テレビ番組 旅行記 テレビで紹介 旅番組

2017年夏伊東サンハトヤ宿泊体験記たっぷりお届け その1

サンハトヤの口コミ

 2017年8月の伊東サンハトヤに関する情報です。

 ちなみに「♪伊東に行くならハトヤ」でおなじみのホテル「ハトヤグループ」のホテルには「ハトヤホテル」と「サンハトヤ」があります。

 どちらも最寄り駅はJR伊東線の伊東駅になりますが、山側の高台にあるのが「ハトヤホテル」、

海に面した客室オーシャンビュー「海に浮かぶスパ&リゾートホテル」が「サンハトヤ」です。

 今回はこのサンハトヤに1泊2日で滞在しました。
 関東地方に住んでいれば、「♪伊東に行くならハトヤ」のCMはおなじみですが、行ってみたいと思ったことは実はありませんでした・・・。

 しかし・・・・

 2016年の7月に「マツコの知らない世界」で放送された「3大CMホテル」の特集を見てからというもの、ハトヤが気になって気になってしょうがなくて!(笑)。



お得な宿泊プラン

 今回楽天トラベルの「【早得30】海鮮ビュッフェオーシャンビューグレードアッププラン」を予約しました。
 わたくしは楽天のヘビーユーザーなので、今回は全額楽天ポイントで支払い!
 実質無料でございました。

 プランの詳細は「宿泊日より30日以前にご予約のお客様にお部屋のグレードアップをサービス。スタンダードプランの料金のまま、お部屋タイプを上層階プランや、オーシャンフロント(角部屋)プラン以上のグレードでご用意致します。(ご指定は不可となります。)」を早めに予約。

 利用した日はお盆休みという一番割高なシーズンでしたが、大人2名、子ども(小学生)1名の3名で、 朝食込夕食込1泊2日の代金は合計税込72,900円でした。

 内訳は

 大人:27000円×2=54000円+小学校低学年:27000円×70%×1人=72,900円(税込)

 です。「×70%」は子供料金のための30%オフです。

 お盆休みだったのでそれでもかなり割高ですが、試しに2017年9月23日で同じプランの予約を見てみると、内訳は

 大人:19,440円×2人=38,880円+小学校低学年:19,440円×70%×1人=52,488円(税込)

 と少しお安くなります。

 平日利用でさらに宿泊人数も多くなると、さらにお安い料金もあります。

◆【楽天トラベル】「サンハトヤ」の宿泊プランの一覧はこちらから>>



オーシャンビュー

 「お部屋タイプを上層階プランや、オーシャンフロント(角部屋)プラン以上のグレードでご用意」ということで、お部屋は13階の海側オーシャンビューの角部屋でした。

 窓からの眺めは海!
サンハトヤ 部屋 伊東 ブログ

 あいにくお天気は若干曇り空でしたが、遠くにぼんやり初島も見えました。
サンハトヤ 部屋 伊東 ブログ

 13階から下を見下ろすとこんな感じ。ホテル周辺は消波ブロックで囲まれていて、砂浜はありません。
サンハトヤ 部屋 伊東 ブログ

 砂浜は、ホテルからおよそ車で5分くらいの場所に伊東オレンジビーチという海水浴場があります。
 車だと近いのですが、徒歩だとちょっと遠い(約2km)ですね。
 お部屋の案内に、夏場は海水浴場への送迎サービスもあると書いてあったような気がするのですが・・・オレンジビーチではなかったと思います。

 オレンジビーチは伊東駅からだと徒歩圏内です。直線距離で300mくらいだと思います。

 最初の計画では伊東駅→オレンジビーチで海水浴→伊東駅に戻る→ホテルの送迎バスでサンハトヤへ・・・と思っていたのですが、結局悪天候だったのでホテルのプールで泳ぐことにして、海水浴はあきらめました。

