テレビで紹介

【イッピン】富山県の木製品・庄川挽物木地(しょうがわひきものきじ)

2018/01/25

庄川挽物木地

 2018年1月23日NHKのBSプレミアム系で放送の番組「イッピン」で紹介の「庄川挽物木地(しょうがわひきものきじ)」に関する情報です。

 富山県の工芸品「庄川挽物木地」の白木のパン切り台やおしゃれなティーポットを、女優の田中道子さんがレポートします。



白木のパン切り台

#クリスマス シーズンなので、#シュトレン を... . 下の#カッティングボード を#パン切り台 として作っています。考えたのは、鎌倉の#もやい工藝 さんです。販売の方も#もやい工藝 さんにお任せしております。現在品切れ中です...スイマセン。 . 写真のモノは実際にウチで使用中のモノです。何年前から使っているからは忘れました。 . パンを切った時にパンのクズがみぞに入るのでテーブルにクズが散らかる事はありません。使用感がすごくでてるのは、実はウチのメインのまな板として使っているからなんです。野菜も肉も何でも切っちゃいます!丸いまな板も使ってみるとなかなか良いですよ。 では〜☆

わたなべ木工芸さん(@watanabemokkougei)がシェアした投稿 -



 パン切り台と紹介されるカッティングボードは、富山県南砺市(なんとし)にある、「わたなべ木工芸」さんでした。

 ただし、制作されいるのは南砺市のわたなべ木工芸さんですが、インスタグラムによると「考えたのは、鎌倉のもやい工藝さんです。販売の方ももやい工藝さんにお任せしております」とあります。

 さらに「現在品切れ中」だそうなので、入手は難しそう。

 根気よくもやい工藝さんをチェックするしかないようです。
 もやい工藝さんの公式サイトには「パン切ボード」と表記されています。→こちら>>わたなべ木工のパン皿、パン切ボード

 ■もやい工藝さんのネットショップはこちら>>ネットショップ「SILTA」

 ■わたなべ木工芸さんはこちら>>わたなべ木工芸・公式サイト

 ■こちらもおすすめ>>「どこいこ」で海原ともこさんが「何度買い替えても、私はこのまな板を買う」と紹介したカッティングボード



ティーポット

 かわいいティーポットと紹介されるのは伝統工芸士 横山勝次(かつじ)さんの工房「横山木工」で制作された急須と思われるんですが、横山勝次さんに関する情報は非常に少ないです。


 工房と言っても↑こんな感じで、ほぼ立って半畳寝て一畳くらいのスペースなんでしょうか?

 庄川木挽の作品の特徴は「ろくろ挽き」という手法で、陶芸のろくろと同じように高速で刃を回転させながら材を削るために、きれいな丸い形にできあがるのだそうです。

 横山勝次さんの急須の持ち手と注ぎ口は、手でノミを使って削るそうで、仏像彫刻でいうところの「一木造り(いちぼくづくり)」のように、継ぎ足しや後付なしに、ひとつの木片から急須の形を削り出すところも魅力です。

 公式サイトはありませんが、庄川木工協同組合のサイトに略歴などがあります。

 ■情報はこちら>>横山木工

 購入方法は、富山県砺波市にある庄川水記念公園内に「特産館」という施設があり、「庄川挽物木地」の展示・販売・実演を行っているそうですが、そこに横山勝次さんの作品があるかどうかは不明です。

 ■詳細はこちら>>庄川水記念公園「特産館」

 また、全国で不定期に展示即売会なども開催されているようですが、こちらも非常に情報は少ないです。

 つい最近横浜高島屋で「現代の職人たち展」という催しが開催されていましたが、そういった催事に出店する可能性もあります。
 また「富山県の物産展」や「富山県のアンテナショップ」でも取り扱いがあるかもしれません。

こちらもおすすめ

 これまで「イッピン」で紹介された「木製品」や「漆器」の情報です。

★北海道旭川の木製品の名刺入れやカップ

★カラフルな会津塗のデザートカップ

★山口萩の知られざる竹製品・竹製家具

★仙台の漆器「玉虫塗」のグラス

★高知馬路村の杉のバッグや木のおもちゃ

★秋田角館の樺細工(かばざいく)のお盆や茶筒

★岐阜ヒノキのお皿やカトラリーケース

★福井漆器のスマホケースやカラフルなお椀

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村



-テレビで紹介
-