料理・レシピ 裏ワザ

厳選5品!猛暑でキッチンがつらい!それならこれ!暑さ対策キッチン編

投稿日:2018年7月26日 更新日:

 ここ数年、夏は毎年「猛暑」です。

 夏のキッチンでの調理は暑さとの戦い。本当にツライ!

 しかし、私はわずか5千円以下の投資で、劇的にキッチンでの調理を楽にしました。

 暑さ対策というと「どうやってキッチンを涼しくするか」と思いがちですが、そうではなく、ポイントは、
どうやってキッチンを暑くしないか
 です!

 そこでおすすめの、キッチンでの暑さ対策グッズをご紹介します。



 猛暑対策におすすめのキッチンアイテム5品を紹介します。

 特にキッチンが「ガスコンロ」の方には、おすすめのアイテムです。

1.IH調理器
2.電気圧力鍋
3.レンジ用ガラス容器
4.レンチン料理のレシピ本
5.レンジ用圧力鍋

 ガスコンロでキッチンが暑くてつらい方には、上記5品がおすすめ。
 詳細は↓下記へ!

IHは5千円以下だった!

 まず買ったのがIHの卓上コンロです。

 我が家はガスコンロです。ガスを使う時は一酸化炭素中毒を防ぐためにどうしても換気が必要となります。

 ところが換気扇をつけるとせっかくクーラーで冷えた部屋の冷気まで換気されてしまう。

 そこでおすすめなのが一酸化炭素中毒の危険がないIHコンロ。

 ガスコンロをまるごとIHコンロに変えてしまうにはかなりの費用がかかりますが、卓上でお鍋をする時などに使うIHコンロを買い足すだけなら、予算は5千円で大丈夫。最安値のものなら4千円台でもあります。

IHコンロ 暑さ対策 キッチン 猛暑

 うちはキッチンが狭いので置き場がなく、以前ニトリで買った折りたたみテーブルを広げて、その上に卓上用のIHコンロを起きました。

キッチン 猛暑 対策 IH

ガスコンロの人は今すぐやったほうがいい

 これがもうびっくりです。
 ガスコンロに比べて暑さが全然違う。

 一説によると、ガスコンロの火で調理する場合は、「熱効率」という「どれだけ火が食材やお鍋を温めているか」という率が50%~80%だそうです。

 80%ならまだいいけど、50%ということは、ガスの火で温めても、半分は食材に届かず、熱が外に逃げているということになります。

 一方IHクッキングヒーターの場合の「熱効率」は80%~90%で、外に漏れている熱は20%~10%。
 実際にキッチンでIHコンロを使ってみたら、その違いを実感しました。

IHなら換気も少なくていい

 そしてなにより、IHヒーターの最大のメリットは「一酸化炭素中毒の危険性がない」ということです。

 ガスコンロのように、火を使うたびに換気する必要がありません。
 考え方としては、電子レンジと同じです。

 ただし、炒めものなどをすると部屋に油っぽい空気が充満しますし、ご飯を炊いても水蒸気が発生します。匂いの強い食材を調理すれば、部屋の匂いだって気になるので、実際には時々換気扇をつけますが、ガスコンロのようにつけっぱなしという必要はありません。

 それによって、クーラーで冷えた部屋の温度も、ガスコンロの時よりは上がりにくい。
 つまり、部屋の涼しさも保たれるわけです。

扇風機がガンガン使える

 一番感動したのは「IH調理器なら、扇風機の風を気にしなくていい」というところ。
 これは目からウロコでした。

 以前から、キッチンでガスを使う時、暑さ対策に扇風機を使っていましたが、ガスコンロの場合扇風機を使うと風で炎が消えたり、ゆらゆらしたりして危険。
 そのためこれまでは、キッチンで扇風機を使うときは「足元」しか風を当てることができませんでした。

 一番熱い顔は、ガスの炎にさらされ、汗だく。

 ところが、IH調理器だとそもそも「火」を使わないので、扇風機の風も気にする必要がありません。
 これはすごく快適!

ご飯も炊ける

 私は実は、もう10年くらい「電気炊飯器」というものを使っていません。

 土鍋や鋳物鍋で炊いたごはんを食べたら、その美味しさや手軽さ、後片付けの簡単さから言っても、もう炊飯器はいらないやと思っています。

 ずっと、去年まで土鍋で、ガスコンロで炊飯していましたが、今年のはじめころにどうしても欲しくなってストウブの炊飯専用鍋「staub ストウブ 「 ラ ココット de GOHAN」」を買いました。

 これがIHで使えるかどうか気になりましたが、普通に使える!しかもタイマーがセットできるのでガスコンロより便利!
IHコンロ 暑さ対策 キッチン 猛暑

 ということで、今話題の「鋳物の鍋+電磁調理器」でごはんを炊く「バーミキュラのライスポット」は10万円くらいしますが、ストウブのラ ココット de GOHANと卓上のIHコンロを買えば、バーミキュラの5分の1くらいの費用で同じような「鋳物の鍋+電磁調理器」の炊飯セットが完成します。

卓上IHコンロの通販

 IH卓上コンロ、私は楽天で買いました。

 タイマー機能があることと、火力が強いことが決め手でした。

 最大の火力は1200Wまであるものですが、実際に使ってみたら800Wくらいの火力でも十分調理できます。

 また私はタイマー付きを選びましたが、火力1000Wでタイマーなしのものだったら4,000円くらいからあります。

 4,000円の投資で、真夏のキッチンのあの暑さが軽減されると思ったら、これはお安い買い物だと思いませんか?

