターズの志村けんが、「8時だよ全員集合」で散々パロディーのコントをやっていた記憶の方が強い映画「八つ墓村」。

 当時、映画のテレビコマーシャルでさかんに、頭に2本のローソクを立てた映画の登場人物(山崎努?)が「たたりじゃ~!」と叫びながら走る様子は怖くてしょうがなかったですね。

 八つ墓村は何度も映画化されていますが、下條アトムさんが出演された1977年の松竹制作のものが、最大のヒット作ではないでしょうか。


映画 「八つ墓村」 [DVD]

 40年間、CMとコントの「たたりじゃ~」しか記憶のなかった「八つ墓村」ですが、横溝正史の原作も気になりました。読みたくなった。

湯田温泉のホテル

 まるでバリ島かどこかの高級リゾートホテルのような湯田温泉のホテルは「古稀庵(こきあん)」でした。





 古稀庵は湯田温泉にあった「ホテルタナカ」の跡地に2011年7月にオープンしました。

 実は・・・・私、山口県に住んでいたことがあって「ホテルタナカ」は毎年お正月に家族で食事に行く場所だったんです。
 当時(およそ45年前)から「ホテルタナカ」と言ったら、湯田温泉で一二を争う人気の高級ホテルでした。

 ホテルタナカはその後、少し場所を移してホテルニュータナカとしてリニューアル。
 ニュータナカには友人の結婚披露宴などで何度か足を運びました。

 その後閉館したホテルタナカ(旧ホテルタナカ)の跡地にオープンしたのが「古稀庵」でした。

 そこ高級感たるや、旧タナカホテルの時代から知ってる私から見たら驚愕!衝撃!でした。




 なぜならこの古稀庵がある場所、まるで人里離れた山奥かどこかの離島のようなおもむきですが、実は湯田温泉という温泉街のど真ん中です。


 古稀庵の門を一歩出ると、新幹線の新山口駅と県庁所在地の山口市を結ぶ国道9号線が目の前。

 山口線の湯田温泉駅からも徒歩10分と近く、目の前の9号線にはバス停もあります。新山口駅から防長交通(防長バス)で直接「下湯田(しもゆだ)」のバス停に向かってもおよそ20分の距離です。

 くわしくはこちらへ→→→古稀庵(こきあん)

湯田温泉あれこれ

 ここから先は超個人な話ですが、湯田温泉には「スカラ座」という映画館もありました。
 子供の頃から何度も、このスカラ座で話題の映画を見たものです。

 ブルース・リーが死去したあとに遺作として公開された「死亡遊戯」は公開初日にスカラ座で見たのですが初回上映は人が殺到して中に入れず見送り、なんとか並んで2回めの上映を見ることができました。



 当時(およそ40年前)スカラ座の隣には成人映画を上映している映画館が隣接していまいした。「死亡遊戯」の公開初日はあまりの観客の数に急きょ、その成人映画館の上映予定を取っ払って、同じ死亡遊戯を上映するという処置がとられ、スカラ座の担当者の方が「隣の○○館でも死亡遊戯を上映します!隣でもやってます!」とアナウンスしていたのを今でも覚えています。

 「ET」「南極物語」「フットルース」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」・・・・ヒット作は全部、スカラ座で見ました。「ロッキー4」が公開された時は、やはり満席で座ることができず、立ち見をしていて山口大学の大学生(たぶん・・・)と「そこに立つな、見えん」「そっちがそこをどけばええじゃん」とケンカになったことも・・・

 そのスカラ座が5年前に閉館したと知って、時の流れを感じました。
 私は18歳で上京してからというもの、いろいろ事情があって山口へはほとんど行けていません。

 「旅サラダ」でも紹介された中原中也の「帰郷」が胸に突き刺さりますね。


周辺観光地

 山口県の名所と言えば秋吉台(あきよしだい)・湯田温泉・香山公園(こうざんこうえん)の瑠璃光(るりこうじ)・亀山公園(かめやまこうえん)のザビエル記念聖堂がワンセットです。

 秋吉台はちょっと離れている(湯田温泉から車で30分)ので、湯田温泉周辺だけなら秋吉台は除いて観光したほうがいいですね。

 ちなみに鍾乳石が広がるカルスト台地が「秋吉台(あきよしだい)」、大きな鍾乳洞があるのが「秋芳洞」です。「秋芳洞」は正しくは「あきよしどう」と読むのだそうですが、地元の人は「しゅうほうどう」と言っています。
 明確にはカルスト台地の秋吉台の下、つまり地面の下にまるで地下街のようにぽっかり開いているのが秋芳洞です。
 ただし観光するとなると秋芳洞と秋吉台は直では行き来できないので、秋芳洞を見て、さらに移動して秋吉台を見るという感じです。
 カルスト台地の秋吉台の風景だけ見れば十分という方には秋芳洞の中に秋吉台に直結しているエレベーターがあります。私は利用したことないけど、秋吉台の展望台に行けるそう。そこで秋吉台の景色を見て、またエレベータで秋芳洞に戻れば、秋芳洞と秋吉台両方が短時間で見学できます。

 秋吉台は駅もなく、広大な高原というか、カルスト台地なので、できればレンタカーを利用して向かったほうがいいです。
 湯田温泉からどうしてもバスで秋吉台に行きたいという方は、いったん新山口駅に戻って、新山口駅から「秋芳洞」行きのバス(防長交通)に乗ります。

山口の絶景

 個人的に行ってみたいのは角島です。
 私が山口に住んでいた頃にはありませんでした。いや、角島はあったのですが、橋がありませんでした。

 山口県と角島を結ぶ「角島大橋」が誕生したのは2000(平成12)年です。
 またたく間に山口県の名所となったばかりか、「死ぬまでに行きたい世界の絶景3位」や「日本一美しい絶景」「日本の橋ランキング1位」などにも選ばれている場所です。

 湯田温泉からは少し遠い場所ではあるのですが、せっかく山口県に旅行するなら、ぜひ訪れたい景勝地です。

 詳細は→→→日本の橋ランキング1位!美しすぎる「角島大橋」


死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村



-テレビ番組, テレビで紹介