グルメ

【デパ地下グルメパトロール】アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ

投稿日:

 2018年6月24日に伊勢丹相模大野店のデパ地下で購入した、「アンリ・シャルパンティエ」の「フィナンシェ」に関する情報です。



 兵庫県の芦屋発祥の洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」は、アメリカのウェブサイト「BuzzFeed」が選んだ、死ぬまでに一度は行きたい世界の洋菓子店25店の一つにも選ばれているほどの有名洋菓子店です。
 BuzzFeedに掲載されていたのは銀座のアンリ・シャルパンティエですが、一番人気商品の「ザ・ショートケーキ」や、アンリ・シャルパンティエを代表する焼き菓子「フィナンシェ」はデパ地下でも買えます。

3本のローソクのマーク

 アンリ・シャルパンティエのパッケージや紙袋に描かれた三本のろうそくには、
「お菓子を通して人の心に「幸せ」「喜び」「驚き」を灯し続けたい」
 という意味が込められています。

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ ろうそく 意味 デパ地下 グルメ

 このマークは「キャンドルマーク」と呼ばれ、アンリ・シャルパンティエの創業から変わらない思いが込められています。

フィナンシェ

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ ろうそく 意味 デパ地下 グルメ
 「フィナンシェ」はアーモンドパウダー(アーモンドプードル)とバター、小麦粉などを混ぜ合わせて焼く、フランスの伝統的な焼き菓子です。

 アンリ・シャルパンティエのフィナンシェは、さらにこだわりのアーモンドプードルやバターを使用しているため、1975年の発売より40年以上の長きに渡って愛され続けています。

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ ろうそく 意味 デパ地下 グルメ



通販でも買えます

 アンリ・シャルパンティエの一部の冷凍ケーキや、焼き菓子は公式サイトから通信販売でも買えます。

 ◆くわしくはこちらのサイトへ>>>【デパ地下グルメパトロール】アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-グルメ
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。