テレビで紹介

【BSイッピン】薩摩錫器(さつますずき)タンブラーや茶壺

投稿日:2018年5月14日 更新日:

鹿児島 薩摩錫器(さつますずき)

 2018年5月15日NHKのBSプレミアム系で放送の番組「イッピン」で紹介の「錫器(すずき)」に関する情報です。



 鹿児島県で作られた薩摩錫(すず)器が紹介されます。

 柔らかい錫を手作業で削って高い気密性を生み出した、茶葉の味と香りを百年保つという伝説もある「茶壺(ちゃつぼ)」や、金属製タンブラーなどが登場。

 佐藤藍子さんが、驚きの職人技をリポートします。

薩摩錫のタンブラー


【鹿児島伝統工芸品】岩切美巧堂  薩摩錫器 フリーカップ(大)

 以前「マツコの知らない世界」でも錫器(すずき)が紹介された時に、イオン効果の高い錫は、酒器として使うとお酒の味がまろやかになるとも言われていました。
 錫(すず)は分子が粗いため、不純物を吸収する性質があり、水を浄化するといわれ、水は腐りにくく、生けた花が長持ちします。

 また錫は、「割れない」「さびない」ことから縁起の良い金属とも言われています。

 「マツコの知らない世界」で紹介された「大辻朝日堂」というメーカーは、残念ながら2017年の3月で廃業されたそうですが、今回「イッピン」では同じく鹿児島県にある創業100年の錫器メーカー「岩切美巧堂(いわきりびこうどう)」の錫器が紹介されます。


薩摩錫器 タンブラー (有)岩切美巧堂

 
 



すずの茶壺

 茶葉の味と香りを百年保つとまで言われている錫の茶壺は「錫彦 浅田錫器(すずひこ あさだすずき)」の茶筒です。
 浅田錫器の茶筒は一つ一つ手作り。全てを手作業で行っているため、形やデザイン等の似たものは有りますが、同じ商品でも微妙な違いがあり、全く同じ物は世界に一つしかない品物となります。


【高級 手作り】 定番 茶筒 小 50g いぶし 竹 【鹿児島県指定 伝統工芸品 薩摩錫器 錫彦 浅田錫器】

 鹿児島県鹿児島市樋之口町6-19に実店舗があり、製作体験・工房見学もできます。

 くわしくは公式サイトへ>>>錫彦 浅田錫器「アクセス」

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。