テレビで紹介

【ニッポンのミカタ】床材やシートベルト、消防服の廃材で作ったバッグ

投稿日:

廃材のバッグ

 2017年7月21日テレビ東京系で放送の番組「たけしのニッポンのミカタ!」で紹介された「廃材のバッグ」に関する情報です。

 床材に使う塩化ビニールで作ったハンドバッグや、車のシートベルトの廃材で作ったバッグなどが紹介されました。

 一部の商品は通信販売でも買えます。



床材のバッグ

 ブランド名はモード+エコの造語で「MODECO(モデコ)」。

 床材の塩ビを使ったバッグはこちら。

 この素材は一般的なクッションフロアとは違い、靴で幾度もその上を歩き摩擦が起きたとしても剥離する事がありません。したがって、あらゆる素材の中で最高の耐摩耗性を持ち、傷、汚れ、水などあらゆるダメージを寄せ付けません。 
 まるで本物の木や石に感じられる独創的なプリンティング技術はバッグとして生まれ変わった後もユニークで個性的な姿となり、フローリングでしか得られない魅力がそこにあります。



シートベルトのバッグ

 シートベルトの廃材で作ったバッグもあります。

 グラデーション、ストライプ、ブロッキングなどシートベルトだからこそ生まれたレイヤーデザインは都会的でありながら前衛的なデザインです。

消防服のバッグ

 さらに消防服で作られたバッグもあります。

 消防服ジャケットに付属するポケットをそのまま活用し、より消防服からのデザインとして印象を強めています。

 まだまだあります!→→→【楽天】MODECOのバッグ一覧はコチラへ

 インスタで見ると、廃材とは思えないくらいオシャレ。もはや廃材というより、新素材、もしくは次世代の素材と言えます。


にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。