テレビ番組 テレビで紹介

【シューイチ】シンコウナギ(新仔鰻)とは?通販は?

新仔(しんこ)うなぎとは?

 2017年7月23日日本テレビ系で放送の中山秀征さん司会の番組「シューイチ」で紹介された「うなぎ」に関する情報です。

 最近人気の「しんこうなぎ(新仔うなぎ)」というものが紹介されました。
 新仔とは元々は「稚魚」「生まれて一年以内の魚」などの意味で使われていた用語でした。
 特に観賞用の「金魚」を生育する場合に「新仔のらんちゅう(金魚の一種)」などという言い方で使われてきたので、「新仔うなぎ」または「新仔鰻」と聞いて「うなぎの稚魚」「成魚になる前のうなぎ」と思う方も多いようです。

「絶滅危惧種に分類されたニホンウナギを、成長もしきっていないうちに食べてしまうなんて、なんとう暴挙!」
 とお怒りの方までいるようですが・・・「新仔うなぎ」とはそもそも「赤ちゃんうなぎ」とか「子どものうなぎ」という意味ではありません!



「新仔うなぎ」の意味とは?

 「新仔うなぎ」と世間で言われているうなぎの本当の意味は「養殖のうなぎの中でも、ひときわ成長が早いうなぎ」のことです。

 天然のうなぎは成長が遅く、3年とか5年かかってやっと成体になります。

 一方養殖のうなぎは、1年以内で食べられるようになるのですが、その中でもやたらと成長の早いものがあって、これが「新仔うなぎ」として早めに市場に出されるそうです。

 つまり、うなぎの稚魚とか、まだ成長していない「子うなぎ」を食べるわけではなく、成長が早くてあっという間に成魚になったごく一部のうなぎが「新仔うなぎ」なのです。

 ちなみに天然うなぎは3~5年で成魚になっても美味しく食べられますが、養殖のうなぎは1年以上育てると大きくはなるのですが、身が固くなって美味しくないそうです。

 つまり、遅かれ早かれ養殖うなぎは1年で出荷されるわけですが、「やたらと成長の早い新仔」は、その中でもひときわ大きいもののことです。
 大きいと言っても、生まれて一年未満なので、身はやわらかく「ほろほろと口の中でとろける、夢のような食感」と言われます。

 関東では、鰻は蒸したあと焼くのが通常ですが、「新仔うなぎ」はやわらかいので、「蒸し」の工程もいらないほどだそうです。

 くわしくはこちらへ→→→うなぎの新仔ってご存知ですか? - グルメ - Jタウンネット 宮崎県






新仔うなぎの通販


 コンビニの「ローソン」では「新仔うなぎ」が販売されているようですね。
 コンビニ弁当にしては高すぎてビックリするようですが・・・・



 確かに養殖とはいっても、そんなに沢山流通しているわけではないようで(生産量の1%未満)、希少性もあってお値段は高めです。

 「口の中でとける」「夢のような食感」と言われたら、それでも一度は食べてみたいですね。
 通信販売でも買えます!


岩松水産 鹿児島産 新仔うなぎ【1尾約165g たれ・山椒付】

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村



-テレビ番組, テレビで紹介