テレビで紹介

【マツコの知らない世界】和菓子御三家の通販情報

投稿日:2018年1月9日 更新日:

とらや・両口屋是清是清・鶴屋吉信の通販

 2018年1月9日TBS系で放送の番組「マツコの知らない世界」で紹介の「御三家和菓子」に関する情報です。

 永青文庫副館長の橋本麻里さんの案内で、日本三大和菓子と言っても過言ではない「虎屋(とらや)」「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」「鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」の和菓子が紹介されました。

 その詳細と、通信販売の情報です。



 

冬の松の木に雪がしんしんとふる様子を表現

 最初に紹介された、冬の松の木に雪がしんしんとふる様子を表現した和菓子は「鶴屋吉信」の「松の寂(まつのじゃく)」という商品でした。

 オンラインショップにて期間限定、特別販売されている商品ですが、京都市上京区今出川通にある鶴屋吉信本店でも販売(期間限定)されています。

冬の季節の本店限定販売「松の寂(まつのじゃく)」。 音もなく降りしきる雪を透かしてながめる樹林、雪中松柏(寒さが厳しい雪の中でも松やかしわの葉の緑色は変わらないことから、時代の流れに左右されて志や節操がないことはしない、という意味の四字熟語)の景を干菓子にうつしました。京都府産の宇治抹茶をこめたすり琥珀に丹波大納言小豆をあしらっております。 本日、TBSテレビ「マツコの知らない世界」の“マツコの知らない御三家和菓子の世界”でご紹介いただきました! マツコさんにお召し上がりいただけて、ゆうもちゃん大感激です! 「松の寂」はオンラインショップで特別限定販売しております。詳しくは下記アドレスまで↓ ‪http://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/g/g690/‬ #鶴屋吉信 #松の寂 #すり琥珀 #マツコの知らない世界

鶴屋吉信 ゆうもちゃん🍡🍵さん(@yuumo_chan)がシェアした投稿 –

 ■オンラインショップはこちら>>鶴屋吉信「松の寂」

食べた人の感想

 「松の寂」を実際に食べた人の感想です。

 

 鶴屋吉信と言えば、もう一つ欠かせないのが雑誌「ブルータス」の「日本一の手みやげランキング」でかつて1位となって注目を浴びた「つばらつばら」です。

<鶴屋吉信>つばらつばら20個入

 一見「どら焼き」のように見えますが、がわ生地に米粉が使用されているため、食感が非常にもちもちしています。
アンコの甘さも控えめで、万人受けする和菓子だと思います。

 そして楽天で取り扱いのある「鶴屋吉信」の中で一番レビュー件数が多かったものは意外なものでした。
 それがこちら↓

〈鶴屋吉信〉京観世

 小豆を用いた小倉羹(あずきのみつ煮が粒のまま入った練りようかん)と村雨(堅めに炊き上げた餡に、米の粉ともち米の粉などを加えて、よく混合し、金網の目を通してそぼろ状にしたものを強い蒸気でよく蒸したもの)を 手作業でひとつひとつ丁寧に巻きあげた棹菓子(長いもので、切って召し上がっていただくもの)です。

 高島屋の公式サイトからも「鶴屋吉信」が買えます。



 高島屋の鶴屋吉信の一番人気はこちら。

お多福豆をかたどった白餡入りの桃山を、升の形の木箱に入れました。『福ハ内』

■高島屋はこちら>>高島屋「鶴屋吉信」

すり琥珀てなに?

 「松の寂」の説明で気になったのが「すり琥珀(すりこはく)」という単語でした。

 お料理やお菓子作りにはいろいろな用語があります。
 和菓子にも独特な用語があって、あまり和菓子にくわしくない私でも「淡雪(あわゆき)」とか「はんごろし」とか「茶巾」などはだいたい意味がわかるんですが「すり琥珀」は初耳でした。

 検索したら、別の和菓子メーカーのブログにくわしい「すり琥珀」の説明がありました。
 すり琥珀とは煮溶かした寒天に砂糖を混ぜて、白濁するまですりこぎですったもののことだそうです。
 おそらく「松の寂」はそこにさらに抹茶や小豆を混ぜていると思われます。

