テレビ番組 テレビで紹介 旅番組

【タモリ倶楽部】大型企画プラレール鉄道模型山手線一周を作った人

2017/11/26

JR30周年記念の大型企画「山手線一周ツアー」

 2017年11月24日テレビ朝日系で放送の番組「タモリ倶楽部」で紹介の「JR30周年記念の大型企画「山手線一周ツアー」」に関する情報です。

 なんと今回、「タモリ電車クラブ」の特別企画として、超精巧につくられた鉄道模型の「山手線一周」が放送されます。

 私は特に鉄道や電車に興味はない人だったんですが、タモリさんが大好きで、「タモリ倶楽部」を長年見続けているうちに、「タモリ電車クラブ」がだんだん面白くなってきて、今では「これからでも鉄オタになれるかしら?電車の車種とか、路線とか、もう少し勉強してみようかしら」と思い始めているほどです。

 10月に放送されたタモリ電車クラブ「鉄道カラオケ」の回も、すごく楽しそうでした。

 なので今回の鉄道模型の山手線一周も、楽しみ。




アオガエルって何?

 それにしても放送前から気になっていたのは「誰がそんなすごいもの、作ったの?」ということ。

 先週の予告の時点ですでに、これはすごいスケールに違いないと思いました。
 かつてテレビで「ドミノ倒し企画」が大流行した時代を思い出すような、ビッグなスケールの鉄道模型でした。

 まさかテレビ局のスタッフや美術担当者だけでは、制作はできないはずだと思いました。

 先週の予告で、鉄道好きアイドルとしても有名な「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバー、廣田あいかちゃんが、
「アオガエルも!!」
 と興奮する様子が映っていました。

 アオガエルって何?山手線のどこかにカエルのモニュメントでもあるの?なんて思っていた無知な私ですが、渋谷のハチ公広場のところに置いてある緑色の電車でした。調べたら東急東横線の古い車両の通称なんですね。
 かつて昭和の時代に活躍していた「東急5000系電車」がカエルのような色で塗装されていたため、通称「青ガエル」や「雨ガエル」と呼ばれていたそう。


 この「青ガエル」がラッピング電車として2017年9月4日~2018年8月31日(予定)の間、塗装を再現して運行されるそうです(情報ソース→東急東横線に『青ガエル』の塗装を再現した5050系を運行へ)。



鉄道模型の「山手線一周」は誰が作ったの?

 さて気になる製作者、松岡さんとはこの方↓。



 そして↓この方も。



 プラレールの宿というサイトの管理人「松岡」さんと、「ぺたぞう」さんというプラレールの模型を多数制作されている方、そしてそのお仲間だそうです。

 「ぺたぞう一味」とも呼ばれている「ぺたぞう」さんとプラレールの模型を制作多数されている方々の詳細は、「一畳プラレール」という「ぺたぞう」さんのブログにあります。

 ブログはこちら>>一畳プラレール

 ちなみにすでに「プラレールの山手線一周」は、今年9月にもさいたま市のプラレールの展示会で制作されており、この時も話題になっています。



 そのニュースを扱った「ねとらぼ」の『プラレールで「山手線」を全部再現した人現る』によると、「ぺたぞう」さんの本職はプラレールの設置ではなく「「いろいろな仕事をしている」そのうちの1つがプラレール」だそうです。

 そして松岡さんのツイッターによると、今後も「展示会プラフェス」が埼玉や横浜で開催されるそう。

 さすがに「山手線一周」の再現を毎回「プラフェス」でやるわけではないようですが、スケールの大きな展示があるようです。


プラレールをはじめよう!

 プラレールに興味を持ったら、ベーシックセットはとりあえず2千円以下で買えます。


プラレール プラレールをはじめよう! レールベーシックセット

 入り口は気軽にくぐれそうだけど、奥が深くて、気づいたら大金をつぎ込んでいそう。


プラレール いっぱいつなごう E235系 山手線

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

-テレビ番組, テレビで紹介, 旅番組
-