テレビで紹介

【BSイッピン】千葉のガラス・万華鏡のような切子・香水瓶・気泡のグラス

投稿日:2018年5月29日 更新日:

アイデアが止まらない!~千葉 ガラス製品~

 2018年5月29日NHKのBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「千葉のガラス製品」に関する情報です。



 千葉県の房総半島で作り出されているという、独創的な色や形をしたガラス製品。

 番組で紹介されたガラスに泡を閉じ込めたようなグラスや、神秘的な香水瓶、万華鏡のような輝きの切子の器などの情報を集めました。

切子の器


 万華鏡のような輝きの切子の器は「さんかくと水(みず)」という工房の「円形切子碗」です。

 千葉県富津市の「ふるさと納税」の返礼品にも選ばれているこの器、残念ながら「4セット限定」のためすでに返礼品の受付は終了しています。

 creema(クリーマ)やiichi(いいち)などのハンドメイドの通販サイトにウエブショップがあるようですが、現在は商品の販売はされていません。

 オリジナルのガラス器やオーダーメイドでの注文を受注して制作していただけるそうなので、くわしくは公式サイトへ。

 ■公式サイトはこちら>>>さんかくと水

 ■あわせて読みたい>>>「美の壺」の2018切子ガラスの特集



泡を閉じ込めたグラス

 気泡のグラスは「sghr(スガハラ)」ブランドとして知られている、千葉県山武郡九十九里町にある菅原工芸硝子株式会社の製品です。

 会社の創業は昭和7年。東京都江東区亀戸においてガラス食器の製造に着手しました。
 戦後、千葉県に工場を移転して現在に至ります。

 全国に直営店があり、フラグシップショップの「青山店」には、併設のカフェ「reSt by Sghr」もあります。

 ■楽天の通販はこちら>>>「スガハラ」の泡シリーズ

Aki*❁さん(@waku._.waku)がシェアした投稿

香水瓶

「夏の支度展」⑤ rasiku 香水瓶 sora 見る方向によってまったく違う表情になるので、気づくと時間が経っています。 丸みを帯びたフォルムが、女性らしく美しい香水瓶です。 一輪挿しとしても。 ※展示予定作品 __ 「夏の支度展」 2016年7月10日(日)から7月16日(土) 11:00〜17:00まで 場所:hvalaroom (JR津田沼駅から徒歩6分) _ 涼しげなガラスや籠をメインに、器・風鈴・籠バッグ・布草履・アクセサリー・帽子など初夏にぴったりのアイテムが集まります。 今年も良い夏となりますように。 _ 出展作家 ・ガラス rasiku・籠 高嶋美枝子・帽子 ahat・陶芸 k-co-bo・布小物 nostalgia・アートクレイシルバー Silver Ru*・アートクレイシルバー m silver ______________ hvalaroom 7月営業日 7/7.18.21.24 (木)10:00〜15:00 (日)11:00〜17:00 ※7日は展示準備のため、10:00〜12:00営業となります。 ______________ #hvalaroom#ギャラリー #津田沼 #ワークショップ#ガラス工房rasiku#ガラス#風鈴#高嶋美枝子#籠#ahat#帽子#ミヤマカオリ#陶器#nostalgia#布草履#SilverRu#msilver#アートクレイシルバー#夏の支度展#ひつじ雲#器#ブローチ#sora#香水瓶

hvalaroomさん(@hvalaroom)がシェアした投稿 –


 香水瓶は市原市の「ガラス工房rasiku」の香水瓶「sora」でした。

 一部のセレクトショップや、デパートの展示即売会などで購入できるようです。


 「ガラス工房rasiku」でも、オーダーメイドの受付をしています。

 公式サイトには「1点から御予算、御希望に応じて制作いたします」と表記されているので、詳細は公式サイトへ。

 ■公式サイトはこちら>>>「ガラス工房rasiku」オーダーメイド

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。