 原材料が不明ですが、寒天、砂糖、抹茶、小豆、こんなものでしょうか。

 通販サイトに掲載されている賞味期限は「製造日より20日」となっているので、寒天と言ってもかなり固めの仕上がりだと思います。

 「干菓子(ひがし)」という部類にこれも入るのかどうか、詳しくはわかりませんが、20日も日持ちするものなので、干菓子と言ってもいいのではないでしょうか。

■すり琥珀の詳細はこちら>>琥珀を作ります!!|和菓子屋 三重県の月乃舎(つきのや)のブログ(鶴屋吉信ではありません)

 上記のブログに「白いすり蜜を入れる」という表記があります。寒天と砂糖だけだと白濁させるのが大変なので、「白いすり蜜」を入れることで時短になるようです。
 でさらに「すり蜜」て何?と思って調べたら「砂糖と水を煮詰め、冷ましてからかきまぜ、細かい結晶を作り出したクリーム状の白い蜜」だそう。

 つまり「砂糖+水」で白濁したものは「すり蜜」。
 「寒天+砂糖」で白濁したものは「すり琥珀」、ということになるかと思います。

 和菓子は奥が深いですね!

 ケーキやクッキーのような洋菓子よりも、和菓子のほうが低脂肪で低カロリーです。玉子、牛乳、バターなども、不使用のものが和菓子には多いので(入っている和菓子もありますのでアレルギーの方はご注意)、私は甘いものが食べたくなったら極力おまんじゅうやせんべい、おだんごなど、和菓子系のお菓子を食べるようにしています。



あめゆじゅ とてちて けんじゃ

 解説者の橋本麻里さんが、宮沢賢治の「永訣の朝」のお話をされていましたよね。

 話が長すぎて、マツコさんに途中でさえぎられていましたが、橋本さんがおっしゃりたかったことを「忖度(そんたく)」すると、「永訣の朝」のクライマックス、
「あめゆじゅ とてちて けんじゃ」
 だったのかな?と思いました。

 あくまでも、私の勝手な解釈ですけど。

 「永訣の朝」というのは、結核で亡くなる妹の、最後の様子を表現した宮沢賢治の詩です。
 今、まさに旅立とうとしている病床の妹のことをうたった詩で、決して、楽しいものではないのですが、苦しむ妹が兄の宮沢賢治に、
「あめゆじゅ とてちて けんじゃ」
 と言うくだりは、不思議な清涼感があります。

 「あめゆじゅ」とは岩手県の方言で(余談ですが、うちの夫は岩手県人)、標準語で言うと「雨雪」とか「みぞれ」のようなもの。
 肺結核で苦しむ宮沢賢治の妹は、喉の渇きと熱とを癒やすために、臨終まぎわに繰り返し兄にその「あめゆじゅ」を求めます。

 橋本さんが言いたかったのは「松の寂」がその「あめゆじゅ」を連想させる・・・ということだったのではないでしょうか。

 マツコさん、なんで話の腰を折るの・・・と、テレビを見ていた時は思ったけど、今改めて文章にしてみたらあれで正解だったかも。
 橋本さんの和菓子に寄せる熱い思いはわかるけど、「妹の死の病床」をあらわした「永訣の朝」を、引き合いに出すのはちょっとどうなんでしょうね。
 それを知ってか知らずか、マツコさんが話をさえぎったのは、やはりマツコさんの腕の確かさ、賢明さを物語っているのではないでしょうか。

 ほら、マニアや”おたく”って、まわりが見えなくなりがちだから、自分の世界観の内側で自己完結してしまう部分があって、それが誤解を招きやすいけど、さすがに「マツコの知らない世界」でそういう方々と沢山接してきたマツコさん、そこらへんを心得てる。あそこで話を止めたのは正解でしたね。

殿様の気分になれる御題菓

なのはさん(@atomu.1577)がシェアした投稿

 人生が楽しくなる究極の和菓子と紹介されたのは、両口屋是清の「竹取物語(たけとりものがたり)」でした。

 公式サイトのオンラインショップから通販できます。

■オンラインショップはこちら>>両口屋是清「竹取物語」

 こちらは実店舗でも販売されている商品ですが在庫は確認してからお店に行ったほうがいいですね。
 私は先日、某デパートで鎌倉の人気の和菓子「クルミッ子」を買おうとしたら、売り切れでした。
 せっかく買いに行って、売り切れは本当にがっかりします。

