テレビ番組 テレビで紹介

【所さん!大変ですよ】アニマルウェルフェアのお肉

台所に異変!?お肉をめぐる大騒動

 2017年7月27日NHKで放送の所ジョージさん司会の番組「所さん!大変ですよ」で紹介の「アニマルウェルフェア」に関する情報です。

 肉を巡る大騒動として、ヨーロッパ発祥の「アニマルウェルフェア」という家畜の飼育方法が紹介されます。

 アニマルウェルフェアとは「快適性に配慮した家畜の飼養管理」だそうですが、少し前までは「動物福祉」や「家畜福祉」とも言われていました。

 アニマルウェルフェアとは要するに、何でしょうか?



アニマルウェルフェアとは?

 アニマルウェルフェアとは、世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)の勧告において、
「動物がその生活している環境にうまく対応している態様をいう。」
 と定義されているそうです。

 人間が動物に対して与える痛みやストレスといった苦痛を最小限に抑え、動物の心理学的幸福を実現する考え、とも言われています。

 具体的に言うと、家畜を狭い囲いの中で飼育しない。食用にする場合も極力苦しませない方法を選択するなどです。

 家畜以外でも、動物園の展示動物や研究に利用する実験動物などの飼育、与える苦痛、野生動物を駆除する際の方法などが見直されているそうです。





アニマルウェルフェアの肉

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも選手村などで提供する食事にはアニマルウェルフェアの肉を使うことが決定したことにより、「今のままでは肉が不足しかねない」と危機感を募らせている人もいるそうです。

 アニマルウェルフェアは味を良くするという意見がある一方、値段が高騰する恐れもあり、それが「肉をめぐる大混乱」につながっていくようです。

 確かに、普通のスーパーで特売で売られているようなお肉に比べたら、かなり割高なアニマルウェルフェアの肉ですが、動物だけでなく人間にとっても、長い目で見るとそれが本来のあり方なのではないかと思いました。

アニマルウェアフェア認証取得

 日本におけるアニマルウェルフェアの認証制度はまだ準備段階ですが、EU(ヨーロッパ)の「アニマルウェアフェア認証」を取得したお肉はすでに流通しています。

 卵もあります。

 最後に紹介された「日本でも食べられるアニマルウエルフェアで育てられた牛のお肉」は熊本県産山村(うぶやまむら)の赤牛でした。

 詳細はこちら「山の里」あか牛

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村



-テレビ番組, テレビで紹介
-