 私は「IHクッキングヒーター」と言ったら、大掛かりなキッチンのリフォームをしてガスコンロから付け替えが必要だとばかり思い込んでいましたが、実際には卓上用のIHクッキングヒーターを買うだけでも実現してしまうのです。

 普通に、食卓に設置して冬ならお鍋もできます。
 IH対応のフライパンがあれば、ホットプレートのように卓上で焼き肉もできます・・・というか、実際やったらできた。ホットプレートより火力調節が微妙にできるし、フライパンはそのあとキレイに水洗いできるしで、IHコンロのほうがホットプレートより使いやすい。

 つまり卓上IHコンロは「冬はお鍋・焼き肉用、夏はキッチンの暑さ対策用」と、一年を通して使うことができるのです。

 あなたもぜひ、この夏はIHクッキングヒーターで、涼しいキッチンでお料理してください。

▼楽天で探す

楽天の「IHクッキングヒーター」最安値はこちら

▼Amazonはこちら

Amazonの「IHクッキングヒーター」の最安値はこちら

追記2019年は電気圧力鍋

 さらに「電気圧力鍋」を買いました!

夏のキッチン 猛暑対策

 人気の「シャープ ヘルシオ」のものやティファールなどの高額「電気圧力鍋」も欲しかったのですが、日本テレビの通販番組で紹介されていたものをほぼ衝動買いで買いました。

 かれこれ半年くらい使っていますが、炊飯器としても使えるし、煮物系(カレーやシチュー、筑前煮、肉じゃが)などもほぼこれ一台で簡単にできます。

 さらに、ポテトサラダ用のじゃがいもを茹でる、とうもろこしを茹でる・・・などの野菜の下ごしらえにも大活躍します。

 煮物がガスコンロなしでできるので、猛暑対策に絶対おすすめ。

▼楽天の通販はこちら

楽天で人気の電気圧力鍋の一覧

▼Amazonはこちら

■ Amazonのおすすめ電気圧力鍋の一覧

アレンチン レンジココット

 もうひとつ、我が家の「キッチンの猛暑対策」でヘビロテなのが「アレンチン レンジココット」という電子レンジ用の調理道具です。

 これは単純に野菜やお肉、麺類などをレンジで調理時に容器として使います。
 例えば野菜をレンジで加熱するだけなら、どんぶりやお皿でも事足ります。
 だけど、専用の容器があると、料理のバリエーションが広がります。

 「アレンチン レンジココット」は電子レンジでの加熱はもちろん、オーブン料理にも使えるのでこれひとつ大きめグラタンやラザニアを作ることも可能。

 小皿の耐熱皿で一人分ずつ作るより、一気にできて時短になります。


iwaki アレンチン レンジココット グリーン K652-G

電子レンジでレンチンレシピ

 電子レンジでチンするだけの「レンチンレシピ」も猛暑対策になります。

 レンチンレシピはネット上にも沢山ありますが、やはりレシピ本でちゃんとしたレシピも確認しておくと、オリジナルのレンチンレシピもアイデアが浮かびやすくなります。

 2019年夏のワタシの「おすすめレンチンレシピ本」は「力尽きレシピ」。
 体力がない時、疲れが極限の時、などにおすすめの簡単レシピが満載のレシピ本なんですが、レンチンレシピが特に沢山あります。

 焼き鳥の缶詰を使ったレンチンの「親子丼」は早速作りましたが、すぐにできて美味しかった。

 昨日はレンチンの肉味噌そぼろも作りました。
 レンチンや炊飯器で作るレシピが沢山あるので、「力つきた時」だけでなく猛暑対策としても使えるレシピ本です。

力尽きレシピ

これもほしい

 あとこれがあったら完璧!というお助けアイテムを2品紹介。私もほしい。というか、きっと買う!

 まずひとつめはラジオの「ジェーンスー生活は踊る」の「これ買ってよかった」で紹介されていたレンジ用の圧力鍋。普通の耐熱容器やレンジ用容器よりがぜん料理の幅が広がると思います。何万円もするのかと思ったら、こちらも5千円以下で買えます。


電子レンジ圧力鍋

 もうひとつはほったらかしで煮込み料理ができる「シャトルシェフ」。
 お鍋が二重構造になっており、内側の鍋で調理して、外側の鍋に入れて保温すると、火も電気も使わずに「魔法瓶」状態で保温することによって、煮込み料理が完成します。

 こちらはちょっとお高いけど、これもあるとさらに「火を使わない料理」の幅が広がるでしょう。


サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 3.0L クリアブラウン KBG-3000 CBW

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-料理・レシピ, 裏ワザ
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。