■両口屋是清のお店の情報はこちら>>両口屋是清 店舗一覧

「竹取物語」はありませんが、楽天でも名古屋のデパート「丸栄」の楽天サイトから両口屋是清の通販が利用できます。

■楽天はこちら>>名古屋丸栄 楽天店「両口屋是清」

 高島屋の公式サイトにも「両口屋是清」があります。

■高島屋はこちら>>高島屋「両口屋是清」

とらやの羊羹

 とらやの羊羹はわたしも「ここぞ」という時に買いますが、ほとんどは贈答品ですね。

 自分用に買ったのは2、3回くらい。

 マツコさんは「数千回は食べている」というから、驚きです。

 とらやの羊羹には何種類かありますが、マツコさんのお気に入りは「夜の梅(よるのうめ)」。

竹皮包羊羹「夜の梅」1本入

 「夜の梅」は羊羹の中に小倉小豆が練り込まれており、切り口の小豆を夜の闇に咲く梅に見立てて命名されています。

 その他には抹茶入り羊羹の「新緑」や、黒砂糖入り羊羹の「おもかげ」などがあります。


竹皮包羊羹4本入

 竹皮包羊羹はマツコさんなら一人で完食できるかもしれないけど、普通の人だと多すぎ。家族4人位で切り分けてちょうどいいくらいの大きさです。
 いろんな味を少しずつ味わってみたいという方には、小形羊羹の詰め合わせがおすすめです。


小形羊羹10本入

 デパートや「とらや」さんの直営店に行くと、この小形羊羹はバラ売りでも買えます。

 まずは少量からお試しになってみてはいかがでしょうか。

 ちなみにAmazonで通販されている「とらや」の商品は転売品のため、正規の価格に上乗せされています。とんでもない高額で売られていますが、そんな転売品を買わなくても定価で買える通販があります。

 おすすめの通販は・・・

●高島屋の「とらや」

●近鉄百貨店 楽天店「とらや」

 などです。

 ■店舗の情報はこちら>>「とらや」店舗一覧

とらやのおはぎ

 マツコさんが虎屋の社長に直訴していた「おはぎを通年商品に」というお願い、気になりました。

 虎屋の公式サイトによると、直近の販売は「2018年3月18日~3月24日」だそうです。

 これまでは春秋のお彼岸に、期間限定で販売されていたようですね。

 私も気になるので、通年商品になることを期待しています。

 ◆これまでの放送はこちら>>「マツコの知らない世界」過去の情報一覧

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村

 

-テレビで紹介
-

執筆者:

関連記事

【時短節約家事】伝説の家政婦シマさんの極意を盗む

Contents1 シマさん風時短家事とは?2 シマさんの極意を盗む3 演歌歌手 藤あや子さんに学ぶ4 手帳にフセンで食材の一覧表を5 シマさんほどではないけれど6 細いフセンとミュシャの缶7 追記  …

除光液がいらないお湯ではがせる水溶性ネイル美容液

Contents1 水性ネイル美容液2 ピュアティントネイル リッチ3 除光液のいらないネイルといえば「ごふんネイル」4 お湯でめくってはがすネイル 水性ネイル美容液  お湯ではがせる、除光液がいらな …

【5時夢】叶姉妹特製メニュー「シャトーブリアンのしゃぶしゃぶ」のお店

Contents1 叶姉妹特性メニュー2 六本木 瀬里奈本店3 店内の様子4 その他のインスタグラム 叶姉妹特性メニュー  2017年12月5日東京MXテレビ系で放送の番組「5時に夢中!」で、ゲストの …

ヒルナンデスで紹介東京キッチュの柔道着の生地でつくったバッグ

Contents1 東京キッチュの和雑貨2 東京キッチュとは?3 柔道着のバッグ 東京キッチュの和雑貨  2015年8月18日放送の日本テレビ系の情報番組「ヒルナンデス!」の「主婦の新常識」のコーナー …

【ちちんぷいぷい】和田ちゃんのハモとスダチ香るしじみ冷麺

Contents1 和田ちゃんのそんなん初めて食べました2 ゑぽっく3 ゑぽっくの口コミ 和田ちゃんのそんなん初めて食べました  2016年8月23日MBS系で放送の番組「ちちんぷいぷい」の「和田ちゃ …




管理人:ヨッシー
昭和生まれの通販・ドラマ・ラジオ好き。あずき茶ともち麦でダイエットに成功した健康オタク。時短節約家事も研究中。目下の悩みは部屋中にある不用品。
断捨離はなかなかうまくいきません。