テレビで紹介

【どこいこ】ともこ愛用のまな板とビールが美味しくなるグラス

ともこおすすめのまな板

 2018年1月14日テレビ大阪系で放送の番組「やすとものどこいこ」で紹介の「まな板」に関する情報です。

 お姉さんのともこさんが「私はこれ、使いやすかってん」と紹介していた「まな板(カッティングボード)」は天然木の繊維を合成した素材を使用しています。



エピキュリアン 木製カッティングボード

 「何個も使っている。買い替えてもこれを買う。木を圧縮してんねん」
 とともこさんが言っていたまな板は、アメリカのエピキュリアンというメーカーのまな板でした。

 軽いため、食材を切ってそのままお鍋にさっと入れることができて、サイズも豊富です。

 カラーもナチュラルとブラックの2色あります。
 食洗機にも対応しています。


エピキュリアン まな板 木製カッティングボード 食洗機対応 ナチュラル


エピキュリアン まな板 カッティングボード 木製 食洗機対応 M ブラック

 ■楽天はこちら>>【楽天】エピキュリアン カッティングボードの一覧



うすはりのグラス

 ゲストのおいでやす小田さんが「欲しかったグラス」と言っていたのは松徳硝子株式会社の「うすはりシリーズ」のビールグラスでした。

 松徳硝子は1922年(大正11年)、電球用硝子の生産工場として創業しました。
 その後、主にガラス器の製造を行ってきましたが、その中でも「一口ビールグラス」と呼ばれる、料亭や割烹で愛用されてきた薄吹きグラスは、半世紀以上のロングセラーアイテムです。


うすはりグラス 鼓 ビールグラス(ピルスナー)木箱2個セット

 鼓(つづみ)をモチーフに設計された、流れる様な曲線が美しいフォルムにより、ビールがグラスから口元へと、緩やかに注がれる為、ビールをより美味しく飲むことが出来ます。

 硝子職人歴 五十余年「現代の名工」片桐久夫監修のもと、一点一点手仕事で作り上げられた極上の逸品です。

 やすよさんが「柿の種とか入れんねんて!」と興奮していた小鉢とのセットはこちら。


松徳硝子 うすはり タンブラーL&柿ピー 小鉢セット

 「柿ピー小鉢」と命名されたこの小鉢は、「亀田の柿の種6袋詰」個装1袋が、ぴったり入る大きさをコンセプトに設計されました。

 プレゼントにも最適です。

 ■楽天はこちらへ>>【楽天】「うすはり」シリーズの人気商品の一覧

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村



-テレビで紹介