テレビ番組 テレビで紹介

【おは朝】ヒザの痛みを幹細胞を使った再生医療で治療する病院

再生治療の一つ「幹細胞」を使う最新治療法

 2017年8月30日ABC朝日放送系で放送の番組「おはよう朝日です」で紹介の「画期的再生医療」に関する情報です。

 変形性ひざ関節症の最新の治療法として、「幹細胞」を使う最新治療法が紹介されました。



再生治療(さいせいいりょう)とは

 紹介されたクリニックは東大阪市にある「そばじまクリニック」でした。

 「そばじまクリニック」では、再生治療の一つ、「幹細胞」を使う最新治療法で変形性ひざ関節症の治療を行っています。
 再生治療(さいせいいりょう)とは、自分自身にある幹細胞(かんさいぼう)を使って、組織や臓器を元通りの機能や形に戻す最先端の医療です。

幹細胞とは

 「幹細胞(かんさいぼう)」とは、体の特定の部位に分化する前の段階の細胞のことで、体の傷んだところを修復する働きを持っています。

 「膝が痛い」「肩が痛い」「股関節が痛い」これに対して、治療として使えるのが、皮下脂肪に存在する脂肪幹細胞(脂肪組織由来幹細胞)です。

  ◆くわしくは「そばじまクリニック」の公式サイトへ>>>





 変形性関節症の治療では、ご自身のお腹や太ももの皮下にある脂肪を吸引し、「脂肪幹細胞」を採取します。
 それをいくつかに分けて超低温で凍結保存し、必要な時に解凍して、注射により関節内に投与することで関節の炎症を治めると共に、傷んだ箇所の修復や再生を促したり、関節軟骨の変性を抑えたり、将来に向けて関節を長持ちさせることを実践します。

股関節、ひざ、足首の変形性関節症にも治療できる

 番組ではヒザの痛みの関する治療法として紹介されましたが、「そばじまクリニックの公式サイト」によると、股関節を始めとするその他の関節(指節関節、脊椎関節を除く)にも適応があるそうです。

 2017年1月23日にも「読売テレビ かんさい情報ネット TEN.」でも「そばじまクリニック」が紹介されました。

  ◆「読売テレビ かんさい情報ネット」の動画はこちらへ>>>


もっとよくわかる! 幹細胞と再生医療 (実験医学別冊 もっとよくわかる! シリーズ)




あなたにおすすめの関連記事

 ★腰痛を切らずに治す整形外科医住田先生

 ★膝を守るウォーキングシューズと窯で焼く靴

 ★神戸発の履いていると外反母趾が改善する靴とは?

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビ番組, テレビで紹介
-