テレビ番組 テレビで紹介

【和風総本家】ニッポンの百年手みやげ通販はここだ!

2017/09/05

ニッポンの百年手みやげ

 2017年7月27日テレビ東京系で放送の番組「和風総本家」で紹介の「ニッポンの百年手みやげ」に関する情報です。

 100年以上愛され続ける日本全国の手みやげとして、東京の帝国ホテルの究極ロールパン、島根県の松江で140年以上愛される鮮やかな緑の和菓子、誕生から250年、創業当時から変わらない製法で作られる埼玉の銘菓、名水の心太、神戸牛の味噌漬け、九州最古の老舗和菓子店の銘菓などが紹介されます。


 「神戸牛味噌漬 400g」のプレゼントもある!



埼玉の銘菓

 誕生から250年の埼玉の銘菓とは株式会社紅葉屋本店(もみじやほんてん)さんの「五家宝(ごかぼう)」です。



 原材料は大豆、もち米、砂糖、水あめのみを使用。

 外はサックリ、中はしっとり。その素朴さゆえに、長年飽きられることなく愛され続けた味です。

 1765年(明和2年)、初代 紅葉屋庄次郎が創業し、以来二百五十余年の永きにわたり、紅葉屋本店は「五家寶」一筋に商いを続けてきました。



彩雲堂の若草

 島根県松江市で140年以上愛される鮮やかな緑の和菓子は彩雲堂(さいうんどう)の若草(わかくさ)です。

 奥出雲の質の高いもち米を使用し、自社の石臼で水びき。切り分けた求肥にそぼろをまぶす作業は、現在でもひとつひとつ手作業で行われています。

神戸牛の味噌漬け

 「神戸牛の味噌漬け」は、明治創業の『神戸元町 辰屋』のもの。



 最上級ステーキ用の神戸牛を京都の老舗「石野味噌」の白味噌に漬け込み、旨味を凝縮させました。

 あまったお味噌もお料理に使えます。

柿田川名水ところてん

 富士山から100年かけて湧き出してくる「柿田川湧水(かきたがわゆうすい)」で作られた「ところてん」は「伊豆河童(いずかっぱ)」の「柿田川名水ところてん」です。

 檜(ひのき)の「木製ミニつき棒」が一緒についてくるので、つきたてのところてんがいただけます。

 通販で購入される方は、2箱以上注文の場合、「突き棒1本を心太に交換可能」です。

まるでカステラのフレンチトースト

 まるでカステラのフレンチトーストようなあじわいのお菓子は、九州最古の老舗菓子店、文亀2年(1502年)に創業の長崎県平戸の蔦屋(つたや)の元祖「カスドース」です(類似品にご注意ください)。


長崎県 平戸 蔦屋カスドース


 カステラを卵黄でからめ、糖蜜で揚げるポルトガル伝来の銘菓です。

 あの服部幸應さんもおすすめ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビ番組, テレビで紹介
-