テレビで紹介

【BSイッピン】新潟漆器のアンティーク金属や竹に見える器

投稿日:2018年8月7日 更新日:

 2018年8月7日NHKのBSプレミアムで放送の番組「イッピン」で紹介の「予約で3か月待ち」と言われている新潟県のし漆器に関する情報です。

※2019年11月5日放送の「新潟の漆工芸」に関する情報はこちら>>>【BSイッピン】仏壇の技いきる新潟漆工芸箸置き・星の器・ネイルアート



 他の素材に似せるのが得意技と言われる「新潟漆器」の金属に似せた漆器や、本物の竹のように見せる竹塗(たけぬり)の漆器が紹介されました。

 今回は2017年6月に放送された回の再放送です。

朧銀塗(おぼろぎんぬり)

 まるでアンティークの金属のように見える漆の塗り方は「朧銀塗(おぼろぎんぬり)」という技法で、手がけているのは新潟の漆器職人の中でも最年少でしかも女性という職人さん、真田桃子さんです。



 「朧銀塗」の器を扱っているのは新潟漆器株式会社という食器メーカーです。

 「朧銀塗」が買えるお店の情報は、新潟にあるメーカーの直営店と、東京の銀座や赤坂にあるセレクトショップです。くわしくはメーカーの公式サイトへ。

 ◆くわしくはこちら>>>新潟漆器 取扱店



竹塗(たけぬり)

 本物の竹のように見せる竹塗(たけぬり)の漆器も、新潟漆器株式会社が取扱っています。

 また、竹塗りの技法で塗られた塗り箸を、新潟市のシンボル萬代橋からネーミングして「萬代箸(ばんだいばし)」といいます。


木目をたたえたカップ

 木目のあざやかな漆のカップは小林佛壇店の「塗師Kiyo」こと塗箔師 小林 清則さんの作品です。

 ◆くわしくはこちら>>>小林佛壇店 漆器紹介

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。