テレビで紹介

【BSイッピン】燕の金属製品・柳宗理・鋳物ホーロー鍋・ドリップ用ケトル

投稿日:2017年10月17日 更新日:


 2017年10月17日NHKのBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「燕の金属製品」に関する情報です。




 金属加工の町、新潟県燕市から、工業デザイナー柳宗理(やなぎ そうり)が設計したフライパンや、コーヒーをおいしく煎れられると評判のドリップ用ケトルが紹介されます。

 今回のリポーターは、モデルで女優の藤澤恵麻(ふじさわ えま)さんです。

鋳物ホーロー鍋「リロンデル」

 素早く火が通る、人気の鋳物ホーロー鍋は「リロンデル」です。
 火の通りが早いだけでなく、出来上がりのお野菜が美味しくなると言われています。

 放送後売り切れ続出で、現在は注文からお届けまでに7ヶ月かかります。

▼通販はこちら

■ リロンデル公式オンラインショップ

柳宗理の鍋

 うちにもあります!柳宗理(やなぎそうり)の片手鍋。

イッピン 柳宗理 燕 新潟 やなぎそうり

 日本洋食器株式会社の「柳宗理シリーズ」の一品です。

 これがまあ、本当に使い勝手がいいこと。

 私はこのお鍋を買ってからヤカンを捨てました。特徴的な形は鍋としてだけでなく、お湯を沸かしてヤカンのように使う時も便利です。

 かれこれ10年以上愛用していますが、そんなに劣化していません。
 食材がこびりつくようなこともないので、ステンレスの質が高いのだと思います。

 画像を撮って見て初めて気づいたけど、すごいピカピカしてますね。特に撮影するために磨いたとかいうこともなく、普段使いのお鍋としてわりと雑に扱っているのに、改めて画像で見るとすごく艶があって、自分で言うのも変だけど、美品ですね。こんなにキレイだったかな?と驚いています。

 内側はこんな感じ。

イッピン 柳宗理 燕 新潟 やなぎそうり

 尖っている部分からお湯やスープを注げます。ヤカンだと内側が洗いにくいので、麦茶など煮出した時の茶渋が気になりますが、このお鍋で麦茶を煮出せば、内側も洗いやすく、ピッチャーなどの容器にも簡単に注げます。

 尖っている部分が2ヶ所あるので、右手でも左手でも注ぎやすいというところもポイントです。私は右利きだけど、お料理する時って意外と右手には菜ばしやお玉を持っているので、左手で鍋を持ってスプーをお皿に注いだりということもあります。

 「イッピン」で紹介された「フライパン」はこちら。


柳宗理 日本製 マグマプレート鉄フライパン 25cm IH対応 ふた付き

 ■楽天はこちら>>楽天で買える「柳宗理」のフライパン

 ■Amazonにもあります>>Amazonで買える「柳宗理」のフライパン

ミヤコーヒー ドリップケトル

 燕市で製造されるコーヒーをおいしく入れられると評判のドリップ用ケトルとは、宮崎製作所のブランド「ミヤコーヒー( Miyacoffee)」のドリップケトルでした。

 一定の速度を保ちながら抽出できる極細注ぎ口と、手にフィットするシリコーンゴムのハンドルが特徴です。


宮崎製作所 Miyacoffee ドリップケトル 0.9L ミラー MCO-1

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。