ネットで話題 テレビで紹介

【平昌五輪】長洲未来のタトゥー?はあのメーカーのテープだった

2018/02/17

長洲未来のテープ



 2018年12月12日、平昌冬季五輪のフィギュア団体女子フリーで、日本人を両親に持つ長洲未来(2015年にアメリカ国籍を選択)がトリプルアクセルを成功させ話題となりましたが、それ以上に注目を集めたのが「あれは何だ?タトゥーなのか?」とSNSに投稿があいついだ、太ももの「USA」の文字でした。





 ★平昌五輪で「日本スケート連盟」が採用した、羽生結弦も愛用するすごいマスクとは?はこちら>>

長洲未来って?

 そもそも長洲未来(ながす みらい)という名前が初耳で、私はそんな選手日本にいたかな?と思ったのですが、ウィキペディアによるとアメリカ・カリフォルニア州モンテベロ出身の女性フィギュアスケート選手で、アメリカ代表としてオリンピックにも出場している方でした。

 元々はアメリカと日本両国の国籍を保持しており、資金不足が心配された時期には、日本スケート連盟が日本への移籍を打診したこともあったそうですが、2007年に全米選手権ジュニアクラスで優勝、2008年全米選手権優勝でその後資金不足は解消されたと思われます(アメリカのスケート連盟が当然バックアップすることになったでしょうし)。

 その後2015年にアメリカ国籍を選択。現在はアメリカ代表としてオリンピックに出場している選手でした。

 そして注目を集めた「USA」の文字は筋肉や関節、靱帯(じんたい)などを保護・サポートする目的で開発されたスポーツテープ「キネシオロジーテープ」というものだったことが判明。

 そこで早速日本のキネシオロジーテープ(別名キネシオテープ)を検索してみたあ、あるわあるわ「ピップエレキバン」でおなじみのピップや絆創膏や、テープ全般でおなじみニチバンなど、すでに各社からあらゆるタイプのキネシオテープが販売されていました。

 でも、気になるのは長洲未来さんのテープです。

 米国選手団にそのテープを提供しているメーカーが、SNS上の質問に「彼女(長洲)は痛みを解消し、サポートするためのテープを貼っている。米国選手団に『USA』と入ったテープを提供している」と回答したそうです。

 その回答を見つけました(もちろん英語です)。



KTテープ

 長洲未来さんが使用していた「キネシオテープ」のメーカーは「KTテープ」というアメリカの会社でした。

 メーカーのツイートはこちら。


 「彼女の足のあれは何だ?」というツイートに対してメーカー公式アカウントで「彼女はKTテープを貼っている。キネシオロジーのテープです。タイツを通して「USA」の文字が見えることからもわかるように、我が社がアメリカ代表に提供したものを、彼女は痛みの軽減とサポートのために使用しているのです」という内容です。

 KTテープジャパンの公式アカウントもあります。

KTテープとは?

 そもそも「キネシオテープ」「キネシオロジーテープ」と、これまでにもあったスポーツ選手が使う「テーピング用のテープ」は何が違うのでしょうか。

 その答えは「KTテープジャパン」のサイトにありました。

 公式サイトによると、一般的に「テーピング」に使われるテープは「固定テープ」と言われ、違和感がある上に動きが制限されるそうです。
 キネシオロジーとは「身体の運動に関する筋肉の解剖、神経、物理機能、生化学機能を専門的に研究する学問」のことで、キネシオテープはそのキネシオロジーの原理にもとづいて開発された「もう一枚の新しい筋肉」とすら言われている軽くて、丈夫で、24時間筋肉や関節をサポートしてくれるテープだそうです。

 動画を探したら、日本では接骨院や整骨院などで使われている事が多いようで、「オリンピックの公式テープはこれ」「新しい筋肉をもう一枚貼るような感覚」「これを貼って登山したら、ウソみたいに筋肉痛が出なかった」という話もありました。

 ↓そのお話がこちらの動画。

 なるほど、痛みが出たあとで貼る「固定テープ」と違って、キネシオテープは筋肉痛が出る前に、予防的に貼ることも可能なわけですね。
 キネシオテープは他社からも沢山販売されていますが、整骨院や整体院では「KTテープ」社のキネシオテープを使用していることが多いようです。

 さらに別の整骨院では「KTテープは世界初の合成繊維を使っているので、コットンテープ(固定テープ)に比べて伸び幅が違います」と解説されています。


 以前ヒザを守るウォーキングシューズをご紹介した時、ものすごい反響があって、世の中に「ヒザの痛み」で悩んでいる人がこんなにいるのかと驚きました。

 その方々にこれは朗報ですね。
 ヒザのサポーターや固定テープではどうも調子が良くないという方は、オリンピック選手も愛用するほどのテーピング用テープ、KTテープを試してみてはいかがでしょうか。

 KTテープ自体はアメリカのメーカーですが、日本でも「KTテープジャパン」を立ち上げ、実はもう何年も前から販売されていました。

 カラーバリエーションも豊富で、目立ちにくい肌色もあります。
 すごく高いのかな・・・と思ったら、お値段も意外とリーズナブルでした。



KT TAPE(ケーティーテープ) テーピング テープ KTTAPE PRO ロールタイプ 15枚入り KTR1995

■Amazonはこちら>>Amazonで買える「KTテープ」の一覧

■楽天はこちら>>楽天市場で買える「KTテープ」の一覧

銀メダル獲得・宇野昌磨選手が平昌五輪で着用していた磁気ネックレスはこちら

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



-ネットで話題, テレビで紹介
-,