 天候が良ければ駅のコインロッカーに荷物を預けて、ビーチで2、3時間海水浴場がしたかったですね。

伊東駅周辺

 話が前後しますが、ホテルのチェックインは15時を予定していました。
 利用した交通機関はJRの「スーパービュー踊り子」。
 伊東駅に着いたのが午前11時頃。ホテルの無料送迎バスは12時30分にならないと来ないので、伊東駅周辺をぶらぶら観光しました。伊東駅からサンハトヤまでは2km以上の距離があり、送迎バスで5分くらいかかるので、いったんホテルへ行ったら駅の周りに戻るのは簡単ではありません。車で行かれる方は駅周辺も行き来できると思いますが、公共交通機関を利用される場合は、ホテルへ行く前に観光をおすすめします。

 伊東駅の目の前に湯の花通りという商店街があり、それなりにお土産屋さん、ひもの屋さん、カフェなどがあります。

サンハトヤ 部屋 伊東 ブログ 湯の花通り

 事前に見たこちらの動画↓で「お湯かけ七福神」というものがあることがわかっていました。

 これがうちの子にはドハマリ(笑)。ひしゃくでお湯をかけるだけなんですが、大喜びでかけまくっておりました。

 そして杉養蜂園 伊東店を発見。
 ここは熊本に本社のある蜂蜜の専門店で、伊東とは実際には関係はあまりないんですが、ここのゆず入りハチミツ「ゆず蜜」が美味しいのでつい立ち寄り。過去に熊本、博多、鎌倉でも発見しました。お店の方は「全国にある杉養蜂園のショップですが、一号店はここ、伊東店なんですよ」とお話されていました。
 ハチミツのソフトクリームを食べました。美味しかった。
 ソフトクリームをお店の前の縁台でいただきながらボーッと正面にあるカフェを眺めていて、めちゃめちゃ気になったのがこちらの備屋珈琲店。

 一人旅なら迷うことなく飛び込んでいたと思うのですが、夫はコーヒー嫌いなので諦めました。

 伊豆の地元の珈琲店なのかと思ったら本店は鎌倉にあるようなので、今度行ってみたいと思います。
 本店も気になるけど公式サイトを確認したら伊東店だけは「自家焙煎工房」ていうネーミングで、「生豆をお選びいただき店頭で焙煎、お持ち帰りもできます。」て書いてあり、やっぱり行ってみればよかったと後悔。

 ★備屋珈琲自家焙煎工房の詳細はこちら>>

 お土産ものはひもの屋さんが駅の正面に数件ありましたが、湯ノ花通りの中ほどにあった「平田屋」さんというお店が清潔感もあって、良さそうでした。

 さらに湯の花通りを先に進んだ奥にある「市川製茶」というお茶屋さんのお店も、お土産物がたくさんあって、2階には喫茶室もあり、1階でもベンチでソフトクリームなどがいただけます。
 初日と翌日、2回行ったけど、店内に入ると無料の緑茶の試飲もいただけます。


 ちなみに伊東の名物は「ぐり茶」という、本来の緑茶とはちょっと製法の違う緑茶です。
 私は結局、帰る直前に伊東駅の近くにあったマックスバリュでお土産に「ぐり茶」を買いました。マックスバリュなので、お買い得でした(笑)。
サンハトヤ 部屋 伊東 ブログ

 「ぐり茶」と通常の煎茶との違いは、茶葉の形を整える精揉(せいじゅう)という工程がないのが特徴で、その結果、生葉を傷めず茶の成分が浸出しやすく、渋みを抑えて茶本来の味を引き出すことが出来るそうです。

 確かに味が濃いのに渋みがなくてまろやかで、二煎目、三煎目でも美味しく飲めます。
 お土産として買うには最適と思われます。

 私が買ったぐり茶と同じメーカーのものはこちら。

  ◆ぐり茶の杉山楽天市場支店はこちら>>

 話がすっかり横道にそれてしまい、全然「サンハトヤ」の話じゃない!(笑)
 まだまだあります。長くなりますので「その2」に続きます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビ番組, 旅行記, テレビで紹介, 旅番組
-