【知育】藤井聡太のおもちゃは買えないけど、これでもいいかも?

キュボロは大人気

 将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段の快進撃が話題になっています。

 なかでも、藤井聡太さんが子供の頃遊んでいたというおもちゃが大人気。
 あっという間に売り切れになり、現在入荷待ちだそうですが、どこも「入荷は2018年」と、かなり先。2018年4月入荷予定など、ほぼ1年近く待たなくてはならないショップもありました。

 なんとか手に入らないものでしょうか?

 ◆こちらもおすすめ→→→【時短節約家事研究中】伝説の家政婦シマさんの極意を盗む


Sponsored Link

スタディ将棋

 その前に気になったのが「くもん」の「スタディ将棋」という入門用の将棋盤と駒のセット。

 藤井聡太さんは最初に祖母から将棋を教わったと言われていますが、正しくは祖母から「スタディ将棋」を買ってもらって、将棋を学んだそうです。

 藤井聡太さんのニュースを見てひそかにわたしも「うちの子にも、将棋を覚えさせたい」と思って、うちにある将棋の駒と将棋盤を取り出してはみたものの、駒の動き1つ1つを教えるのは面倒だし、子どももやる気がなさそう。手書きで将棋の駒の進み方を書いた一覧表でも作ろか・・・いや、そんな時間ないし・・・何かいい方法ないのかな、と思っていたところでした。

 「スタディ将棋」は将棋の駒に進み方が矢印で示されているので、駒の動かしかたが分からない初心者でも、すぐに将棋が楽しめ、遊んでいるうちに自然とルールが覚えられるようにできています。

 うちの子は小学生なので、おもちゃを買うより「こっちだ!」と、即決で注文しました。

 6/26の午前中の時点ではまだAmazonに在庫が20個ありました。
 ただ今日、史上初の公式戦29連勝を目指す藤井聡太さんの対局がニュースになっているので、あっという間に売り切れるかもしれません。

 これはお値段もそんなに高いものではないので、気になった方はお早めに!


NEW スタディ将棋 (リニューアル)

 あと入門書も念のため読んだほうがよりわかりやすいですね。
 私の将棋はどこまでいっても「ヘボ将棋」で、入門書を何冊か読みましたが「ガッチャン銀戦法」(もはや死語らしい 笑)くらいしか覚えられませんでした(笑)。
 あまりに弱すぎて、夫にすら一度も勝てないまま、飽きてしまって将棋の駒の将棋盤も放置です(爆笑)。

 だけど、誰もが藤井聡太さんを見て思うのは「私はダメだったけど・・・うちの子ならもしかして」ですよね。親バカだとわかっていても、そう思わずにはいられません。



 藤井聡太さんがいつも対局に持参しているリュックは、イギリスの登山用品などのブランドKarrimor(カリマー)のpreston daypack(プレストンデイパック)というタイプだそうですが、2015年の旧タイプで、現在は入手できません。リニューアルした同タイプの、藤井聡太さんが使用しているカラー(COBALT BLUE)はどこも売り切れです。

キュボロ(クボロ)

 藤井聡太さんが子供の頃遊んでいたと話題になって、売上が急上昇したおもちゃは「キュボロ」です。
 スイスのおもちゃなので、発音的に「クボロ」と言われる場合もあるようです。

 現在ありとあらゆる通販サイトを探ってみましたが、どこも売り切れで入荷待ち。予約を受け付けていますが、入荷するのは8ヶ月から1年以上先のようです。


キュボロ (cuboro) キュボロ スタンダード [正規輸入品]

 このおもちゃ、うちの子も幼稚園くらいの時デパートのおもちゃ売り場の見本で遊んでいました。でもうちの子はあまり楽しくなかったみたい。向き不向きがあると思います。藤井聡太さんはこのキュボロで夢中になって遊んでいたそうですが、「栴檀は双葉より芳し」ですよね。生まれ持った「先を読む力」が備わっていた証拠ではないでしょうか。

 将棋の名人は何手も先が読めるといいます。
 私の将棋が何年やってもヘボ将棋なのは、まったく先の手を読んでいないからです(笑)。先を読めと言われても、1手くらいしか先が読めない(爆)。そりゃヘボ将棋なわけですよ。

 「キュボロ」は「直観力を飛躍的に向上させるパズル」と言われています。たしかに直感力も大切だけど、私はどちらかと言うと、このおもちゃを見て「先を読む力」が育つと思いました。

 うちの子がおもちゃ売り場の見本を手にしても、飽きて遊ばなかったのは「どうやったら楽しくなるるか」がわからなかったんだと思います。そうです、うちの子は所詮凡人(でも諦めないぞ!)。

 藤井聡太さんのような超人は、直感的に「こうやって、ああやって組み合わせたら、ビー玉がこんな風に転がって楽しい」ということが一見して「読める」のだと思います。

 うちの子は遊び方を説明しても、
「わかんない。お母さん組み立てて。私はビー玉転がすから」
 て感じでした。セッティングされたキュボロにビー玉を転がすだけでも、おもしろいとは思いますが、このおもちゃの最大のポイントは、
「目で見えない部分を想像で補って、自分でキュボロを組み立てる」
 というところだと思いました。

 大人ならそれができるけど、幼稚園児くらいの子どもには、見えない部分、ブロックの外から見ただけでは中の空洞がどんなふうに曲がって、ビー玉の通り道がどちらに向かって行くかがわからない部分は想像できないみたい(うちの子だけかしら・・・)。

 それが出来る子なら、このおもちゃを買って正解だと思います。

「うちの子はどうかしら・・・」
 と思う方は、デパートなどに見本がよく置いてあるので、そこでお試ししてから購入を考えましょう。私の経験上、横浜や新宿の高島屋にあったと思います。他のデパートや大きいおもちゃ屋さんにも、話題のおもちゃなので、見本があると思います。

ピタゴラスイッチ的な玉転がし

 キュボロは高いし、入荷待ちだし、という方には、似たようなおもちゃがおすすめです。

 実はよく似た「玉転がし」のブロックは他社からも沢山出ています。

 どうしても藤井聡太さんと同じおもちゃでなくては嫌だという方は別として、要はNHKEテレの人気番組「ピタゴラスイッチ」の「玉転がし」や「ドミノ倒し」的なパズルやブロックであれば、キュボロと同等の「先を読む力」が養われるのではないでしょうか。

 以下は今日時点で在庫のあるキュボロとよく似たおもちゃです。


積木 玉の道 組立クーゲルバーン HABA 3524 マスターキット 【並行輸入品】


ハバ 組立クーゲルバーン ドミノセット 1128


サントイ(SANTOYS) ビー玉積み木転がし 100 3歳~ 961038

 「キュボロ」は高いし、うちの子が遊ぶかどうかわからないという方に一番オススメなのはこちらの「くみくみスロープ」。とりあえずお値段も4千円以下とお安いので「買って損した」てことにはならないかと・・・


NEW くみくみスロープ (リニューアル)

 まだまだあります。

 →→→Amazon『キュボロ』みたいな玉転がしのおもちゃの一覧はコチラから

 →→→楽天の「玉ころがし」のおもちゃの一覧はコチラから

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村