テレビ番組 テレビで紹介

【BSイッピン】燕の金属製品・柳宗理・鋳物ホーロー鍋・ドリップ用ケトル

2017/10/29

燕(つばめ)の金属製品

 2017年10月17日NHKのBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「燕の金属製品」に関する情報です。

 金属加工の町、新潟県燕市から、工業デザイナー柳宗理(やなぎ そうり)が設計したフライパンや、コーヒーをおいしく煎れられると評判のドリップ用ケトルが紹介されます。

 今回のリポーターは、モデルで女優の藤澤恵麻(ふじさわ えま)さんです。



柳宗理の鍋

 うちにもあります!柳宗理の片手鍋。

イッピン 柳宗理 燕 新潟 やなぎそうり

 日本洋食器株式会社の「柳宗理シリーズ」の一品です。

 これがまあ、本当に使い勝手がいいこと。

 私はこのお鍋を買ってからヤカンを捨てました。特徴的な形は鍋としてだけでなく、お湯を沸かしてヤカンのように使う時も便利です。

 かれこれ10年以上愛用していますが、そんなに劣化していません。
 食材がこびりつくようなこともないので、ステンレスの質が高いのだと思います。

 画像を撮って見て初めて気づいたけど、すごいピカピカしてますね。特に撮影するために磨いたとかいうこともなく、普段使いのお鍋としてわりと雑に扱っているのに、改めて画像で見るとすごく艶があって、自分で言うのも変だけど、美品ですね。こんなにキレイだったかな?と驚いています。

 内側はこんな感じ。

イッピン 柳宗理 燕 新潟 やなぎそうり

 尖っている部分からお湯やスープを注げます。ヤカンだと内側が洗いにくいので、麦茶など煮出した時の茶渋が気になりますが、このお鍋で麦茶を煮出せば、内側も洗いやすく、ピッチャーなどの容器にも簡単に注げます。

 尖っている部分が2ヶ所あるので、右手でも左手でも注ぎやすいというところもポイントです。私は右利きだけど、お料理する時って意外と右手には菜ばしやお玉を持っているので、左手で鍋を持ってスプーをお皿に注いだりということもあります。

 「イッピン」で紹介されるのは「フライパン」ということなのでこちらでしょうか。

 ■楽天の「柳宗理」はこちら>>柳宗理の調理器具の一覧

 ■Amazonにもあります>>Amazonの柳宗理



リロンデル

 無水調理ができる鋳物ホーロー鍋は「リロンデル」と思われます。



ミヤコーヒー ドリップケトル

 燕市で製造されるコーヒーをおいしく入れられると評判のドリップ用ケトルとは、宮崎製作所のブランド「ミヤコーヒー( Miyacoffee)」のドリップケトルでした。

 0.9Lと1.2Lの2サイズがあります。

 ■Amazonはこちら>>宮崎製作所 Miyacoffee ドリップケトル

 他社製品ですが、↓こちらもおすすめ。
 新潟県の燕三条職人がつくるプロスペックの本格ドリップポットと言われています。



 ドイツのデザイン賞「iFデザインアワード2017」も受賞しています。

 ■Amazonはこちら>>ボンマック ドリップポットPro 750ml #897183

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビ番組, テレビで紹介
-